内田裕也!昔は?若い頃はロカビリー歌手だった!年齢は?ビートルズ?

Sponsored Link

「シェキナベイベー」が決め台詞のミュージシャン、内田裕也(うちだ ゆうや)さん。日本がまだ歌謡曲中心だった1960年代から、いち早くロカビリーやロックを音楽シーンに取り入れ、1970年代には、当時まだ難しかった、海外アーティストの来日に尽力されるなど、裏方的な仕事でも才能を発揮されました。




プロフィール!


内田さんは、1939年11月17日生まれ、
兵庫県西宮市のご出身です。

身長174センチ、

学歴は、
大阪府立旭高等学校中退、

だそうです♪


ロカビリーに目覚める


内田さんは、少年時代、
生徒会長を務められるなど、
真面目で勉強熱心な生徒だったそうですが、

エルヴィス・プレスリーに憧れ、
高校を中退すると、夜間高校に転校。

音楽で生きていくことを、
決心されたのでした。

そして、高校中退後の1957年、
バンド・ボーイとして、
音楽生活を開始されると、

どのような経緯で、
知り合われたのかは分かりませんでしたが、

ほどなくして、佐川満男さんととともに、
ロカビリーバンド「ブルー・キャップス」を結成。


デビュー当時の内田さん。

そして、翌年の1958年には、
ご自身のバンド「ブルージーン・バップス」を結成し、
1962年には、「渡辺プロダクション」に所属。

「日劇ウエスタンカーニバル」に初出場されるなど、
本格的に音楽活動を開始されたのでした。


独自の道を行く


ところで、当時の日本の音楽シーンは、
歌謡曲が主流だったのですが、

内田さんは、そんなことなど、どこ吹く風と、
プレスリーのカバーばかりされていたそうで、

内田さんは、そのときのことを振り返り、

ナベプロのほうからは、いわゆる、
普通の歌を唄わせようとしたこともあったけど、
俺はヤんないッていってた。

と、明かしておられます。

その後、内田さんは、
他のバンドにヴォーカルとして参加されたり、

1963年には、
「ザ・ヒットパレード」
「パント・ポップショー」

などのテレビ番組に出演。


右が内田さん。左は尾藤イサオさん。

翌年の1964年~1965年には、
プレスリーの他に、チャク・ベリー、ジーン・ヴィンセント、
ファッツ・ドミノのカバーなどをリリースされています。

ビートルズの前座?


そして、1966年には、
「ビートルズ」来日公演にあたり、

他のバンドのメンバーたちと、
特別編成のバンドを組み、

「ウェルカム、ビートルズ」という曲を、
前座として披露されています。


「ウェルカム・ビートルズ」より。内田さんと尾藤イサオさん。

ちなみに、内田さんは、後に、

なぜ、外人の前に、日本のバンドが出ると、
前座といわれるのか? 

冗談じゃねェ。

こっちは、本気でロックンロールしてるんだゼ。
負けてたまるか!

と、おっしゃっていました♪

「ザ・タイガース」を発掘


また、同年、内田さんは、
大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」に出演された際、

「ザ・タイガース」の前身である、
「ファニーズ」を発掘。


「ザ・タイガース」

「ファニーズ」は、
内田さんのはからいで渡辺プロに所属し、

「内田裕也とタイガース」として、
内田さんのバックアップのもと、
活動をスタートするのですが、

「ザ・タイガース」を、
アイドルバンドとして売り出したい事務所と、
内田さんの間には、次第に軋轢(あつれき)が生じます。

また、音楽フェスのプロデュースなど、
裏方に徹したい内田さんを、
事務所は理解することができず、

1967年、ついに、内田さんは、
退社を余儀なくされるのでした。


ヨーロッパを放浪


事務所退社後の内田さんは、
ヨーロッパに渡り、様々な国を放浪されたそうで、

クリーム、ジミ・ヘンドリックス、
ピンク・フロイド、ジャニス・ジョプリンなどの
新しいロックに衝撃を受け、再び生気を取り戻します。

そして、帰国後に、後の、
「フラワー・トラベリン・バンド」となる、
「フラワーズ」を結成されるも、
1973年に活動休止すると、

内田さんは、以降、
ソロに転向されています。


「フラワー・トラベリン・バンド」右端が内田さん。
左端は故・ジョー山中さん。



その他の活動


その一方で、1970年代には、
ロックフェスの主催や、
海外アーティストの招聘に力を注ぎ、

ジェフ・ベックやニューヨーク・ドールズなどの、
来日に尽力。

また、1970年代後半からは、
音楽活動以外も、

「嗚呼!おんなたち 猥歌」で、
映画に出演されたり(初出演で主演)、


「嗚呼!おんなたち 猥歌」より。

「コミック雑誌なんかいらない!」
「魚からダイオキシン!!」
「エロティックな関係」

では、主演の他、脚本も担当されるなど、
映像の分野でも活動されています。

さて、いかがでしたでしょうか?

2014年には、内田さんの決め台詞、
「シェキナベイベー(Shake it up Baby)」
をタイトルとした楽曲が、

「HKT48」の指原莉乃さん主演の、
映画「薔薇色のブー子」の主題歌として、
「内田裕也beat.指原莉乃」名義でリリースと、

今なお、守りに入らず、
新しいことに挑戦し続けている内田さん。

いつまでも若々しい内田さんですが、
なんと、すでに80歳目前。

お体には十分に気をつけて、
これからも、その「ロックンロール」魂を、
持ち続けてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ