ヒロミ!干された理由は?芸能界復帰で再ブレイク!妻は松本伊代!

Sponsored Link

1980年代、コントグループ「B21スペシャル」で日本中を笑いの渦に巻き込んだ、ヒロミさん。2004年頃に芸能界を去り、実業家として活動されていましたが、2014年に芸能界に復帰。現在、そのトークのおもしろさで、若い世代を中心に再ブレイクしています。




プロフィール!


ヒロミさんは、1965年2月13日生まれ、
東京都のご出身です。

身長175センチ、
体重68キロ、

血液型はA型、

趣味は、
演芸、ゴルフ、

だそうです♪


事故で芸能界入りを決意


ヒロミさんは、芸能界に入られる前、
「日産自動車」で営業をされており、

その話術から、営業成績は、
トップクラスだったそうです。

しかし、ある日のこと、
ヒロミさんは、自動車事故で、
内蔵破裂という大怪我を負ってしまいます。

生死の境をさまよった末、
なんとか一命をとりとめられたのですが、

このような壮絶な体験から、

「好きなことをしよう」

と思われ、以前から思いを馳せていた、
芸能界に入る決心をされたのでした。

B21スペシャルを結成


そして、ヒロミさんは、1986年、
アルバイト先のホストクラブで知り合った、

デビット伊東さん、ミスターちんさんを誘い、
コントグループ「B21スペシャル」を結成すると、

1980年代後半から巻き起こった、
お笑いブームに乗って、大ブレイク!



当時のヒロミさんは、
凄まじい人気を誇っておられましたね。


干された理由は?


全盛期は、月収が、
6000万円もあったヒロミさん。

テレビのレギュラーを10本も抱えるなど、
引っ張りだこでしたが、

次第に、共演者へのタメ口や、
頭を叩くヒロミさんの芸風で、
スタッフともめるように。

ある時、スタッフから、

「ヒロミ、もうちょっとソフトにできない?」
「頭叩くのはどうなんだろう?」

と、言われたことに、
ヒロミさんは、カッとなり、

「何ならオレやめてもいいよ」

と、口走ったところを、

「待ってました」とばかりに、
仕事を干されてしまったのでした。

芸能界復帰で再ブレイク!


こうして、芸能界を去った、
ヒロミさんですが、

ジムの経営や、スパへの出資、
ダイエット商品のプロデュースなどの、
ビジネスでも成功。

2014年に、
本格的に芸能界に復帰されると、

再び、瞬く間に、
テレビで見ない日はないほど、
引っ張りだことなられたのでした。



大物MCとして、
期待が寄せられているほか、

ヒロミさんの全盛期を知らない、
若いスタッフにも、
その面白さがウケているとのことで、

今後のヒロミさんの活動が、
ますます楽しみですね♪


妻は松本伊代!


そんなヒロミさんの、
気になるプライベートなのですが、

ヒロミさんは、1993年、
タレントの松本伊代さんと結婚されています。


「オールナイトフジ」に出演されていたお二人。

お二人は、深夜番組「オールナイトフジ」での、
共演がきっかけで知り合われ、

スタッフなども含めて、
みんなでゴルフや食事に、
行くようになったそうですが、

そんなある時、ヒロミさんが、

「メロンジュースを家に飲みに来ない?」

と、松本さんを誘われたことから、

二人で遊びに行くほど仲良くなり、
交際に発展したのだそうです。

プロポーズは?


ちなみに、プロポーズは、

ヒロミさんが、突然、車の中で、

「万馬券があたったんだ!」

と、松本さんに、
指輪を渡されたのだとか♪

結婚生活は?


めでたくゴールインとなったお二人ですが、
実は、松本さんは、整理整頓が苦手で、

結婚当初は、ヒロミさんが、
何度も注意されていたとか。

しかし、ヒロミさんは、次第に、
片付けが苦手な松本さんに、
期待することをやめ、

自分から片付けるようになったことで、
イライラがなくなったそうです♪



さらに、松本さんは料理も苦手なため、
レパートリーが少なく、朝食はいつも目玉焼き。

しかも、ヒロミさんが好きな、
固めの目玉焼きを作れる確率は5割ほど(^_^;)

それでも、ヒロミさんは、

「5割できれば上々」

と思っておられるそうで、

テレビ番組では、

「アイドルと結婚しちゃったんだから
家事とかできなくて仕方ない」

と、おっしゃっていたとか。

そんなヒロミさんの懐の深さに、

「こんな人と結婚したい」

と女性のファンが急増しているそうです♪

おしどり夫婦


そんなお二人は、
結婚して20年以上も経つのですが、
相変わらず仲が良く、

2015年には、
「第3回ベストエンゲージメント2015」の、
カップル部門を受賞されています。



ヒロミさんは、取材陣の前で、
松本さんのことを、

「ママは生きていてくれればいい。
料理がうまいとか、家事はどうでもいい」

「かわいいよ、ママ」

と、のろけを連発され、

松本さんも、

「ヒロミさん以外だったら、
離婚されていたかも」

と、応じられていました。

さて、年齢と経験を重ね、
さらにパワーアップし帰ってきたヒロミさん。

これからも、そのおもしろいトークで、
私達を楽しませて欲しいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ