薬丸裕英!身長は?はなまるでは岡江久美子と不仲だった?

Sponsored Link

1982年、「シブがき隊」でアイドル歌手デビューされ一躍人気を博した、薬丸裕英(やくまる ひろひで)さん。「シブがき隊」解散後は、タレントとして活動されていましたが、1996年には、情報番組「はなまるマーケット」で司会に抜擢され、新境地を開かれました。




プロフィール!


薬丸さんは、1966年2月19日生まれ、
東京都武蔵野市のご出身です。

身長170センチ、
体重53キロ、

血液型はB型、

学歴は、
明大付属中野高校中退、

趣味は、
アニメ、将棋、ドラム、英会話、
日曜大工、競馬、プロ野球観戦、
サッカー観戦、草野球、ゴルフ、
インラインスケート、水泳、ボクシング、

だそうです♪


スカウトでジャニーズ事務所入り


薬丸さんは、中学3年生の時、友達から、

ジャニーズ事務所の書類審査に通ったけど、
一人じゃ心細いから、一緒にオーディションに行ってくれないか。

と頼まれて、
付き添いで行ったところ、

ジャニー喜多川社長から、

「君もレッスンを受けてみない?」

と、言われたことから、
ジャニーズ事務所に入られたそうです。

「仙八トリオ」?


その後、薬丸さんは、
1981年、高校1年生の時、

「2年B組仙八先生」で、
テレビドラマデビューを果たされると、


「2年B組仙八先生」より。

同ドラマで生徒役だった、
ジャニーズタレント4人のうち、

当時、高校1年生だった、
薬丸さん、本木雅弘さん、布川敏和さんが、
「仙八トリオ」として人気を博したことから、


(左から)本木さん、布川さん、薬丸さん。

同年、漫画雑誌「週刊セブンティーン」7月28日号で、
正式なグループ名と、3人の愛称を募集されたそうで、

9月1日号では、
グループ名を「シブがきトリオ」

そして、3人それぞれ、
薬丸さんを「ヤッくん」
本木さんを「モッくん」
布川さんを「フッくん」
と決定したのでした。


「シブがき隊」


そして、翌年の1982年には、
「シブがきトリオ」「シブがき隊」に改名し、

5月に、ファーストシングル、
「NAI・NAI 16」


「NAI・NAI 16」

7月に、セカンドシングル、
「100%…SOかもね!」をリリースすると、
いずれも、大ヒットを記録。


「100%…SOかもね!」

この年の12月には、
「第24回日本レコード大賞」で、
最優秀新人賞を受賞され、

「第33回NHK紅白歌合戦」にも、
初出場を果たされたのでした。

その後も、「シブがき隊」は、
1983年「挑発∞」
1984年「アッパレ!フジヤマ」
1985年「スシ食いねェ!」
1986年「トラ! トラ! トラ!」


「スシ食いねェ!」

とシングルをリリースすると、
立て続けにヒットを飛ばし、

「NHK紅白歌合戦」は、1986年まで、
5年連続出場を果たされています。


解散


しかし、そんな「シブがき隊」も、
1988年11月には解散。

メンバーの本木さんが、
自分に実力がないにもかかわらず、
熱狂的な人気を集めたことが怖くなり、

芸能界を辞めて、パリかどこかで、
皿洗いでもして一から出直したい。

と打ち明けられたのが、
きっかけだったそうで、

薬丸さんは、「シブがき隊」を、
深く愛していたことから、
続けたいと思われていたそうですが、

本木さんを引き止めることはできず、
「解散」となったのだそうです。

ちなみに、布川さんは、
本木さんに理解を示され、
解散に賛成されていたそうです。

解散後


「シブがき隊」解散後も、
しばらくは、ジャニーズ事務所に残り、
タレントとして、単独で活動されていた薬丸さんですが、

その1年後の1989年には、
事務所を「ノースプロダクション」に移籍。

その後も、タレント、俳優として、
バラエティ番組やテレビドラマに出演されましたが、
その活動はあまりパッとしなかったようです。


はなまるマーケット


そんな中、薬丸さんは、1996年、
情報番組「はなまるマーケット」の司会に、
岡江久美子さんとともに、大抜擢!



この番組は、生活に役立つ情報を取り上げた、
主婦向けの番組なのですが、

薬丸さんは、家庭、育児、食事、生活全般にわたり、
主婦目線に立った、生活感あふれるトークで、
人気を博し、新境地を開拓。

岡江さんとともに、2014年まで、
17年もの間、朝の顔として活躍されたのでした。


岡江久美子と不仲だった?


そんな長寿を誇った「はなまる」ですが、
薬丸さんと、岡江さんの不仲説がうわさされています。

もちろん、ご本人たちは、
この不仲説を否定しているのですが、

収録後に口論になることが数多くあり、
なんと、番組中にも、机の下で、
足を蹴り合っていたこともあったとか。
(と、週刊誌には書かれていました。)

というのも、きめ細かい性格で、
演出にこだわる薬丸さんに対し、

岡江さんは、大ざっぱで、思ったことを、
そのまま顔や言葉に出すところがあり、

同じ司会者という立場ながら、
意見の食い違いは、常にあったのだとか。

それでも、番組は、長きに渡り、
高視聴率をキープしていたのですから、
お二人のプロ意識は大したものですね。


視聴率低迷による打ち切り


しかし、そんな「はなまる」も、
近年は、視聴率が5%以下になるなど低迷し、
ついに、2014年3月28日で打ち切りに。

ただ、薬丸さんにとって、
この話は寝耳に水だったとのことで、

「50歳までやりたかった」

と、ショックを隠しきれなかったそうです。

しかも、一部報道では、
薬丸さんよりも早く、岡江さんだけ、
親しいディレクターから、
番組終了を聞いていたとのことで、

このことを知った薬丸さんは、
激怒したと言われています。

というのも、岡江さんは、親の介護もあり、
体力的にもきつくなってきたため、
5年ほど前から番組降板を希望していたそうで、

岡江さんを休ませるため、
金曜日の放送は録画にするなど、

薬丸さんからすれば、
協力してきた立場だっただけに、
余計に腹立たしかったのでしょう。

薬丸さんは、ついには、

「まさか岡江さんが降りるから終了になったんじゃないよね」

とまで言われたそうです。

番組の終了という大事な話を、
不仲のパートナーが先に知っていたなんて、
薬丸さんのお気持ちも分かりますね。

それでも、薬丸さんは、
番組最終回では、

30歳という年齢で始めさせてもらって、
朝の時間帯にふさわしくない私を、
温かい目で見守り、育てて下さり、
ありがとうございました。いつも心に、はなまるを。

と、感謝の気持ちを述べ、
涙ぐまれたそうで、



さすがに、不仲だった岡江さんとの、
机の下での蹴り合いは否定されたものの、

でも、我々も助けられた部分もあるんですよ。
17年間の中で(岡江との関係で)
浮き沈みが正直あったワケですよ。

こうなって(下がっている)いる時に、
その記事が出て、そこから視聴率が良くなったんですよ。

と、明かされると、

岡江さんも、

あの記事ね、本当は私達が流したの!

と、ノリノリで応えられ、

最後は、終始、和気あいあいとした、
和やかな雰囲気の中、息のピッタリあった、
掛け合いを見せられたのでした。



さて、いかがでしたでしょうか?

「はなまる」が終了したことで、
ほっと一息つかれると思いきや、

直後の、2014年3月31日からは、
またまた、朝の情報番組「なないろ日和!」で、
香坂みゆきさんと司会を担当される薬丸さん。

やっくん働きますね~

お体には気をつけて、
頑張ってほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ