ガッツ石松の娘は?息子は?ボクシング元世界チャンピオン!

Sponsored Link

元WBC世界ライト級チャンピオンで、引退後はタレント・俳優に転身された、ガッツ石松(ガッツ いしまつ)さん。「OK牧場」のギャグなどで、タレントとして人気を博す一方、俳優としては、「おしん」「北の国から」などに出演。またハリウッド映画「ブラック・レイン」「太陽の帝国」にも出演されています。




プロフィール!


ガッツさんは、
1949年6月5日生まれで、
栃木県上都賀郡粟野町(現在の鹿沼市)のご出身、

身長は172センチ、

だそうです♪


貧しい子供時代


ガッツさんは、
貧しい家庭で生まれ育ったため、

小学3年生で、新聞配達をされ、
放課後は農家の手伝いをして、
家計を支えられたそうです。

そして、中学生になると、
学校の体育教師になることを、
夢見られたそうですが、

そんな家庭の経済事情から進学を断念。
中学卒業と同時に上京されたのでした。


ボクシングの世界へ


その後、詳しい経緯は分かりませんでしたが、
ボクシングに出会われたそうで、

1966年3月、「ヨネクラジム」に入門されると、
ボクシングの練習に打ち込まれるように。

ガッツさんはその当時を振り返り、

学歴もなく、転職ができるわけでもなく、
自分を出せる場はボクシングしかありませんでした。

と、語っておられます。

WBC世界ライト級チャンピオン


そして、1966年10月に、
プロテストに合格されたガッツさんは、

同年12月には、
1回KO勝ちでプロデビュー、

1969年には、
「全日本ライト級」で新人王、

1972年には、
「東洋ライト級」チャンピオン、
と勢いに乗り、

ついに、1974年4月、
「WBC世界ライト級」で、
メキシコのロドルフォ・ゴンザレスに、
8回KO勝ち(連続5回攻防)し、
見事、世界チャンピオンとなられたのでした。


ガッツ石松さんがチャンピオンになった瞬間。

また、翌年の1975年に東京体育館で行われた、
元WBA・WBC王者ケン・ブキャナン(イギリス)
との防衛戦では、3対0と判定勝ちをし、
この月のWBC月間MVPを獲得。

この勝利で、ガッツさんの評価は、
揺るぎないものとなったのでした。


転落~引退~


しかし、1976年には、
プエルトリコのエステバン・デ・ヘススに、
15回判定で敗れ、王座から陥落。

翌年の1977年には、
「WBC世界ジュニアウェルター級王座」
に挑戦されるものの、
タイのセンサク・ムアンスリンに6回KO負け。


センサク・ムアンスリン戦。

そして、1978年には、
新井容日に判定負けしていしまい、

ついに、同年、ガッツさんは、
引退を決意されたのでした。


芸能界へ


そんなガッツさんは、
ボクサー引退後は、芸能界入りされます。

ただ、ボクシングでは世界チャンピオンでも、
芸能界では一年生。

楽屋への挨拶では、
子役のところにまで行かれ、

セリフを覚えたことも、
演技をしたこともなかったガッツさんは、

なかなか覚えられないセリフも、
本番間近まで必死で覚え、

誰も読まないバラエティ番組の脚本にも、
しっかり目を通すなど、
努力を重ねられたのでした。

それでも、バラエティでは、
ケーキを顔に塗られたり、
馬鹿な役をやらされたことで、

「チャンピオンも引退したら悲惨だね」

と、心無い言葉を言われることも多々・・・

「おしん」


しかし、そんなガッツさんも、
1983年、NHKドラマ「おしん」で、
いきなり、セリフの多い役に大抜擢!

実は、原作者の橋田壽賀子さん、
直々の指名だったそうで、

カッツさんは、なぜ自分を選んでくれたのか、
橋田さんに聞いたところ、

橋田さんは、

あんた一生懸命やってるじゃない。
普通、ボクシングのチャンピオンでこの業界に来ると、
みんな天狗で鼻持ちならないのよね。

あんたはチャンピオンのガッツ石松じゃなくて、
役者の、芸人のガッツとして頑張った。

だからこの役はガッツ石松のために用意したのよ。
あんたが一生この業界で食っていけるように。

と答えられたそうで、

ガッツさんは、思わず、
ひと目もはばからず泣いたといいます。

見てくれてる人って、
いるんですね~

こんな話を聞くと、
ガッツが湧いてきますね♪

出演作品


それでは、ここで、
ガッツさんの出演作品の一部を、
ご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1984年「新・大江戸捜査網」
1985年「ただいま絶好調! 」
1986年「はね駒」
1987年「セーラー服反逆同盟」
1988年「ラーメン横町・女たちの危険な午後」

1989年「春日局」
1990年「日本一のカッ飛び男」
1993年「並木家の人々」
1994年「織田信長」
1997年「ウルトラマンティガ」


「ウルトラマンティガ」より。

2000年「ラーメン刑事「龍」の殺人推理」
2003年「ブラックジャックによろしく」
2004年「農家のヨメになりたい」
2005年「はるか17」
2006年「水戸黄門」

2008年「風のガーデン」
2011年「クリスタル」
2012年「孤独のグルメ」
2013年「最高の離婚」
2014年「獣医さん、事件ですよ」
2015年「まれ」


「まれ」より。塚地武雅さんとガッツさん。

映画では、

1983年「日本海大海戦 海ゆかば」
1985年「刑事物語 くろしおの詩」
1986年「時計 Adieu l’Hiver」
1987年「塀の中のプレイ・ボール」
1988年「太陽の帝国」

1989年「ブラック・レイン」
1990年「カンバック」
1991年「仔鹿物語」
1992年「ミンボーの女」
2000年「スペーストラベラーズ」


「ブラック・レイン」より。ガッツさんと内田裕也さん。

2001年「親分はイエス様」
2003年「銃声 LAST DROP OF BLOOD」
2004年「歌舞伎町案内人」
2005年「シベリア超特急5」
2006年「WARU」

2007年「五重塔」
2008年「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
2009年「Blood ブラッド」
2010年「学忍」
2011年「罪と罰」


「罪と罰」より。

と、本当に数多くの作品に出演されており、
橋田さんの言われたとおりになりましたね♪


娘は?息子は?


ところで、ガッツさんを、
「娘」「息子」で、
多くの方が検索されているようです。

調べてみると、ガッツさんには、
娘さんが一人おられ、

現在、タレント、歌手、ラジオパーソナリティとして、
活動されている、鈴木佑季(すずき ゆき)さん。

佑季さんは、「ガッツ石松の娘」として、
タレント活動をしながら、

ロックバンド「Wishful BLank」の、
ヴォーカルを務められているとのことでした。

ちなみに、ガッツさんには、
息子さんはいらっしゃらないようです。


父娘のツーショット♪ 
それにしても全然似てませんね(^_^;)


さて、いかがでしたでしょうか?

ボクシングでは世界チャンピオンに輝き、
引退後も、見事、芸能界で成功されたガッツさん。

2016年には、「ラクスル」のCMに出演され、
その老化ぶりが話題となりましたが、
ガッツさんも、2017年で68歳。

これからもお体には十分気をつけて、
頑張ってほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ