松本伊代は天然?血液型は?ヒロミとの息子は?CMでアイドル復活!

Sponsored Link

1981年、シングル「センチメンタル・ジャーニー」でアイドル歌手としてデビューされた、松本伊代(まつもと いよ)さん。近年は、ご主人のヒロミさんと、夫婦そろってテレビに出演されることが多く、おしどり夫婦として人気を博しています。




プロフィール!


松本さんは、1965年6月21日生まれ、
東京都大田区のご出身です。

身長157センチ、

血液型はB型、

趣味は、
ゴルフ、DIY、

だそうです♪


デビュー


松本さんは、1981年、16歳の時、
原宿でスカウトされて、芸能界入りされると、

同年、バラエティ番組「たのきん全力投球!」で、
当時、「たのきんトリオ」のメンバーだった、
田原俊彦さんの妹役でデビュー。

さらに、シングル「センチメンタル・ジャーニー」で、
アイドルとして、歌手デビューを果たされると、
たちまち人気を博し、

翌年の1982年には、
「YTV有線大賞最優秀新人賞」
「第13回日本歌謡大賞」
「第24回日本レコード大賞新人賞」
など、
数々の音楽賞を受賞。



この年の新人賞レースを争った、
堀ちえみさん、小泉今日子さん、
中森明菜さん、早見優さんらとともに、
「花の82年組」と呼ばれたのでした。

以降、順調にアイドルとして活躍されると、
近年は、タレントとして、
バラエティ番組にも出演されています。

そんな松本さんの、
気になる話題について調べてみました!


CM


松本さんを「CM」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、松本さんは、
2016年11月、「ワイモバイル」のCMに、
80年代のアイドルの衣装で出演されているのです。



桐谷美玲さんと、ふてニャンが、
1980年代にタイムスリップし、
当時の歌番組「ザ・ベストテン」の司会者になると、

松本さんのヒット曲「センチメンタルジャーニー」の、
替え歌である「フクロのナカ・ナーニー」が、
今週の第1位に!

ワイモバイルを買うと、
ふてニャンの福袋がもらえる、
というオチになっています。

それにしても、51歳とは思えない、
松本さんの若さと可愛らしさには、
驚かされますね~

かつての松本さんのファンを裏切らない、
とてもよくできたCMでした♪


天然?


松本さんは、1993年、
タレントのヒロミさんと結婚されているのですが、

ご主人であるヒロミさんが、
松本さんの天然ぶりを暴露し、

話題となっているようなので、
いくつかご紹介しましょう!

一つ目は、

ある日、松本さんが鶏肉を買って帰ると、
それが、もも肉なのか胸肉なのか、
忘れてしまったそうですが、

自分の太ももや胸に、その肉を当て、

「あ、やっぱリ胸肉だ!」

と言われたとか。

なんで分かるねん!!

二つ目は、

細い手すりに、何日もペットボトルが、
置きっぱなしになっていたことから、

ヒロミさんが、いつ片付けるのか、
少々不機嫌に聞いたところ、

「今日は忙しいし、明日は予定があるから明後日!」

との返事が。

数秒で片付けられるやろう!!

(結局は、ヒロミさんが片付けられたそうです。)

三つ目は、

子どもが壁に落書きをしたのを見たヒロミさんが、
松本さんに、「壁に落書きしちゃダメ」と、
子どもに伝えておくように言ったところ、

なんと、翌日、壁に、

「らくがきしちゃダメ!!」

と、松本さんによって、
壁に落書きされていたのだとか。

凄すぎる天然ぶりですが、(天然で済ますのか?)
ヒロミさんの包容力(包容力というのか?)も、
凄すぎです♪

息子は?


そんなお二人の間には、
2人の息子さんがいらっしゃるのですが、

長男の小園凌央(こぞの りょお)さんは、
現在、俳優・タレントとして活動されており、

(小園はヒロミさんの苗字です)

次男は現在高校生で、
まだ、芸能活動はされていないようです。


長男の小園凌央さん(中央)の成人式を控えた家族ショット♪

長男は松本さん似、次男はヒロミさん似ですが、
息子さんはお二人とも、なかなかのイケメンですね♪

さて、いかがでしたでしょうか?

デビューされた時は、「伊代はまだ16だから~」
と歌っておられた松本さんも、ついに、50代の大台に!

それでも、以前と変わらぬ、
可愛らしさと、場を和ませる天然ぶりは健在。

これからも、
永遠のアイドルでいてほしいですね♪

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ