桐山照史!ジャニーズWEST!身長は?大学は?ごくせん!難聴?

Sponsored Link

「ジャニーズWEST」のメンバーで、俳優としても活動する、桐山照史(きりやま あきと)さん。「関西Jr.」として下積み中の2008年、テレビドラマ「ごくせん」に出演し、脚光を浴びられました。明るくムードメーカー的な存在として、メンバーやファンに慕われています。




プロフィール!


桐山さんは、1989年8月31日生まれ、
大阪府東大阪市のご出身です。

身長173センチ、
血液型はA型、

足のサイズは27.5センチ、

趣味は、
バーベキュー、キャンプ、釣り、

特技は、
早口言葉、腕相撲、

好きな食べものは、炭水化物、
嫌いな食べ物は、チョコレート、

だそうです♪


12年間の下積み生活


桐山さんは、小学生の時、

「人と変わったことがしたかった」

という理由でダンスを始められ、

2002年13歳の時に、
ジャニーズ事務所に入られました。

その後、桐山さんは、
「関西Jr.」(重岡大毅さん、中間淳太さん、神山智洋さん、
藤井流星さん、濵田崇裕さん、小瀧望さん)
の中心的存在として活動されるものの、

なんと、12年間も「ジャニーズJr.」で、
下積みをされたというのです!

関西のジャニーズJr.は、東京のJr.と比べると、
圧倒的にチャンスが少なく、
脚光を浴びることは難しかったようですね。

直談判でデビュー


そんな桐山さんは、12年間の下積み時代、
同世代の「Kis-My-Ft2」や、
後輩の「Sexy Zone」が次々とデビューしていく中、

「もう僕らは(デビューは)ないのかな」

と、正直、あきらめかけていたといいます。

それでも、桐山さんたち、関西Jr.は、
ツアー中のMCで、デビューをさせてほしいと、
間接的にジャニー社長に訴えるなど、
アピールを忘れませんでした。

しかし、それではらちが明かず、
とうとう、コンサートを終えたある夜、

ジャニー社長に、デビューしたい旨を、
直談判したというのです。

社長からは、

考えているほど、甘い世界ではない。

と言われたのですが、

当たって砕けてしまうかもしれないけど、
それでもやらせてください。

と必死に社長を説得。

すると、ついに社長からゴーサインが出て、
翌日にはレコード会社が決まるという、急展開に。

しかし、ふたを開けてみると、
実際にデビューできるのは、

桐山さん、中間さん、重岡さん、小瀧さんの、
4人だけだったのでした。

「ジャニーズWEST」としてデビュー


そこで、桐山さんは、どうしても、
苦楽を共にした7人でデビューしたいと、
再び社長を必死で説得。

すると、桐山さんの、
仲間を想う熱い気持ちが、社長を動かし、

その結果、神山さん、藤井さん、濱田さんも加わり、
7人でデビューできることに!

そして、ついに、2014年、
「ジャニーズWEST」として、
シングル「ええじゃないか」で、
念願のデビューを果たされたのでした。



そんな桐山さんの、
気になる話題について調べてみました!


大学は?


桐山さんを「大学」で、
多くの方が検索されています。

調べてみると、桐山さんは、
「大阪産業大学」を、
卒業されているそうです。

この大学は、スポーツ選手や、
芸能人などの有名人を多く輩出していることから、

芸能活動と学業が、
両立しやすいのかもしれませんね。


ごくせん!


桐山さんは、2008年、
テレビドラマ「ごくせん 第3シリーズ」で、
倉木悟役を演じ、ブレイクされました。

このドラマでは、生徒役6人を決めるに当たり、
オーディションを実施したそうで、

桐山さんは、応募者600人の中から、
書類選考を通過し、

書類選考で選ばれた300人の中から
さらに、面談とオーディションを受けられ、
見事、倉木役を獲得。

同じジャニーズ事務所の、
髙木雄也さん、中間淳太さんも選ばれ、
「ごくせんトリオ」として、
脚光を浴びられたのでした。



桐山さんは、
アイドルとしてブレイクされ前に、

俳優として、先に、
ブレイクされたいたのですね♪


難聴?


桐山さんは、2014年、
ラジオ番組「ジャニーズWEST もぎたて関ジュース」で、

ご自身が、「難聴」であることを、
公表されています。

桐山さんは、2008年、
テレビドラマ「ごくせん」に、
出演したことでブレイクされましたが、

そのことで、「関西Jr.」の他のメンバーに、
申し訳無い気持ちでいっぱいだったそうです。

桐山さんは、そのことについて、

関西Jr.のメンバーに(申し訳ない)。
関西Jr.を代表して僕が出て行ってるのに、

「ごくせん」に出たことで、
関西Jr.が盛り上がったのかっていったら、
そうでもない。

KAT-TUNみたいに「ドーーン!」
っていくんやろなと思ったら、
そうじゃなかった。

と、苦しかった胸の内を吐露されています。

桐山さんは、その後も、
テレビドラマや映画に出演する機会に恵まれますが、

相変わらず、「関西Jr.」の人気が出ないことで、
自責の念にかられていたそうで、

そのことがストレスとなり、
難聴を引き起こしたのでしょう。

耳元でヘリコプターが、
飛んでるような音が聞こえたり、

体中の血が流れてる音が、
聞こえたりしたんです。

その音をかき消したくて、
ひとりのときは、
「ああすればよかった」とか、
「あれは絶対失敗しちゃいけない」とか、
頭の中で延々考えるんですね。

無音がうるさすぎるんですよ、僕にとっては。
だから、人としゃべってたほうが休まるんで、
あんまりひとりは好きじゃないんです。

と難聴の症状を明かしておられました。

桐山さんは、いつもハイテンションで、
明るいイメージが強いですが、

その内面は、責任感が強く、
気遣いの人だということが分かりますね。

ただ、現在は良くなられたようなので、
ほっと一安心です。

「HOPE~期待ゼロの新入社員~」


さて、2016年7月から始まる、
テレビドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」では、
人見将吾役を演じられる桐山さん。

このドラマは、2014年に、
韓国で高視聴率を記録したドラマ、
「ミセン-未生-」のリメイクで、

主人公の一ノ瀬歩(中島裕翔さん)は、
囲碁のプロになるという夢に敗れ、
総合商社で働くことになるのですが、

学歴も経験もない中、必死で働いて、
困難を乗り越え、成長していく姿を描いています。

桐山さんの役どころは、一ノ瀬の同期で、
会社のムードメーカー的存在ということなので、

素のままで行けそうなくらい、
桐山さんにピッタリの役ですね♪

ムードメーカーとして、
メンバーを癒し続けてきた桐山さんに、
私達も癒やされること、間違いなしです!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ