舟木一夫!高校3年生でデビュー!低迷時代を経て見事復活!

Sponsored Link

1963年、「高校3年生」で鮮烈なデビューを飾られた、歌手の舟木一夫(ふなき かずお)さん。1970年代に人気が低迷してしまいますが、1991年に見事復帰を遂げられました。




プロフィール!


船木さんは、1944年12月12日生まれ、
愛知県一宮市のご出身です。

身長172センチ、
体重66キロ、

靴のサイズは25センチ、

血液型はO型、

出身高校は、
自由ヶ丘学園高等学校、

趣味・特技は、
ペン収集、時計収集、

本名は、
上田成幸(うえだ しげゆき)さん、

だそうです♪


貧しい少年時代


舟木さんのお父さんは、
もともと、バクチ打ちだったそうで、

足を洗った後、芝居小屋を営まれ、
興行師として活動されていたそうですが、
事業に失敗。

そのため両親が離婚し、
舟木さんは、お父さんに引き取られ、
とても貧しい生活を強いられたそうです。

そのうえ、お父さんは、
女性を取っ替え引っ替えで、

実際に結婚されていたかどうかは不明ですが、
延べ、9人の母親がいたのだとか!

今の時代では、
考えられない家庭環境ですね~


継母の愛情


ただ、9人目の母親にあたる、
上田節さんという方は、

舟木さんにとって、本当のお母さんのように、
愛情深く優しい方だったそうで、

節さんは、舟木さんと、
最初に出会った日のことを、

わたしをみるなり、八重歯をのぞかせて、
ほんの少し笑ってくれた顔が、
はりつめたわたしの気持ちを一瞬ときほぐしてくれたのを
今でも覚えています。
 
わたしのことは、すでに、父親から
いいきかされていた成幸(舟木さんの本名)は、
わたしの前に両ひざをそろえてキチンとすわると、
「ぼく成幸です。」と、ぺこりとおじぎをしました。

「ぼうや、わたしのことをなんて呼んでくれる?
おばちゃん?おかあちゃん?」

すると、成幸は、わたしの顔をじっとみつめ、
「ぼく、おかあさんて呼びます」
わたしは、思わずヒザの上にキチンとそろえた、
成幸の小さな手をにぎりしめていました。

と、手記に綴られていました。

舟木さんも、後に、
9番目のお母さんが一番好きだったと、
語っておられたことがあったようです。

スカウトで芸能界へ


そんな舟木さんは、1961年、高校2年生の夏、
地元、名古屋で行われた「松島アキラショー」を、
友達と観に行かれたのですが、

ステージ上の松島さんが、「湖愁」

「誰か一緒に歌わないか」

と、客席に向かって尋ねたところ、

舟木さんは、隣に座っていた友達に、
手首を掴まれるかたちで、手を上げられたそうで、

ステージに上ると、松島さんと一緒に、
見事、「湖愁」を歌い切ったそうです。


左が現在、右が当時の、松島アキラさん。

そして、それを見ていた芸能関係者に、
舟木さんはスカウトされ、
歌手になる決意されることとなるのですが、

実際のところ、歌手になりたかった、
というよりは、13歳年の離れた、
まだ幼い弟の学費を稼ぐため、
というのが本当の理由だったそうです。

「高校3年生」で一躍スターに


こうして、舟木さんは翌年の5月に上京し、
作曲家の遠藤実さんのレッスンを受けられると、

1963年6月、「高校3年生」で、
鮮烈なデビューを飾られたのでした。



というのも、舟木さんは、
すでにこの年の4月に、
高校を卒業されていたのですが、

恩師、遠藤さんの指示で、
異例の学生服姿でデビュー。

これが大ヒットし、発売1年で、
100万枚という驚異的な売上を記録したのでした。

さらに、その2ヶ月後には、
同名映画で主演を務められ、
この映画も大ヒット!


映画「高校3年生」より。

この年の年末には、
「第5回日本レコード大賞新人賞」も、
受賞されるなど、

舟木さんは、瞬く間に、
スターとなられたのでした。


黄金時代


舟木さんはその後も、

1963年「修学旅行」「学園広場」
1964年「仲間たち」「花咲く乙女たち」
1965年「北国の街」「たそがれの人」「高原のお嬢さん」
1966年「哀愁の夜」「絶唱」
1967年「夕笛」



と、ヒット曲を連発。

「高校3年生」「修学旅行」「学園広場」のような、
青春ソングだけではなく、

「絶唱」「夕笛」のような、
抒情歌も、情感たっぷりに歌い上げられるなど、

その抜群の歌唱力で、
聴くものの心を虜にされるのですが・・・


暗黒時代


1970年に入ると、
飛ぶ鳥を落とす勢いだった舟木さんの人気も、
次第に陰りが見え始めます。

時代の流れとともに、
歌謡曲が流行らなくなり、

これまで、多数出演されていた、
歌謡映画や歌謡番組が廃れ始めたことから、

舟木さんの活動の場が、
激減してしまったのでした。


3度の自殺未遂


舟木さんは、ヒット曲が出ないことから、
次第に精神を病まれたそうで、

1970年、1971年と、
2度に渡る自殺未遂。

いずれも一命をとりとめたものの、
さらに、1972年、27歳の時には、
当時、宿泊していたホテルから失踪。

舟木さんは、その日の夜、
別のホテルで睡眠薬を大量に飲み、

静脈に注射器が刺さったまま、
布団の中で昏睡状態に陥っている姿で、
マネージャーに発見されたのでした。

舟木さんは、後に、
このことを振り返り、

自分を取り巻く歯車が、ひとつ、またひとつ、
さらにもうひとつかみ合わないままにこぼれていく。

レコーディングで、テレビのスタジオで、
事務所で、そして家の中で・・・

ともかく僕が動くたびに、頭の中で、
カチッ、カチッと何かが音をたてていた。

といって仕事場から、事務所から、
家族の前から逃げ出すことはできない。

こうなると、先読みもマイナーな方向にしか働かない。
結局は千駄ヶ谷の旅館でひとり、バカをやってしまった。

と語っておられます。

この時も、なんとか一命はとりとめたものの、
その後も心身の不調は続き、

静養のため、1973年から1974年には、
10ヶ月に及ぶに活動休止。

しかし、復帰後も、追い打ちをかけるように、
新しい事務所でのトラブル、

また、可愛がっていた13歳年下の弟が、
事故で亡くなるなど、不幸が続きます。

さらに、舟木さんは経済的に行き詰まり、
自宅を売却することを余儀なくされてしまったのでした。

芸人は業


そんな中、舟木さんは、
お父さんの特異な職業や、極貧の少年時代など、
世間から「はぐれ者」として生きてきたことを、

自分の「業(ごう)」だと考え、
強く意識されていたといいます。

そして、「芸人」としての自分も、
また「業」だと悟り、

「自分は芸人である」

という自覚を、
手放すことはなかったのだそうです。

舟木さんは、

オレは運命論者ではないけれど、
美空ひばりさん、三橋三智也さん、島倉千代子さんたちのように、
長く芸人をやっている人ほど、
一言で言うと〝強い業〟を持っていると思う。

そういうものを持って生まれる星の人がたしかにいる。

芸事というのは、本番でお客さんの前にたっている状態は、
命を削ると言う行為だ。結局、芸人はロウソクだと思う。

と、語っておられます。

芸能界へ入り、そこで活躍することが、
今ほど簡単ではなかった時代、

芸人というのは、
本当に命を削る仕事だったのですね。

再び脚光


舟木さんは、そんな思いを胸に、
地方のイベント会場や、
デパートなどの小さなステージで、

地道に歌手としての活動を続け、
この苦しい時代を乗り切られたそうで、

1991年、「芸能生活30周年プレ公演」で、
華々しくカムバック。

これを機に、主に、舟木さんと同世代の、
中高年の女性を中心に人気が再燃。

同じ青春を過ごした仲間にしか、
通用しない歌い手でいい。

と、舟木さんは、彼女たちのために、
歌を歌い続けたいと決意されたのでした。

その後の舟木さんの芸能活動は順調で、
コンサートや舞台を中心に精力的に活動される一方で、
テレビ番組にも出演されています。



さて、いかがでしたでしょうか?

二十年に渡る、低迷の時代を経て、
見事、カムバック。

様々なことを経験された舟木さんが、
歌う「高校3年生」もまた、
味わい深く、素晴らしいですね!

現在、すでに70歳を回っているとは思えないほど、
とても生き生きと輝かれている舟木さんですが、

これからも、お体には、
十分に気をつけて頑張ってほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ