河瀨直美!プロフィール!奈良で尾野真千子と?夫は?

Sponsored Link

数多くの外国映画賞を受賞され、世界にその名を知らしめている、映画監督の河瀨直美(かわせ なおみ)さん。現在は故郷奈良を拠点に活動しながら、次世代の育成にも取り組まれています。




プロフィール!


河瀨さんは、1969年5月30日生まれ、
奈良県奈良市紀寺町のご出身です。

出身高校は、
奈良市立一条高等学校、

高校卒業後は、大阪写真専門学校の映画科に、
(現在はビジュアルアーツ専門学校)
通われていたそうです。


輝かしい受賞歴


河瀨さんは、大阪写真専門学校を卒業後、
一旦、映画制作会社に就職されるのですが、

次第に、自分で映画を撮ってみたいと、
思われるようになり、会社を退職。

母校である、大阪写真専門学校で、
講師を勤めながら、映画制作を始められると、

1995年には、自主制作映画、
「につつまれて」「かたつもり」が、
山形国際ドキュメンタリー映画祭で、注目を集め、

1997年、27歳の時には、
劇場映画デビュー作の、
「萌の朱雀(もえのすざく)」で、

いきなり、「カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)」を、
史上最年少で受賞されたのでした。


「萌の朱雀」より。

さらに、

2007年には、「殯の森(もがりのもり)」が、
「第60回カンヌ国際映画祭」で審査員特別グランプリを、

2009年には、
映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞」を、

2014年には、「2つ目の窓」が、
「第12回ウラジオストク国際映画祭」で、
グランプリを受賞されるなど、

数々の映画賞を受賞されています。



また、近年では、
映画祭の審査員も務められるなど、
世界的に認められている河瀨さん。

そんな河瀨さんの、
気になる話題について調べてみました!


奈良?


河瀨さんを「奈良」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、河瀨さんは、奈良県のご出身で、
現在も奈良に住んでおられ、

河瀨さんの劇場映画デビュー作「萌の朱雀」や、
カンヌで審査員特別グランプリを獲得した「殯の森」も、
奈良で撮影されています。

河瀨さんは、故郷である奈良を拠点に、
活動されている理由について、

まずは自分の気持ちを、
整理できる時間が持てるということ。

東京にいると、サイクルが早くて、
疲れてしまうことも多いですが、

奈良では、早起きをして、畑に出る、
といったサイクルの中で、
自分を冷静に見つめ直すことができます。

と語っておられました。

また、河瀨さんは、映画制作以外にも、
畑で野菜をつくるのに、
夢中になっておられるとのことで、

奈良の大自然に、
癒やされているのでしょうね。

尾野真千子と?


さて、河瀨さんと同じ、奈良県出身の女優さんに、
尾野真千子さんがいらっしゃるのですが、

尾野さんは、河瀨さんの作品、
「萌の朱雀」でデビューされています。


「萌の朱雀」に出演当時の尾野さん。

実は、河瀨さんが、物語の舞台となった、
奈良県西吉野村をロケで訪れた際、

学校の下駄箱を掃除中だった、
当時、中学生の尾野さんに目が留まり、
主演に抜擢されたのだとか。

さらに、河瀨さんは、2007年にも、
映画「殯の森」で、再び、
尾野さんを主人公に抜擢されています。

この作品も、奈良が舞台ということで、
素晴らしい2つの才能が、
奈良で出会われたのでした♪


夫は?


そんな河瀨さんの、
気になるプライベートなのですが、
河瀨さんは2度結婚されているそうで、

最初のご主人は、
映画監督でプロデューサーの仙頭武則さん。



仙頭さんは、1997年、
河瀨さんの作品「萌の朱雀」で、
プロデューサーを務められていることから、
この作品がご縁となったのでしょうね。

しかし、2000年、
仕事に対する考え方の違いから、
お二人は離婚されています。

そして、時期は分かりませんでしたが、
離婚後、河瀨さんは、一般男性と再婚。

2004年に、
男の子を出産されています。

さて、いかがでしたでしょうか。

現在は、大好きな奈良で、
自然と共存しながら、
ご家族と暮らされている河瀨さん。

素晴らしい環境から生まれる、
次の作品が待ち遠しいですね。

河瀨さんからは、
当分、目が離せそうにありません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ