甲本ヒロト!真島昌利と?兄弟は?奥さんは?元THE BLUE HEARTS!

Sponsored Link

1980年代後半から1990年代前半、「THE BLUE HEARTS」のヴォーカルとしてブレイクされた、ミュージシャンの甲本ヒロト(こうもと ひろと)さん。解散後は、「THE HIGH-LOWS」を経て、現在は「ザ・クロマニヨンズ」で活動されています。




プロフィール!


甲本さんは、1963年3月17日生まれ、
岡山県岡山市のご出身です。

身長は174センチ、

学歴は、
法政大学経済学部中退、

趣味は、
アニメ、特撮モノを見ること、
プロレスなどの格闘技観戦、映画鑑賞、

甲本さんは、
タイムボカンシリーズの大ファンなのだそうです♪


ミュージシャンを目指す


甲本さんは、14歳の時、
イギリスのパンクバンド「Sex Pistols」に憧れ、
ロックミュージシャンを目指されたそうです。

それでも、高校時代は、剣道部に所属されており、
当時はまだ、音楽一筋ではなかったようですが、

高校3年生の夏休み、
友達のハードロックバンド「ラウンド・アバウト」で、
ヴォーカルが抜けたことにより、甲本さんが加入。
初めてバンドを体験されたのでした。

その後、甲本さんは、1981年、18歳の時、
大学進学のためか上京され、(後に中退されています)

バンド「ザ・コーツ」として活動されていたようですが、
1985年頃、解散しています。


「THE BLUE HEARTS」でブレイク!


そんな折、甲本さんは、
バイト先で、真島昌利さんと出会ったそうで、

甲本さんが当時住んでいた、
工場跡の廃屋でパーティを開催した際、
真島さんにバンド結成を持ちかけ、
「THE BLUE HEARTS」を結成。

真島さんは、すぐに、
甲本さんの住む、工場跡に引っ越され、
二人は同居を始められたのだとか。

それから2年後の1987年、
「THE BLUE HEARTS」は、
「リンダリンダ」で、メジャーデビューすると、


「リンダリンダ」

1987年「青空」
     「キスしてほしい」
     「チェインギャング」
     「少年の詩」
     「君のため」



「キスしてほしい」

1988年「TRAIN-TRAIN」
     「人にやさしく」

1990年「情熱の薔薇」
1991年「TOO MUCH PAIN」
     「ブルーハーツのテーマ」

1993年「1000のバイオリン」


「TRAIN-TRAIN」

など、ヒットを連発。
「THE BLUE HEARTS」は、
一躍人気バンドとなったのでした。


「THE BLUE HEARTS」解散!理由は?


しかし、1995年に、
「THE BLUE HEARTS」は、解散。

解散理由について、甲本さんは、

バンドを続けるには、ある程度の演奏技術が必要。
それがあのメンバーでは出せないから解散した。

と、明かされていたようです。

当初は解散ではなく、甲本さんが、
脱退するだけのつもりだったそうですが、

甲本さんが抜けるなら解散しようと、
メンバーの意見が一致。

ただ、この時点では、
まだ迷いがあったようで、

一旦、活動停止となり、
その後、解散されています。

「THE HIGH-LOWS」結成を経て、「ザ・クロマニヨンズ」で活動


そして、同年、甲本さんは、
真島さんに誘われて、「THE HIGH-LOWS」を結成すると、

1995年「ミサイルマン」
1996年「スーパーソニックジェットボーイ」
     「胸がドキドキ」

1997年「月光陽光」


「ミサイルマン」

1998年「千年メダル」
1998年「ローリングジェットサンダー」
1999年「ハスキー(欲望という名の戦車)」
1999年「罪と罰」


「罪と罰」

2000年「青春」
2002年「いかすぜOK」
2004年「日曜日よりの使者」
2005年「サンダーロード」


「サンダーロード」

など、またしてもヒットを連発し、
人気を博したのでした。

しかし、この「THE HIGH-LOWS」も、
2005年には解散。

そして、翌年の2006年、
甲本さんは、ソロとして活動を開始するのですが、
(制作には、真島さんも参加されています)

やはり、バンドとしての活動が、
捨てきれなかったのか、

同年、甲本さんは、
真島さんと「ザ・クロマニヨンズ」を結成。

「ザ・クロマニヨンズ」は、
現在も、活動を続けています。


真島昌利と?


こうして、甲本さんは、真島さんと、
「THE BLUE HEARTS」から、30年以上に渡り、
音楽活動をしてこられたのですが、

プライベートでも仲が良く、休日には、
二人で中古レコード店を回ったりされているそうで、

東京ディズニーランドに、
行かれたこともあるのだとか。

実は、甲本さんは、子ども時代から、
働かず、恋愛もしないで、
フェードアウトしていく人生をリアルに想像し、

一生、ご両親に養ってもらうという、
人生設計を立てておられたそうですが、

そんなダラダラしていた甲本さんを、
真島さんは、

「お前はやれば出来る子なんだよ!」

と、叱咤激励し続けてくれたそうで、

甲本さんは、真島さんのことを、

自分にとって特別な存在だから、
彼の期待を裏切りたくない。

と、おっしゃっていました。

私たちは、真島さんがおられたお陰で、
甲本さんの素晴らしい音楽を、
聞くことが出来ていたんですね~

兄弟は?


ところで、甲本さんを「兄弟」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、甲本さんの弟さんは、
俳優の甲本雅裕(こうもと まさひろ)さんなのです。

弟の雅裕さんも、ヒロトさん同様に個性的で、
犯人役を演じられることが多いのですが、

悪役も善人役もこなせる、
実力派俳優として注目を集めています。

お二人が兄弟ということを、知らない人も多いようで、
ネット上では、驚きの声が多数上がっていました。


左が甲本雅裕さん、右が甲本ヒロトさん。

やっぱり、ご兄弟。
雰囲気がなんとなく似ていますね~


奥さんは?


そんな甲本さんの、
気になるプライベートなのですが、

甲本さんは、2005年頃、
結婚されているそうで、

お相手の方は、
高校の同級生とのこと。

一般の方のため、
詳しいことは分かりませんでしたが、

高校からずっと交際していた、
というわけではないようなので、

何かの折に再会されたことが縁となって、
結婚に至ったのかもしれませんね。

ちなみに、お子さんは、
いらっしゃらないようです。

さて、いかがでしたでしょうか?

甲本さんは、現在のバンド、
「ザ・クロマニヨンズ」について、

聴きたい人はいるかもしれないけど、
他人のことは知らない(笑)。

他人のためにやるんじゃないよ。
自分がやりたいからやるんだ。

クロマニヨンズの4人で集まって、
ワーッと音出してやってるのがすごく楽しいから、
それだけでいいんだよ。

とおっしゃっています。

ただ単純に楽しいから、
自分たちのためにやっている音楽だからこそ、
人々を魅了するのかもしれませんね。

50歳を回ってるとは、
とても思えない甲本さんからは、
まだまだ、目が離せません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ