山口百恵の生い立ちは?赤いシリーズで三浦友和と!婚約発表で引退!

Sponsored Link

1973年、2ndシングル「青い果実」で、たちまち人気が爆発した、歌手の山口百恵(やまぐち ももえ)さん。その後、「ひと夏の経験」「秋桜」「いい日旅立ち」「プレイバックpart2」など、数々のヒット曲を連発し、一時代を築かれましたが、人気絶頂の1980年、惜しまれながら芸能界を引退されています。




プロフィール


山口さんは、1959年1月17日生まれ、
神奈川県のご出身です。

血液型はA型、

出身高校は、
日出女子学園高等学校、

だそうです。


生い立ち


実は、山口さんは、
お父さんの愛人の子どもとして、
生まれ育ったそうで、

お父さんは、たまに家に来るだけで、
生活費は入れてくれず、生活保護を受ける、
貧しい生活をされていたそうです。

それでも、お母さんは、
山口さんと5歳年下の妹に、
深い愛情を注いでくれたそうで、

山口さんは、そんなお母さんに、
楽をさせてあげたいと、
芸能界入りを決意されたのでした。


スター誕生で芸能界入り


そして、山口さんは、
1972年、13歳の時、

オーディション番組「スター誕生!」で、
「回転木馬」という曲を歌い、見事、準優勝。


「スター誕生!」より。

約20社ほどの芸能事務所から声がかかり、
芸能界入りを果たされています。

そして、翌年の1973年4月には、
「としごろ」で映画デビューされ、

翌月の5月、同名の曲で、
アイドル歌手としてデビューされるのですが、
残念ながら、売上は芳しくなかったようです。


「としごろ」


ブレイク


しかし、1973年9月に、
セカンドシングル「青い果実」
をリリースされると、大ヒットを記録!


「青い果実」

というのも、ファーストシシングル「としごろ」のセールスが、
スタッフの期待以下の売上だったため、大きく路線を変更。

まだ、年端のいかない純粋な少女が、
性を思わせる大胆な歌詞を歌う、という、
イメージチェンジを図られたそうで、
この戦略が見事にはまったのでした。

そして、翌年の1974年6月に、
5枚目のシングル「ひと夏の経験」をリリースされると、
山口さんの人気は絶頂に達したのでした。


「ひと夏の経験」


赤いシリーズで三浦友和と


その一方で、山口さんは、
女優としても活動されており、

1974年には、映画「伊豆の踊子」で、
初の主演に抜擢されると、
その演技は高い評価を得ます。


「伊豆の踊子」より。三浦友和さんと山口さん。

また、相手役には、新鋭俳優だった、
三浦友和さんが抜擢されたことで、
瞬く間に評判となり、

翌年の1975年には、
映画「潮騒」、テレビドラマ「赤いシリーズ」で、
立て続けに共演。


「赤い衝撃」より。三浦さんと山口さん。

特に、この「赤いシリーズ」は、
高視聴率を記録し、
1980年まで続いたことで、

山口さんと三浦さんは、
ともに絶大な人気を博し、

「ゴールデンコンビ」
と呼ばれるようになったのでした。


「横須賀ストーリー」でイメチェン


そんな山口さんは、
歌手としても、相変わらずの人気を誇り、

1976年、13枚目のシングル
「横須賀ストーリー」からは、


「横須賀ストーリー」

宇崎竜童・阿木燿子夫妻の作品を、
歌っているのですが、

「早熟な少女」から、
「自分の意志を持ち、潔く今を生きる女性」
という路線変更に見事成功され、

その後も、
1977年7月「イミテイション・ゴールド」
1978年5月「プレイバックPart2」
1979年9月「しなやかに歌って」
が大ヒットを記録。


「イミテイション・ゴールド」

実は、山口さんは、「ひと夏の経験」で、
大ブレイクを果たされたものの、

以降、「早熟な少女」というイメージがついて回り、
歌手活動への意欲が薄れ始めていたそうですが、

そんな時、1975年に発売された、
宇崎&阿木コンビの楽曲、
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を聞き、

自らお二人を指名し、
イメージの転換を図られていたのでした。


芸能界引退


こうして山口さんは、
歌手としても、女優としても、
確固たる地位を築かれたのですが、

人気絶頂だった、1979年10月20日、
大阪厚生年金会館のリサイタルで、

「私が好きな人は、三浦友和さんです」

と、突然、三浦さんとの恋人宣言をされ、

翌年の1980年3月7日には、
三浦さんとの婚約を発表。



そして、同時に、

「我儘な生き方を私は選びました。
(中略)お仕事は全面的に、引退させて頂きます」

と、芸能界引退も発表されたのでした。

これを受けて、同年10月5日には、
日本武道館でファイナルコンサートを開催、

翌日の10月6日には、
歌番組「夜のヒットスタジオ」で、
引退特集が組まれたのでした。


「夜のヒットスタジオ」より。
(左から)井上順さん、山口さん、芳村真理さん。


ちなみに、現役歌手として、
最後のテレビ生出演となった特別番組、

「山口百恵スペシャル ザ・ラスト・ソング」
(10月13日放送)の視聴率は、
なんと、27.1%!

山口さんが、どれだけ、
注目されていたかが分かりますね~


「山口百恵スペシャル ザ・ラスト・ソング」より。
(左から)太田裕美さん、和田アキ子さん、山口さん、桜田淳子さん。


さて、いかがでしたでしょうか?

10代で頂点を極め、21歳という若さで、
芸能界を引退された山口さん。

一般的には、結婚引退した芸能人は、
離婚や子育てが終わった後に、
復帰される人が多いのですが、

山口さんは、芸能界引退後40年近く、
芸能界とは一定の距離を置かれ、
メディア出演もされていません。

もちろん、ご主人の三浦さんとの、
関係は大きいとは思われますが、

これほど、潔く、かっこいい、
芸能人は見当たりませんね。

ちなみに、2011年には、
「母が選ぶ理想の母」のアンケートで、
1位に選ばれている山口さん。

これからも、かっこい元芸能人お母さんの、
お手本であり続けて欲しいですね!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ