菊池桃子!娘の障害を公表!乳児期の脳梗塞が原因で麻痺に?

Sponsored Link

1980年代、清純派アイドルとして絶大な人気を博した、菊池桃子(きくち ももこ)さん。40歳を過ぎて法政大学大学院で雇用問題を専攻され、修士号を取得すると、現在は、母校、戸板女子短期大学の客員教授として、キャリア教育に関する講義をされています。




プロフィール!


菊池さんは、1968年5月4日生まれ、
東京都品川区のご出身です。

身長160センチ、
体重47キロ、

血液型はB型、

趣味は、
料理、絵画、ホクロ占い、
競馬、クルマ、スキューバダイビング、

特技は、 ピアノ、茶道、

学歴は、
法政大学大学院政策創造専攻で、
修士課程を修了されているそうです♪


スカウトされて芸能界入り


菊池さんの叔母さんが、
青山で飲食店を経営されており、

レジの横に、家族や親族の写真を、
飾っておられたのですが、

たまたま、お客さんとして来ていた音楽関係者に、
菊池さんの写真が目に留まったことから、

菊池さんは、後日、
叔母さんを介しスカウトされ、
芸能界に入られたのでした。



菊池さんは、芸能界に対して、
特に、憧れなどは持っておらず、

芸能界を、少し見てみたい、
という好奇心から、
芸能界入りを決意されたのですが、

その当時のことを振り返り、

当時は、自分が芸能界で、
うまくいくなんて思ってなかったんです。

というのも、スカウトされて、
デビューするまでの2年くらい、
いろいろなオーディションを受けていたのですが、
なかなかうまくいかなくて、

両親も3年くらいしたら、
諦めるだろうと思っていたみたいです。
……だから、ずっと自信が持てなかったんです。

と、語っておられました。

トップアイドルへ


菊池さんは、1984年3月、
映画「パンツの穴」でヒロインを演じ、
女優デビューされると、

翌月の4月には、
シングル「青春のいじわる」で、
アイドル歌手としてもデビュー。


シングル「青春のいじわる」

すると、たちまち人気を博し、
その年の「第26回日本レコード大賞」で、
見事、新人賞を受賞されています。

翌年の1985年に行われた、
「日本武道館」でのコンサートは、
当時の最年少公演記録を更新。

九段下駅から日本武道館まで長蛇の列ができ、
入場できなかった観客が、
なんと、10,000人を超えるという、
驚くべき事態が、当時、話題となったのでした。


1985年「日本武道館」コンサートより。

ほんわかした可愛らしいルックスや、
おっとりした話し方が、
年代を問わず、多くのファンを魅了し、

菊池さんは、1980年代を代表するアイドルとして、
不動の人気を確立されたのでした。


歌手から女優へ


しかし、そんな菊池さんも、1987年頃から、
アイドル歌手としての人気に陰りが見え始めます。

そして、次の活動を模索される中、
幼少時から、ピアノを習っておられ、
ピアノを弾きながら、
歌うことが好きだった菊池さんは、

制作時から楽曲に関わりたい思いを強められ、
ロックバンド「ラ・ムー」を結成。



ただ、セールスは振るわず、
1989年に事務所を移籍されると、
女優業に力を入れることとなり、
「ラ・ムー」は事実上解散されています。


結婚


その後は、女優業を中心に、
活動されていましたが、

1995年に、
プロゴルファーの西川哲さんと結婚され、

1996年に男の子を、
2001年に女の子を出産されています。



しかし、2014年には、
西川さんと離婚。
(⇒菊池桃子!元夫は西川哲で離婚の原因は多額の借金?)

現在、シングルマザーとして奮闘されている、
菊池さんのお子さんについて調べてみました!


娘の障害を公表


菊池さんは、2015年、
テレビ番組「ノンストップ!」で、

娘さんに障害があることを告白し、
注目を集めました。

実は、菊池さんは、
第1子の息子さんを出産された後、
第2子を妊娠されているのですが、

妊娠後期になって、その赤ちゃんに、
重い心臓病があることが分かったのだそうです。

無事に生まれれば、手術で助けられる、
という状態だったそうですが、

残念ながら、赤ちゃんは、
死産してしまいます。

菊池さんは、
その時のことを振り返り、

子供が病気を持ったならば、
お母さんとして闘おうと考えた時期があった。

と、語っておられました。

乳児期の脳梗塞が原因で麻痺に


そして、2001年、
娘さんを出産されるのですが、

乳児期に脳梗塞を患い、
左手足に麻痺が残ってしまったというのです。

娘さんはリハビリに励んだ結果、
幼稚園に入る頃には、
普通に歩けるようになっており、
有名私立小学校を受験し、見事合格。

しかし、小学校で、
みんなと同じようにできないことに、
焦りを感じられたことから、
過呼吸や円形脱毛症になっていったのでした。

菊池さんは、そんな娘さんを可哀想に思い、
特別支援学校に転校させたそうです。

その後、娘さんは、
再度、有名私立中学校の受験にチャレンジ。

しかし、多くの中学校の受験資格に、

「心身ともに健全なもの」

という記載があったことから、
菊池さんは、非常に辛い気持ちになられたといいます。

菊池さんは、娘さんの障害を通して、
障害を持った子どもの、
教育相談の場が少ないことを、
身を持って痛感され、

また、障害を抱える人達の雇用について、
勉強の必要性を感じ、
大学院に入学され修士号を取得。

現在は、「キャリア権推進ネットワーク」の、
理事に就任されています。

娘さんの障害で、奇しくも、
新たな道を切り開かれた菊池さん。

芸能人という立場を活かし、
活動がうまく行けばいいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ