立花裕大!事務所は?出演映画は?テレビドラマは?

Sponsored Link

2007年、映画「スマイル 聖夜の奇跡」で、ジュニアアイスホッケーの選手として出演された、立花裕大(たちばな ゆうた)さん。その後は、俳優に転身され、テレビドラマや映画に出演されています。




プロフィール!


立花さんは、1992年7月3日生まれ、
神奈川県のご出身です。

身長は178センチ、

血液型はB型、

趣味は、
パソコンの改造、

特技は、
アイスホッケー、卓球、

所属事務所は、
当初、「j-office」でしたが、
現在は、「オスカープロモーション」に、
移籍されています。


アイスホッケーの選手として


立花さんは、もともと、
アイスホッケーをされていたのですが、

2007年、15歳の時、
映画「スマイル 聖夜の奇跡」で、

ジュニアアイスホッケーチーム、
「スマイラーズ」のエース、
猪谷昌也役で出演されています。



(この時、立花さんは、まだ、
本名の「綿貫智基」名義で出演されていました。)

この映画は、監督は、俳優の陣内孝則さん、
主演は、森山未來さんと、話題になった作品で、

弱小ジュニアアイスホッケーチームの、
監督を務めることになった青年と、
子どもたちの交流を描いた、心温まる感動作なのですが、

陣内さんによると、

立花さんをはじめとする子どもたちは、
本当のジュニアアイスホッケーの選手であり、

子役ではなかったので、
オーディションでは、

「面白そうだ。素質がある」

という子どもたちを選ばれたそうで、

やはり、当初は、
お芝居がまったくできず、
困ったそうです。

しかし、ヒロインの加藤ローサさんは、

子供たちが輝きだしたのが、
目に見えてすごく分かりましたし、
個性もどんどん確立されていって、

お芝居もそれに合わせて、
本当に上手になっていったので、

「あぁ、子供ってすごいな」と危機を感じましたし、
「一本の作品の間にこんなに成長するんだ」
と、とてもビックリしました。

と、おっしゃっており、

子どもたちは、短い期間で、
急速に、成長したのだとか。

そして、立花さんは、この映画で、
お母さんたちから人気を博したこと、
また、演じる楽しさに目覚められたことで、

俳優を目指すため、
アイスホッケーの選手を辞め、

陣内さんの個人事務所、
「j-office」に入られたそうです。

その後、いつ頃かは分かりませんが、
大手芸能事務所「オスカープロモーション」に、
移籍されています。

出演作品


それではここで、
立花さんの出演作品をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

2008年「交渉人」
2009年「警官の血」

映画では、

2007年「スマイル~聖夜の奇跡~」
     

「スマイル~聖夜の奇跡~」より。(中央左から)加藤ローサさん、
森山未來さん、陣内孝則監督、岡本杏理さん。


舞台では、
 
2015年「菊次郎とさき」

と、まだ出演作は多くないので、
学業を優先されていたのかもしれませんね。


「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」


さて、2016年10月からスタートしている、
テレビドラマ「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」では、
出川てつや役を演じられている立花さん。

この作品は、熱血新人刑事、辰屋すみれ(中村蒼さん)が、
芸能界で起きる事件を解決するべく、

偽のアイドルグループ「デカダンス」を結成し、
事件を解決しながら、人気を博していく、
というストーリーなのですが、

立花さん演じる出川てつやは、
「デカダンス」のメンバーのひとりで、

昔のアイドルを彷彿とさせる、
ピンクのヒラヒラ衣装をまとい、
コミカルな演技を披露されています♪

(このドラマは放送が始まって以来、
 新感覚のコメディドラマとして、
 人気を博しているようです。)

さて、いかがでしたでしょうか?

デビュー当初、陣内孝則さんに見出され、
面倒を見てもらったのも、
立花さんの光る魅力と才能があってこそ。

今後が楽しみな俳優さんですね。

応援しています!!


(左から)立花さん、横浜流星さん、中村蒼さん、大東駿介さん、森永悠希さん。

  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ