中村嘉葎雄!身長は?中村獅童と?結婚は?子どもは?子連れ信兵衛2!

Sponsored Link

元歌舞伎役者で、昭和の映画俳優として活躍された、中村嘉葎雄(なかむら かつお)さん。1964年以降は、映画の他にテレビドラマにも出演。時代劇、現代劇、特撮物、コメディなど、様々なジャンルに出演され、その幅の広い演技が高く評価されています。




プロフィール!


中村さんは、1938年4月23日生まれ、
東京都港区のご出身です。

身長は167センチ、
体重は57キロ、

お父さんは、歌舞伎役者の、
三代目中村時蔵さんで、

中村さんは、なんと第九子(五男)。

ちなみに、
長兄に、二代目中村歌昇さん、
次兄に、四代目中村時蔵さん、
三兄に、初代中村獅童さん、
四兄に、萬屋錦之介さん、
がおられ、

二代目中村獅童さんは、
甥っ子だそうです。




歌舞伎つながりということで、
中村吉右衛門さん、松本幸四郎さん、
市川海老蔵さん、市川染五郎さん、松たか子さん、
中村橋之助さんとも親戚筋なんですね~


歌舞伎役者から映画俳優へ転身


中村さんは、1943年、5歳の時、
東京歌舞伎座「取替べい」で初舞台を踏むと、
歌舞伎役者として活動。

しかし、1955年、高校2年生の時、
すでに、東映の大スターとして活躍されていた、
お兄さんの萬屋錦之介さんに続き、

映画の道に進もうと、
松竹に入社されます。

そして、同年「振袖剣法」で、
映画デビューすると、

1956年「太陽とバラ」
1957年「喜びも悲しみも幾歳月」
     「異母兄弟」



「太陽とバラ」より。

と、立て続けに、映画に出演、
その繊細な演技で注目を集められたのでした。

1958年には、東映に移籍し、
主演で、不良少年の役を多く演じつつ、

お兄さんの萬屋錦之介さんや、
美空ひばりさんとの共演で、

次第に、スターとしての華やかさも、
身につけていかれるのでした。


東映退社


こうして中村さんは、
東映で、順調に映画俳優としての、
キャリアを積まれるのですが、

どうしてもお兄さんと、
比べられてしまうため、

東映の一事業所である、
東京撮影所に、活動の場を移転。

1962年「サラリーマン一心太助」
1963年「陸軍残虐物語」


「陸軍残虐物語」より。

など、現代劇で
新境地を開拓されます。

そして、1964年には、ついに、
東映を退社され、フリーになると、

同年出演された、舞台「越前竹人形」が、
好評を博したことがきっかけとなり、

以降、映画だけではなく、
舞台やテレビドラマにも活動の場を広げ、
様々な役を演じられています。

そんな中村さんの、
気になる話題について調べてみました!


中村獅童と


甥と叔父の関係である、
中村嘉葎雄さんと二代目中村獅童さんですが、

嘉葎雄さんの3番目のお兄さんである、
初代中村獅童さんの長男が、
二代目中村獅童さんなのだそうです。


中村獅童さんの母・陽子さんの葬儀より。

お二人は、2004年に、
映画「いま、会いにゆきます」で、
(会話シーンは無し)

2005年には、プレミアムステージ、
「特別企画 終戦60周年記念
実録・小野田少尉 遅すぎた帰還」
で、
(小野田少尉とその父親役)

2009年には、
「JNN50周年記念 歴史大河スペクタクル
唐招提寺1200年の謎~天平を駆けぬけた男と女たち」
で、
(鑑真とその弟子の如宝役)

それぞれ、共演されています。


結婚は?子どもは?


そんな中村さんの、
プライベートなのですが、

中村さんは、1976年、
元女優の柴田恒子さんと結婚されています。

柴田さんは、1958年に、
映画「明日をつくる少女」に端役で出演され、

1966年には、
成人向けの映画にも出演されていたようなので、

今でいう、セクシー女優として、
活動されていた時期があったのかもしれません。

しかし、お二人は、1981年に離婚。

中村さんは、離婚会見で、

「僕は今も愛してるよ」

と、別れた奥さんに、
メッセージを送られたとのことで、

中村さんの実家が、しきたりなどに厳しい、
歌舞伎のお家柄であるため、
様々な問題があったのかもしれませんね。

その後、中村さんは再婚されておらず、
現在も独身のようです。

そして、お子さんなのですが、
いらっしゃるかどうか、
情報がなく、分かりませんでした。

子連れ信兵衛2


さて、2016年10月から始まる、
テレビドラマ「子連れ信兵衛2」では、
前作に引き続き、小泉道仙役を演じられる中村さん。

このドラマは、2015年に放送され、
大好評だったため、続編が放送決定。

浪人の松村信兵衛(高橋克典さん)は、
他人の赤ん坊、鶴之助の育児に奮闘しながらも、

長屋に住む人々の様々な相談に乗り、
問題を解決していくのですが、

中村さん演じる、小泉道仙は、
信兵衛を子どもの頃から知る自由奔放な医者で、
信兵衛が影響を受けている人物、ということで、

恰幅(かっぷく)のいい中村さんには、
ぴったりの役柄ですね。

昭和の映画スターとして活躍された、
名優の演技、必見です!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ