4.17甲子園バックスクリーン3連発!その後は?バース!掛布!岡田!佐野は?

Sponsored Link

4.17といえば、1985年4月17日
阪神甲子園球場での阪神-巨人2回戦
バース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発ですね。





この日は7回裏の時点で1-3と巨人がリードしていました。
7回裏2アウト、走者一二塁

3番ランディー・バース


まず、しょっぱなの、ランディ・バースの逆転3ランですが、
実はこの前の打席まで、15打数2安打、打率.133、本塁打0本
と絶不調で、普段はクールなバースが、ガッツポーズをしています。

掛布いわく、

開幕戦の広島戦でバースはまったく打てなかった。
バースは前の打席は引っかけて二ゴロ。
だから打ったときは興奮していて、
(ハイタッチした)手の痛みは今も覚えている

だそうです。

動画では、チームメイトとハイタッチする時も満面の笑みです(^^)
よっぽど嬉しかったんでしょうね。

この嬉しさがパワーになったのか、この年、バースは三冠王になります!!

4番掛布雅之


続く掛布は、前日にもホームランを打っていて、
調子は悪くなかったとは思うのですが、

バースの逆転3ランで、異常に盛り上がった甲子園の熱気の中、
舞い上がらず、よくホームランしたなぁと、感心します。

球場全体が続けという空気一色。
逆に勢いで打ってはいけない、
“槙原と掛布の勝負”をしようと思った

と語っています。
さすがは、掛布!

高めのストレートに差し込まれて、ホームランにはならないという感覚があった

それでも、打った瞬間は微妙だったようです。
ベタですが、やはり、甲子園の大声援のパワーが
後押しして、ホームランにしてくれたのでしょうか。

実はこのホームランは、バックスクリーンのやや左に入ったので、
広告の協賛会社からの賞金はもらえなかったそうです(^_^;)
かわいそう・・・

5番岡田彰布


ここまで打率.333と好調な岡田でしたが、

ヒットでいいという考えはなかった。
こうなったら本塁打を狙うしかないやろう。
絶対、スライダーしかない。

と、狙い通りのホームランだったことを後日語っています。

掛布の打席の時もすごい熱気だったと思いますが、
岡田の打席の時は、甲子園はお祭り騒ぎで、
逆によく集中して狙い通りホームランを打ったもんだーと
またまた感心します。さすが、岡田!

6番佐野仙好


そして、6番佐野。
ピッチャーは槙原に代わって鹿取になっていましたが、

当然のことながら、俺も!
と佐野もホームランを狙っていたそうです。

2ボールナッシングからの3球目。

ボコ!

平凡なショートゴロで終わってしまいました。

あのプリッとお尻を突き出した打撃フォームを思いだします。
佐野も打ちたかったでしょうね~


3連発食らった槙原寛己は・・・


3連発を食らった槙原いわく、

3連発を打たれた後、
王監督がもの凄い表情でマウンドに上がってきた


そして、その数カ月後に股関節付近の骨を骨折して入院。
ほんと、この年の槙原はふんだりけったりです。

ちょっと気の毒です。

ちなみに槙原は決して悪いピッチャーではありません。
それどころか、斎藤雅樹・桑田真澄と並んで、巨人の3本柱でした。

しかも、数少ない完全試合を成し遂げているピッチャーです。
完全試合は、日本プロ野球の歴史でたった15人しか達成していません。

ちなみに、1994年5月18日に槙原が完全試合を達成して以降、
21年間、まだ誰も達成できていません。

それに、槙原は、阪神との通算成績は38勝10敗と一番の得意球団だったそうです。

凄い記録を達成していながら、毎年この時期になったら、
バックスクリーン3連発の映像が流されるので、
その度に打たれたピッチャーとして、みんなに認識される。

ほんと気の毒です。

この年、1985年の成績


しかしこの時のタイガースの打力はすごかった。
ちなみに、この前日の1回戦でも、
掛布が1号ソロ、木戸が1号2ラン、真弓が3試合連発の3号2ラン
と3本のホームランが飛び交っています。

この日のスタメン打順は以下の通りでしたが、
この年、1985年の最終的な主要打撃成績も調べてみました。
        
1(右)真弓  打率.322 34本塁打 84打点
2(中)弘田  打率.296 5本塁打 22打点
3(一)バース 打率.350 54本塁打 134打点
4(三)掛布  打率.300 40本塁打 108打点
5(二)岡田  打率.342 35本塁打 101打点
6(左)佐野  打率.288 13本塁打 60打点
7(遊)平田  打率.261 7本塁打 53打点
8(捕)木戸  打率.241 13本塁打 32打点
9(投)工藤

すご過ぎますね。
真弓、バース、掛布、岡田、この4人の成績は
普通に4番バッターです。

しかも、かなり優秀な4番バッターです。
そりゃ、チームに優秀な4番バッターが4人もいたら強いですわ。


3連発のあとは?


3連発で大逆転!そしてダメ押し!
と快勝したイメージですが、

実は、この後、9回に
クロマティ、原辰徳の2連発のホームランで2点を返され、
6-5でからくも阪神が勝っています。

こんな感じで、この年は、「打たれても打ち返す」という
ノーガード野球で、日本一になっています。
今のところ、これが最初で最後の日本一ですが・・・

近年のタイガースはホームランは少なく、
どちらかというと、投手力とヒットを連ねるチームで、
比較的安定した成績を残していますが、

やはり、この時のような豪快な野球も楽しいですね。
今年のタイガースはどうでしょうか?!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ