博多華丸!モノマネでブレイク!子どもは?身長は?カープの大ファン!

Sponsored Link

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(はかた はなまる)さん。2005年、故・児玉清さんのモノマネでブレイクし、2011年には、本業である漫才が高く評価されています。




プロフィール!


華丸さんは、1970年4月8日生まれ、
福岡県福岡市早良区のご出身です。

身長173センチ、

血液型はB型、

学歴は、
福岡大学工学部、

本名は、
岡崎 光輝(おかざき みつてる)さん、

だそうです♪


「吉本福岡」に入所


華丸さんは、1989年、
大学の落語研究会で博多大吉さんと知り合い、
コンビを結成されると、

翌年の1990年4月、
地元福岡で開催されたオーディション番組、
「激辛!?お笑いめんたい子」に、
「岡崎君と吉岡君」として出場。

このことがきっかけとなり、
同年5月、吉本興業「吉本福岡」の、
1期生のオーディションに合格され、
芸能界に入られたのでした。

(後に、大学は中退されています。)


福岡でブレイク


その後、お二人は、福岡で、
漫才ではなく、情報番組のMCや、
中継先のレポーターで大ブレイク。

当時、福岡には、
ローカルタレントがいなかったことも、
ブレイクにつながったようです。


相方の不祥事


しかし、1997年には、
相方の大吉さんが、福岡の生放送の際に、
番組スタッフとの間でおきたトラブルが元で、
1年間自宅謹慎することに。

そうしたこともあり、その後の活動は、
なかなか厳しかったようで、

30歳の時のお給料は、
20万円ほどだったそうです。


氷川きよしに東京行きを勧められる


そして、2005年4月、
華丸さんが35歳の時、

歌手の氷川きよしさんと、
一緒にお仕事をされた時のこと、

氷川さんのマネージャーから、
東京進出を勧められそうで、

また、氷川さんご自身からも、
お二人の芸や人柄に触れ、

「福岡にいてはもったいない」

と、東京行きを勧められたそうです。



こうして、氷川さんの後押しもあり、
お二人は東京進出を決意されるのですが・・・

東京に進出するも・・・


しかし、東京へ移籍後、
お二人は新人とみなされ、
ギャラは福岡時代から激減。

出演数を増やすことで、なんとか、
生活ができている状態だったとか。

また、当時のお笑い番組「エンタの神様」
のオーディションを受けるも、
すべて落ちてしまわれたのだそうです。


モノマネでブレイク!


実は、博多さんは、福岡時代から、
故・児玉清さんのモノマネを、
持ちネタとしていたのですが、

ちょうどその頃、バラエティ番組、
「とんねるずのみなさんのおかげでした」の中のコーナー、
「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」が始まり、

博多さんは、ピンで登場され、
児玉清さんのモノマネを披露。

すると、見事優勝し、
博多さんは、一躍注目を浴びられたのでした。



さらに、博多さんは、
翌年の2006年2月には、

「R-1ぐらんぷり」でも、
やはり、児玉清さんのモノマネで優勝。



ちなみに、この時のネタを作ったのは、
大吉さんだったそうで、

大吉さんは、裏方に回って、
華丸さんを支えていたのですね。

また、同年9月、博多さんは、
児玉さんご本人との共演も果たされています。


漫才が認められる


こうしてブレイクされたお二人は、
2011年、「THE MANZAI」で、
本業である漫才を披露すると、

大会最高顧問を務められた、
ビートたけしさんに絶賛されるなど、

ようやく、お二人の実力が、
世間に認められたのでした。




カープ?


ところで、博多さんを「カープ」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、福岡には、
西鉄ライオンズが去って、
ダイエーホークスが来るまでの間、
野球の球団がなかったのですが、

その頃から、博多さんは、
広島東洋カープの大ファンなのだそうです。

福岡出身の博多さんがなぜ?
と思われるかもしれませんが、

博多さんは、
その理由をブログに、

北別府が投げ 高橋慶彦が走り
山本浩二が打って 衣笠が出場し
古葉監督が見え隠れする当時のカープは、
かなりの個性派集団で大好きでした。

と、綴っておられました。

そして、中でも一番好きだったのは、
前田智徳元選手だそうで、

博多さんは、2013年、
前田さんが引退された時には、
ご自身のブログに

広島一筋で、大きな怪我を繰り返しながらも、
それに立ち向かい、決して背中を見せなかった、
寡黙なサムライの引退は、カープファンならずとも、
寂しいニュースだったんではないでしょうか?

前田選手 長い間 お疲れさまでした。

と、綴っておられます。

妻は?


そんな博多さんの、
気になるプライベートなのですが、

博多さんは、1998年、
一般の女性と結婚されています。

福岡の居酒屋で、
アルバイトをされていた時、

奥さんが、お客さんとして来ていたことから、
知り合われたとのことでした♪


子どもは?


そして、博多さんには、
娘さんが二人いらっしゃるのですが、

次女は、女性アイドルグループ「さくら学院」で、
活動されている、岡崎百々子さんだそうです。



岡崎さんは、2003年生まれで、
2015年に「さくら学院」に入られたばかりの、
これからが楽しみな存在です♪

一方、長女の方は、情報がないことから、
一般人として、学校に通われているのかもしれませんね。

ちなみに、博多さんは、
二人の娘さんがかわいくて仕方がないようで、
デレデレだということでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

実力を持ちながらも、
なかなか日の目を見ることができず、

35歳を超えて、
ようやくブレイクされた博多さん。

2016年になった現在でも、

「いまだに起きたらお金が葉っぱに変わるんじゃないか」

と、ブレイクが信じられないそうですが、

不遇だった時代にも、着実に、
積み上げてこられた実力があるので、
そんな心配は杞憂に終わることでしょう。

これからも、面白い漫才を、
まだまだ披露してほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ