ウッチャンナンチャン!ウリナリ!やるならやらねばで事故?

Sponsored Link

1990年代、絶大な人気を博したお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」こと、内村光良(うちむら てるよし)さんと、南原清隆(なんばら きよたか)さん。数々の冠番組で高視聴率を記録し、バラエティ番組の黄金期を支えました。




コンビ結成


内村光良さんと南原清隆さんは、1985年、
「横浜放送映画専門学院」(現在の日本映画大学)で知り合われ、
お互い、大林宣彦監督の映画が好きなことから意気投合。

その後、漫才の講義で一緒に組んだことがきっかけとなり、
コンビを結成されます。

すると、お二人はすぐに才覚を発揮。
この時、講師を務められていた、
漫才師の内海桂子さんと内海好江さんに、
才能を見抜かれ、

お二人の勧めで、「マセキ芸能社」所属の、
タレントとなられたのでした。

そして、翌年の1986年、
「お笑いスター誕生!!」に出演され、
本格的に芸能活動をスタートされると、

1987年には、専門学校の同級生だった、
出川哲朗さん、入江雅人さんとともに、
劇団「SHA・LA・LA」を結成し、俳優としても活動。

内村さんは、脚本や演出もされていたとのことで、
お芝居の才能もお持ちだったのですね。


冠番組が軒並み高視聴率を記録


そんなお二人は、1988年、
深夜のバラエティ番組「夢で逢えたら」に出演されると、
たちまち話題に。


(左から)浜田雅功さん、内村さん、野沢直子さん、
南原さん、清水ミチコさん、松本人志さん。


1990年には、バラエティ番組、
「ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!」がスタートし、

「夢で逢えたら」のテイストを盛り込みつつ、
ゲストを交えたコントで人気を博します。

そして、放送時間帯を変更して、
「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」
として、再スタートすると、

時事ネタやミュージシャン、人気ドラマネタを、
盛り込んだパロディーコントで、
高視聴率を記録したのでした。




「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」


その後も、お二人は、1996年~2002年まで、
バラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」
に出演されると、

1996年~1999年までのほとんどの回で、
視聴率が20%を超える超人気番組に。

また、1995年~2000年まで放送された、
「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!」
も、人気を博し、当時のテレビ朝日の看板番組になっています。

こうしてウッチャンナンチャンは、
老若男女、幅広い層から支持を得て、
お笑い界の頂点に君臨。

1990年代を代表するお笑いコンビとなり、
後輩芸人たちにも多大な影響を与えたのでした。




現在は?


そんなお二人も、近年は、
お二人そろってのテレビ出演はなく、
それぞれ、単独で活動。

内村さんは、
「世界の果てまでイッテQ!」
「内村さまぁ~ず
「痛快TV スカッとジャパン」
など、
ゴールデンタイムの番組を中心にレギュラー出演、


「世界の果てまでイッテQ!」より。内村さんとベッキーさん。

南原さんは、
お昼の番組「ヒルナンデス!」をはじめ、
司会業を中心に活動されています。


「ヒルナンデス!」より。水卜麻美アナと南原さん。


事故?


ところで、ウッチャンナンチャンを、
「事故」で、多くの方が検索されています。

一体何があったのでしょうか?

調べてみると、1993年6月24日、
バラエティ番組「ウッチャンナンチャンやるならやらねば!」の収録中、

ゲスト出演された香港のロックバンド「BEYOND」のヴォーカル、
黄家駒(ウォン・ガークィ)さんが、
高さ2メートル30センチのセットから転落し、頭部を強打。

救急車で都内の病院に搬送されるも、
「急性硬膜下出血」「脳挫傷」で意識不明の重体となり、
6月30日に亡くなっていたのです。


事故死した黄家駒さん。

この収録では、高さ2メートル30センチのセットの後ろに、
ベニヤ板の壁があったそうですが、

出演者である、渡辺正行さん、小宮孝泰さん、
なべやかんさんらがこの壁に寄りかかっており、

その体重を支えきれなくなったベニヤ板がはがれ、
足を滑らせた、黄さんと内村さんが、
ベニヤ板の壁を押し出す形で床に転落。

さらに、不運なことに、スタジオの床は、
カメラがすべりやすいように固くなっていることから、
黄さんは頭を強く打ち付けてしまったのでした。

(ちなみに、この時、内村さんも一緒に落ちてしまい、
 黄さんとともに救急車で搬送されますが、
 内村さんは、全治2週間の打撲で済んでいます。)

この後、フジテレビは番組制作を中止。
そのまま番組は打ち切りとなり、

ウッチャンナンチャンのお二人は、
過失がないにも関わらず、テレビ出演が激減。

ただ、その後、
1996年「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」
1998年「笑う犬の生活」

で、見事カムバックを果たされています。


「笑う犬の生活」より。

さて、いかがでしたでしょうか?

コンビ結成して以来、たちまちその才能を開花し、
一躍、お笑い界の頂点に立たれた「ウッチャンナンチャン」

冠番組で出演者が亡くなり、仕事が激減するなど、
決して順調満帆ではありませんでしたが、

それでもそれらの苦難を乗り越え、
今なお輝かれているのは、
まさに、お二人の実力の証。

これからも、楽しい番組を、
どんどん世に送りだして欲しいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ