吉田日出子!高橋克典と?小日向文世とも?病気?上海バンスキング!

Sponsored Link

劇団「自由劇場」を旗揚げされ、1979年には、舞台「上海バンスキング」で、一躍有名になられた、女優の吉田日出子(よしだ ひでこ)さん。2007年には、高次脳機能障害を患われ、芸能活動から遠ざかっておられましたが、2010年に見事復帰されています。




プロフィール!


吉田さんは、1944年1月7日生まれ、
石川県金沢市のご出身です。

血液型はAB型、

出身高校は、
東京都立北園高等学校、

だそうです♪


デビュー


吉田さんは、高校卒業後、
「俳優養成所」に入られたようですが、
後に退所され、劇団「文学座」の研究生となられたそうで、

1966年には、劇団「文学座」も退団し、
串田和美さんとともに「自由劇場」を旗揚げ。

1996年に解散するまで、
吉田さんは、看板女優として活躍されたのでした。

(1975年に、「自由劇場」は、
「オンシアター自由劇場」と改名しています。)


「上海バンスキング」でブレイク!


そんな吉田さんは、1979年、
舞台「上海バンスキング」で、
まどか役を演じ、一躍有名に。

吉田さんは、劇中、
歌を披露されているのですが、
実は、歌手未経験。

しかも、バックバンドも、
プロのミュージシャンではなく、
劇団員で構成されたものだったそうですが、
大きな反響を呼び、

吉田さんは、これをきっかけに、
劇中歌を披露するコンサートを開かれたり、

アルバムを数枚出されるなど、
歌手としても注目されたのでした。


LP「上海バンスキングⅡ」のジャケットより。右から3人目が吉田さん。
その左隣が串田和美さんと小日向文世さん。


ちなみに、この「上海バンスキング」は、
その後も繰り返し上演され、

小劇場としては、異例の、
ロングラン公演となったのでした。


小日向文世と?


ところで、吉田さんを、「小日向文世」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、吉田さんは、過去に、
小日向さんと交際&同棲されていたというのです。

小日向さんは、1977年、23歳の時、
吉田さんと串田さんが旗揚げされた、
「オンシアター自由劇場」に入団され、

1996年に、同劇団が解散するまで、
吉田さんの相手役を務められるなど、
看板俳優として活躍されたのですが、

小日向さんは、インタビューで、

劇団にいた時は、
座長の串田和美さんがお父さんで、
看板女優の吉田日出子さんがお母さん。

厳しい先輩の笹野高史さんがお兄さん、
19年間在籍した劇団時代、
僕はそう思うように過ごしました。

と、語っておられました。

吉田さんの方が、小日向さんよりも、
10歳年上ということもあり、

吉田さんは、まだ無名の下積み時代だった小日向さんを、
サポートされていたのかもしれませんね。

お二人がどのような経緯で、
別れに至ったのかは、分かりませんでしたが、

小日向さんは、1993年、
同じ「オンシアター自由劇場」の、
女優だった方と結婚されています。

高橋克典と?


一方、吉田さんはというと・・・

小日向さんと別れた後、
なんと、21歳も年下の高橋克典さんと、
交際&同棲されています!

お二人が交際されていたのは、
1994年頃からだそうですが、

その当時、高橋さんは、
まだ無名の俳優。

吉田さんが、高橋さんを、
公私ともにサポートされていたそうなので、
小日向さんの時とよく似ていますね♪

そして、高橋さんも、2004年には、
当時モデルだった中西ハンナさんと結婚。

吉田さんはというと、
一度も結婚はされず、現在も独身のようです。


病気は?


数多くのテレビドラマや映画に出演され、
その演技が高く評価されてきた吉田さんですが、

2014年、
著書「私の記憶が消えないうちに」を出版され、

その中で、「高次脳機能障害」
という病気にかかっていることを、
明かされています。



いつ頃から症状が出始めたのかは、
分かりませんでしたが、

セリフを覚えるのが困難になったり、
通い慣れている道でさえも、
迷ってしまうことが、たびたびあったようで、

そのため、吉田さんは、
2007年、主演舞台を降板。

病院で脳の検査を受けられたところ、
前頭葉に傷が見つかり、
「高次脳機能障害」と診断されたのだそうです。

しかし、吉田さんは、2010年には、
舞台「上海バンスキング」の再演で、見事女優復帰!

稽古場では、セリフや歌詞を、
忘れることもあったそうですが、
共演者がフォローされ、

本番でも、吉田さん演じる、
まどか役の分身を設定し、
この分身役が指示を出すなどして、
最後まで、演じきられたのだそうです。

吉田さんは、当初は、
この病にかかられたことについて、

ずっと隠しておこうと思った。

そうですが、次第に、

記憶障害も注意障害も、
遂行機能障害も社会的行動障害も恥ずかしいことではない。

と、考えるようになったそうで、

障害や認知症を恐れているばかりではつまらないでしょう。
障害や認知症のあるなしで境界線を引かずに、
ありのままの自分、相手を受け入れてやっていきませんか。

と、語っておられました。

さて、いかがでしたでしょうか?

古くは、劇団の立ち上げから始まり、
無名だった小日向さんや高橋さんを、
成功へと導かれ、

結婚せずに独身を貫かれ、
病に倒れても舞台に立ち続けられ、

と、とても強い、
女優魂を感じる吉田さん。

すでに70歳を回っている吉田さんですが、
これからも、お体を労りながら、
舞台に立ち続けてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ