二代目中村吉右衛門の若い頃は?年齢は?家系図は?妻は?娘は?鬼平?

Sponsored Link

人間国宝の歌舞伎役者、二代目中村吉右衛門(にだいめ なかむら きちえもん)さん。「勧進帳」「義経千本桜」などでの武蔵坊弁慶役を得意とされる一方で、時代劇「鬼平犯科帳」では、主人公長谷川平蔵役を演じ、お茶の間の人気者になられました。


年齢は?出身は?身長は?本名は?家系図は?

中村さんは、1944年5月22日生まれ、
東京都千代田区のご出身、

身長178センチ、
体重80キロ、

血液型はB型、

本名は、藤間久信(出生時)から、
⇒波野久信⇒波野辰次郎(初代の本名と同じ名)と改名、

学歴は、
早稲田大学第一文学部仏文学科中退、

ちなみに、
お父さんは、初代松本白鸚さん、
養父は、初代中村吉右衛門さん、
お母さんは、藤間正子さん(初代中村吉右衛門の娘)
お兄さんは、二代目松本白鸚さん、
と、歌舞伎一家です。

襲名

中村さんは、八代目松本幸四郎さんの、
次男として生まれたのですが、

母方のおじいさんである、
初代中村吉右衛門さんの養子となられると、

初代中村吉右衛門さんと中村さん。

1948年、4歳のとき、
東京劇場「御存俎板長兵衛」(ごぞんじまないたちょうべえ)の、
長松役で、初舞台を踏み、中村萬之助を襲名。

1953年、当時9歳の中村さん。

そして、7年後の、
1955年、11歳の時には、

「山姥」の怪童丸役の演技が高く評価され、
「第8回毎日演劇賞演技特別賞」を受賞。
一躍天才歌舞伎役者として注目を集めたのでした。

その後、1966年には、
帝国劇場「金閣寺」の此下東吉役、
「積恋雪関扉」(つもるこいゆきのせきのと)の義峯少将宗貞役で、
二代目中村吉右衛門を襲名されています。

鬼平犯科帳

また、中村さんは、歌舞伎だけではなく、
テレビドラマにも出演。

1989年、「鬼平犯科帳」で、
主人公、長谷川平蔵役を演じられると、

それ以降、2016年に完結するまで、
連続ドラマ、単発ドラマを合わせて、
149作も続く大ヒットシリーズへと導かれたのでした。

この物語は、江戸時代後期に、
盗賊たちから「鬼の平蔵」として恐れられた、
長谷川平蔵の活躍を描いているのですが、

原作者の池波正太郎さんは、中村さんの実のお父さん、
松本白鸚(八代目松本幸四郎)さんを、
鬼平のモデルにされていたそうで、

実は、中村さんは、40歳の時、
一度、鬼平のオファーを受けたものの、

まだ40歳のときは若造で、
鬼平の池波宣誓や、実父のような大人のイメージが強く、
とても僕にはできないと・・・

との理由で断られています。

ただ、45歳の時に、
再びオファーを受けると、

鬼平さんは実録でも45歳で役職についたという記録があって、
これを頼りにやってみたらどうかなとお引き受けしました。

と引き受けられ、その後、28年間に渡り、
鬼平を演じ続けられています。

中村さんは、そのことについて、

(スタッフが)家族的な感覚で撮ってくださってくれた。
すばらしい人たちに囲まれたこの28年間感謝のほかありません。

と、感無量のご様子で、
振り返っておられました。

妻は?

そんな中村さんの、
気になるプライベートなのですが、

中村さんは、1975年(当時31歳)、
山本知佐さん(当時19歳)という方と結婚されています。

昭和50年5月30日。中村さんと山本さん。

知佐さんは、中村さんのお母さんである、
藤間正子さんの遠縁にあたるそうですが、

知佐さんにとって、
正子さんは、憧れの存在だったそうで、

そんな正子さんから、

「お嫁に来ない?」

と、言われた山本さんは、思わず、

「はい、行きます」

と、答えられことがきっかけだったとか。

ちなみに、中村さんは、
タバコの箱の銀紙で指輪を作って、
山本さんにプロポーズされたそうで、

オリジナルで素敵なプロポーズですね♪

娘は?

そして、お二人の間には、
4人の娘さんが誕生しているのですが、

四女の方は、波野瓔子(なみの ようこ)さんといい、
宝飾店の「和光」に勤務されていたそうで、

2013年、歌舞伎俳優の、
尾上菊之助さんと結婚され、

2013年に男の子、
2014年に女の子を出産されています。

(上の3人の娘さんについては情報がなく、
 何をされているのか分かりませんでした。)

(左から)尾上菊五郎さん、尾上菊之助さん、
波野瓔子さん、中村吉右衛門さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

四女の波野さんの一人目の男の子は、
当然、「音羽屋」(尾上さんの屋号)を、
継ぐものと思われますが、

中村さんは、二人目も男の子なら、
「播磨屋」(中村さんの屋号)を、
継いでもらいたいと期待されていたとか。

中村さんご自身、男の子がいなかった、
おじいさんの養子になっていることから、

もしこのまま、男の子が生まれなければ、
近々、中村さんも養子を取られるかも、

今後の中村さん(「播磨屋」)からも、
目が離せそうにありません!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ