井川比佐志の故郷は満州!若い頃は?出演ドラマ映画CMは?

Sponsored Link

劇団「俳優座」出身の俳優、井川比佐志(いがわ ひさし)さん。1950年代からテレビドラマや映画で活躍されており、数多くの映画賞を受賞されている名優です。




年齢は?故郷は?本名は?事務所は?


井川さんは、1936年11月17日生まれ、
満州国・奉天市(現:中国東北地方藩陽市)のご出身、
東京育ち、

身長170センチ、
体重70キロ、

血液型はO型、

学歴は、
東京都立千歳丘高等学校卒業、

趣味は、
プロ野球観戦、

ちなみに、
井川比佐志は本名で、

事務所は、
自身の個人事務所「井川事務所」です。


デビュー


井川さんは、高校卒業後の
進路に迷われていた時、

エノケンの映画と落語を見て、

「ああいうふうに人前で上手に話したり、
笑わせたりできたらすごいな」

と、思われ、俳優を目指されたそうです。

そして、高校卒業後の1955年、
劇団「俳優座」の養成所に、
第7期生として入所されると、

1957年には、
映画「純愛物語」で俳優デビュー。

翌年の1958年には、
正式に「俳優座」の団員となられ、

以降、テレビドラマや映画に、
多数出演されています。

安部公房スタジオ


井川さんは、1962年、
作家の安部公房さん原作・脚本の、
映画「おとし穴」で、
主演を務められたのですが、


「おとし穴」出演当時の井川さん。

安部公房さんとは、
この映画が縁となったのか、

1973年に、
「俳優座」を退団されると、

同期の田中邦衛さんらとともに、
「安部公房スタジオ」
の旗揚げに参加されています。


在りし日の安部公房さん。

その後、「安部公房スタジオ」は、
1979年頃、解散したようで、

現在、井川さんは、
ご自身の個人事務所である、
「井川事務所」に所属されています。


出演ドラマ映画


それではここで、井川さんの、
最近の出演作品の一部を、ご紹介しましょう。

映画では

1990年「夢」
1991年「戦争と青春」
1992年「豪姫」
1993年「まあだだよ」
1994年「四十七人の刺客」

1995年「きけ、わだつみの声 Last Friends」
1996年「八つ墓村」
1998年「SADA~戯作・阿部定の生涯」
2000年「雨あがる」


「まあだだよ」より。

2001年「ホタル」
2002年「阿弥陀堂だより」
2003年「13階段」
2004年「半落ち」
2005年「男たちの大和/YAMATO」

2006年「県庁の星」
2007年「キトキト!」
2008年「Beauty うつくしいもの」
2009年「劔岳 点の記」


「阿弥陀堂だより」より。

2010年「悪人」
2013年「草原の椅子」
2014年「春を背負って」
2015年「くちびるに歌を」
2015年「続・深夜食堂」

テレビドラマでは

1987年「美に捧げる犯罪」
1990年「卒業」
1991年「あしたがあるから」
1994年「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」
1995年「ジ・エンド・オブ・パールハーバー HIROSHIMA – 運命の日 -」


「美に捧げる犯罪」より。(左から)井川さん、
堤大二郎さん、宇津井健さん。


1996年「白線流し」
1997年「ラブジェネレーション」
1998年「結婚前夜」
1999年「チープラブ」
2002年「逃亡」

2003年「新春ドラマスペシャル 秋刀魚の味」
2004年「はみだし刑事情熱系 最終章」
2005年「冬の運動会」
2006年「医龍-Team Medical Dragon-」


「冬の運動会」より。井川さんと岡田准一さん。

2007年「星ひとつの夜」
2009年「ありふれた奇跡」
2010年山田太一ドラマスペシャル 遠まわりの雨」
2015年「限界集落株式会社」

ほか、非常に多くの作品に、
出演されています。


CM


また、井川さんは、
映画やテレビドラマのほか、CMにも出演されており、

1995年「サントリー 新・角瓶」
2007年「大日本住友製薬」
     「NTTドコモ関西」

2012年「ダイハツ工業」

など、当時は、誰でも、
一度は見たことがあるほど、お馴染みで、

特に、「大日本住友製薬」の、
「祖父とわたし 家篇」では、

おじいちゃん役に扮した井川さんと、
孫娘役の石橋杏奈さんとのやりとりが、
とても微笑ましく、
視聴者からの好感度は抜群だったようです。



このCM、ショートフィルムのようにハイクオリティーなので、
思わす引きこまれてしまいます。

石橋さんのかわいさももちろんですが、
やはり、井川さんがいい味を出しておられますね♪

さて、いかがでしたでしょうか?

ずっと、俳優一筋でやってこられ、
まさに、「役者」という感じの井川さん。

もうすぐ80歳になられますが、
これからも、お体には気をつけて、
渋い演技を見せ続けてほしいですね。

応援しています!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ