ミッキー・カーチス!矢沢永吉をプロデュースしていた!

Sponsored Link

1958年、「ロカビリー三人男」として、日本にロカビリーブームを巻き起こした、ミュージシャンで俳優のミッキー・カーチスさん。その他、音楽プロデューサーとしても活躍された、ミッキーさんについて調べてみました!




矢沢永吉との出会い


ミッキーさんは、1960年代、
ロカビリー歌手・ジャズ歌手として、
活躍されたのですが、

プロデュース業でもその才能を、
発揮されており、

ロック歌手の矢沢永吉さんを見出し、
世に送り出されたことでも有名です。



1972年10月1日、ミッキーさんが、自宅で、
音楽番組「リブ・ヤング」を見ていると、

当時、まだ無名の、
新人バンド「キャロル」が登場。

ミッキーさんは、彼らの演奏に、
衝撃を受けると同時に、
「これだ!」と直感したそうで、

生放送中にも関わらず、
番組プロデューサーに、

レコーディングしたいから、
彼らを(先約がかかる前に)押さえておいて欲しい。

と伝えたのだそうです。

そして、「キャロル」のリーダーだった、
矢沢さんと電話で話し、契約を成立させたのでした。

内田裕也もオファーを出していた!


実は、このとき、
番組に出演していた内田裕也さんも、

ミッキーさんより一足早く、
番組本番後にオファーをしていたそうで、

矢沢さんは、ミッキーさんか内田さんかで、
迷われたそうですが、

デビューまでの話が具体的な、
ミッキーさんを選ばれたのだそうです。

ミッキーさんは、当時を振り返り、

すぐにテレビ局に電話して、
矢沢と話し、翌日会った。

矢沢の魅力は何といっても色気。
これに尽きる。

矢沢は「金持ちになりたい」っていった。
このギラギラした目と、
醸し出される色気にゾクゾクしたよね。

と、おっしゃっていました。



「キャロル」にとっては、
初めての音楽番組の出演だったのですが、

音楽界の大御所お二人から、
同時にオファーを受けるなんて、

よっぽど、矢沢さんの魅力は、
抜きん出ていたのでしょうね。

「キャロル」をプロデュース


そして、番組出演後、わずか10日後に、
「日本フォノグラム」(現在のユニバーサルミュージック)と、
専属契約を結んだ「キャロル」は、

ミッキーさんプロデュースのもと、
12月25日にデビューすると、人気爆発!

社会現象になるほどの、
ブームを巻き起こしたのでした。

ミッキーさんは、

昔、オレ達がやってた時は、
楽器ひけるヤツも少なかったし、
英語はメチャクチャ、

かっこばかりのロックン・ローラーだったけど、
キャロルは違うんだ。

曲は全部自分達で書くし、楽器はやるし、
何といってもリズムのノリが違うよ。
日本もここまできたのかと正直、驚いているんだ。

と、おっしゃっていたそうです。

矢沢永吉の不満が爆発


しかし、皮肉なことに、売れれば売れるほど、
矢沢さんの不満は大きくなっていきます。

というのも、この契約で「キャロル」は、
通常より不利な契約を結んでいて、

売れれば売れるほど、
ミッキーさんと「日本フォノグラム」への、
印税が増える仕組みだったからです。


「キャロル」のメンバー。(左から)故・ジョニー大倉さん、
矢沢さん、内海利勝さん、ユウ岡崎さん。


しかも、4年契約を結んでいたにもかかわらず、
「キャロル」は2年半で解散してしまったので、

解散後も、この契約は残り、
矢沢さんは、「日本フォノグラム」から、
千数百万という莫大な違約金を請求されることになったそうで、

矢沢さんは、ソロデビューにあたり、
移籍先の「CBSソニー」から借金をして、
キャッシュで違約金を支払ったと言われています。

矢沢さんは、

日本フォノグラムは、アーティストとして、
オレの気持ちを無視してきた。

オリジナルアルバムは三枚しかないのに、
キャロルの承諾もなしに曲順を変えて、
タイトルを変えて、ジャケットを変えて、

さもニューアルバムのように見せかけて、
新しいアルバムを作ってきた。
そんなイカサマ商売をしてきた。

何度も「イメージが悪くなるからやめてくれ」と言っても
「おまえらにいわれる筋合いはない」と無視してきた。

オレは日本フォノグラムは絶対に許さない。

と、相当、憤慨されており、

その後は、自ず、ミッキーさんと矢沢さんも、
疎遠になってしまったのでした。

ミッキーが矢沢を騙した?


この話を聞くと、ミッキーさんまでが、
ひどい人のように感じますが、

ミッキーさんが、特に、
矢沢さんを騙したというわけではなく、

当時は、このような不当な契約が、
普通だったようで、

誰も文句を言わず飲んでいたところ、
矢沢さんだけが対抗されたようです。

今では当たり前となっている
「アーティストの権利」も、
矢沢さんが、先駆者だったのかもしれませんね。


矢沢永吉の娘のレコーディングに参加


それから、40年の歳月を経た、
2016年1月、

なんと、ミッキーさんが、矢沢さんの娘さんである、
矢沢洋子さんのバンド「PIGGY BANKS」の、
レコーディングに参加されています!


ミッキーさんと矢沢洋子さん。

洋子さんは、ツイッターで、

本日ピギーバンクスrec大詰め。
ミックス前最終日でした。
なんとゲストにミッキーカーチスさん!。

そうです、父のキャロル時代の、
プロデューサーでもあったミッキーさんに、
40年以上たってから、
娘もお世話になるというまさかのミラクル!

と、その喜びをツイート。

一方で、ミッキーさんも、

今日は矢沢洋子ちゃんと一緒だった!
明るくて可愛い子だったよ!
お父さんがよろしくと言ってたと!

と、矢沢さんからお礼があったことを、
明かされていましたので、

時を経て、ミッキーさんと矢沢さんは、
良好な関係を築かれたようですね。

さて、いかがでしたでしょうか?

お金だけの関係ではなく、
アーティストとしての矢沢さんを、
リスペクトされていたミッキーさん。

再び、ご本人の矢沢さんと、
一緒に仕事・・・
というのは難しいかもしれませんが、
ちょっと期待してしまいますね♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ