井戸田潤の年齢は?身長は?小沢とスピードワゴンの前はマグニチュード!

Sponsored Link

2002年の「M-1グランプリ」で、初出場ながら決勝進出を果たし注目を集められた、お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤(いとだ じゅん)さん。その後、2004年には、「甘い言葉」ネタで大ブレイクし、以降、バラエティ番組に引っ張りだことなられました。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

井戸田さんは、1972年12月13日生まれ、
愛知県小牧市のご出身、

身長166センチ、
体重61キロ、

靴のサイズは25.5センチ

血液型はB型、

学歴は、
愛知県立小牧工業高等学校卒業、

趣味は、
美容、三国志、バイク、ダイビング、

特技は、
料理、水泳、

ちなみに、
井戸田潤は本名です。

コンビ「マグニチュート」として

井戸田さんは、高校卒業後、
お父さんの紹介で、地元愛知県内の、
大手企業に就職されたのですが、
お笑い芸人を目指され、約1年で退社。

その後、1994年4月、
「名古屋吉本養成所」に入学されると、

1年後の1995年4月、杉野弘樹さんと、
お笑いコンビ「マグニチュード」で、
デビューされています。

ちなみに、現在の相方、小沢一敬さんとは、
「名古屋吉本養成所」で知り合われるのですが、

井戸田さんのコンビ「マグニチュード」と、
小沢さんのコンビ「バツイチ」は、

Aリーグ(ネタ時間が7分~10分)と、
Bリーグ(ネタ時間が3分~5分)に別れた、
オーディション形式のライブで、

ともに、Aリーグの常連として、
1位と2位を競い合うほど、
すでにお笑いの才能を発揮されていたのでした。

名古屋吉本の期待の星として

そして、井戸田さんは、
「名古屋吉本養成所」を卒業後も、

「マグニチュード」として、
「なんばグランド花月」の舞台や、

「吉本印天然素材」「ピッカピカ天然素材!」
などのバラエティ番組に出演。

また、バラエティ番組「ミックスパイ+」では、
レギュラーを務められるなど、
名古屋吉本の期待の星として活躍されたのでした。

「マグニチュード」解散

その後、1997年、
井戸田さんは、杉野さんとともに上京。

アルバイトをしながら、
「銀座7丁目劇場」に出演されるなど、
お笑い活動をされていたのですが、

上京後、半年ほどで、
杉野さんが辞めてしまわれ、

「マグニチュード」は、
解散を余儀なくされてしまいます。

小沢さんを口説き続ける

そんなある時、井戸田さんは、
名古屋にいた小沢さんが、
コンビ別れを繰り返していると聞きつけ、

以前より、小沢さんとコンビを、
組みたいと思っていたこともあって、

1998年夏頃に、
小沢さんに声をかけられます。

しかし、小沢さんはというと、
あまり乗り気ではなかったそうで、

なんと、井戸田さんは、トラックをレンタルして、
名古屋まで、小沢さんを迎えに行かれると、

しばらくは、
小沢さんを家に住まわせ、

アルバイトの昼休みには、
小沢さんの昼食を作るため一度家に戻り、
その後、またアルバイト先に戻る、
という生活を続けられたのでした。

「スピードワゴン」結成

すると、そんな井戸田さんの熱意が、
小沢さんに通じたのか、

ついに、1998年12月、
井戸田さんと小沢さんは、
「スピードワゴン」を結成。

そして、ほどなくして、
お二人は、吉本を辞められると、

1999年5月、「ホリプロコム」
(当時のM2カンパニー)に移籍。

しばらくは仕事がない日々が続くも、
2002年には、「第2回M-1グランプリ」
決勝戦への敗者復活枠に初出場し、
見事、決勝進出を果たされます。

これをきっかけに、
「スピードワゴン」は知名度がアップ。

テレビ出演が増えたことで、
M-1決勝出場前のお給料が3000円だったのが、
一気に100倍の額になったのでした。

大ブレイク!

その後も、「スピードワゴン」の、
勢いは止まらず、

2003年には、「第3回M-1グランプリ」で、
敗者復活枠ではなく、決勝に進出、

2004年には、「爆笑オンエアバトル」の、
「第6回チャンピオン大会」でファイナル2位と、
次々と輝かしい戦績を残されると、

同年、コント「甘い言葉」で、
大ブレイク!

以降、「スピードワゴン」は、
バラエティ番組に引っ張りだことなり、
人気を揺るぎないものにされたのでした。

また、井戸田さんは、
コンビでの活動と並行して、ピンでも活動。

「ドデスカ!」
「ノンストップ!」
「解決!ナイナイアンサー」
「アイドリぃむ!TV」

などのバラエティ番組に、
レギュラー出演されています。

「アイドリぃむ!TV」より。

さて、いかがでしたでしょうか?

ピンで売れっ子になってからも、
2010年、2011年ともに、
「R-1ぐらんぷり」で準決勝進出、
2013年も、3回戦進出と、

コンビでの活動も続け、
結果も出しておられる井戸田さん。

コンビとして、ピンとして、
芸を極め続ける井戸田さんからは、
今後も目が離せません!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ