渡哲也!若い頃は歌も?大都会!西部警察!石原プロの社長だった!

Sponsored Link

1965年、映画「あばれ騎士道」で華々しくデビューされた、俳優の渡哲也(わたり てつや)さん。「大都会 PARTII」「大都会 PARTIII」「西部警察」シリーズなどのテレビドラマで主演を務められ、アクションスターとして絶大な人気を博しました。




プロフィール!


渡さんは、1941年12月28日生まれ、
兵庫県淡路島のご出身です。

身長180センチ、

血液型はB型、

出身大学は、
青山学院大学経済学部、

趣味・特技は、
ゴルフ、空手(2段)、柔道(初段)、焚き火、

だそうです♪


スカウトで芸能界入り


渡さんは大学生の時、弟の渡瀬恒彦さんと、
空手部に所属していたのですが、

渡瀬さんと空手部の仲間達が、
浅丘ルリ子さん主演100本記念映画の、
相手役となる新人「ミスターX」(日活)の募集に、
渡さんの書類を内緒で応募。

それを知った渡さんは、
激怒されたそうですが、

就職を希望されていた、
日本航空の整備士社員の、
採用試験が不合格だったことや、

友達から、

「撮影所に行けば、石原裕次郎に会えるかも知れない」

と言われたことから、
日活撮影所を訪問すると、

そこでスカウトされたそうで、
1964年、日活へ入られたのでした。

デビュー作で新人賞を受賞


すると、翌年の1965年には、
映画「あばれ騎士道」で、
いきなり主演デビューし、
「エランドール賞新人賞」も受賞。


「あばれ騎士道」より。
(左から)松原智恵子さん、宍戸錠さん、渡さん。


高橋英樹さんに続くスターを輩出したい、
日活の猛プッシュの元、渡さんは、
華々しく、芸能生活のスタートを切ったのでした。


日活のアクション・スターへ


そして、この年、

「青春の裁き」(1965.4.14)
「真紅な海が呼んでるぜ」(1965.7.3)
「泣かせるぜ」(1965.10.1)
「拳銃無宿・脱獄のブルース」(1965.12.4)
「赤い谷間の決斗」(1965.12.29)
「星と俺とで決めたんだ」(1965)


「真紅な海が呼んでるぜ」より。

と、続けざまに、
映画への出演を重ねられると、

翌年の1966年、映画「東京流れ者」では、
アクションシーンも見事にこなしたうえ、
主題歌「東京流れ者」も歌われ、


「東京流れ者」

1968~1969年には、

「無頼より 大幹部」(1968.1.13)
「大幹部・無頼」(1968.4.28)
「大幹部・無頼非情」(1968.8.1)
「無頼・人斬り五郎」(1968.11.2)
「無頼・黒ヒ首」(1968.12.28)
「無頼・殺せ」(1969.3.15)


「無頼より・大幹部」より。渡さんと松原智恵子さん。

と、「無頼」シリーズ6作品に出演。

渡さんは、このシリーズ中も、
アクションを披露され、
一躍、日活ニューアクション時代の、
スターへと登りつめたのでした。


日活退社~石原プロへ~


しかし、1971年、日活が、
ロマンポルノに路線を変更したことにともない、
同年、渡さんは日活を退社。

その後、東映などの映画会社数社から、
声がかかるのですが、

渡さんは、石原さんへの尊敬の念もあり、
借金で倒産寸前だった「石原プロモーション」へ入社。

1971年「さらば掟」
1972年「追いつめる」
1973年「ゴキブリ刑事」
     「野良犬」



「ゴキブリ刑事」より。渡さんと加賀まりこさん。

などの松竹、東宝の映画や、

1971年4月~1972年3月「あまくちからくち」
1972年「忍法かげろう斬り」


「あまくちからくち」より。
渡瀬恒彦さんと渡さん(兄弟初共演)。


などの連続ドラマに、
次々と出演されたのでした。


NHK大河ドラマ「勝海舟」で主演抜擢も、病気で降板


また、1974年には、
NHK大河ドラマ「勝海舟」で、
主演の勝海舟役に抜擢!


「勝海舟」より。丘みつ子さんと渡さん。

しかし、収録中、渡さんは、
「肋膜炎」を患い、入院されたことで、

第9回までしか出演することができず、
途中降板を余儀なくされます。

さらに悪いことは続き、
その後、風邪をこじらせると、
「急性肝機能不全症」を併発。

再び、9ヶ月の入院を、
余儀なくされてしまったのでした。


シングルが大ヒット


しかし、その一方で、
前年の1973年8月にリリースされた、
シングル「くちなしの花」のヒットチャートが、

1974年の年明けから上昇していき、
最終的には、1974年の、
年間シングルチャートで7位を記録。

オリコンセールスは、77.4万枚に達し、
(2002年までの累計で150万枚)
その年の「全日本有線放送大賞金賞」を獲得。

渡さんの体調も秋には回復され、
年末の「第25回NHK紅白歌合戦」には、
初出場を果たされたのでした。



ちなみに、この大ヒットの裏には、

渡さんが、大河ドラマ主演を降板し、
病室で悶々と療養するしかない状況を、
週刊誌で知った人たちが、

「励ましとともにレコードを買う」
という現象があったそうで、

渡さんが、この時、いかに、
国民的な人気があったが分かりますね。


東映からスカウトされるも・・・


そんな中、渡さんは、

「高倉健の次の東映の看板スターにしたい」

と、東映からスカウトされると、

渡さん自身も、

アクション映画をやりたい、
自分のキャラクターを活かしてくれるのは、
東映を置いて他にない。

と、強く東映入を希望され、
1975年には、東映に入るのでは、
ともうわさされたようです。

そして、同年2月には、
「仁義の墓場」で、東映作品に初出演で主演。


「仁義の墓場」より。田中邦衛さんと渡さん。

同作公開後、渡さんは、
当時の「東映」の岡田社長から、

今年はわが陣営に引き込んだ渡哲也君の、
“渡路線”を確立することだ。

と、プッシュ宣言までされたのですが、

「仁義の墓場」撮影終了後、再び、病に倒れられ、
結局は、「東映」と専属契約を結ぶには、
至らなかったのでした。

高倉健、菅原文太と夢の共演?!


ちなみに、「東映」は、
「東映スター渡」をイメージ付けようと、

同年4月には、
「大脱獄」高倉健さんと、

翌月の5月には、
「県警対組織暴力」で、
菅原文太さんと共演させ、

6月には
「スーパー・アクション/強奪」

8月には、
「日本暴力列島・北九州電撃戦」で、

主演を務めさせようとしていたのだとか。

ただ、残念ながら、渡さんは、
高倉さんや菅原さんと共演することはなく、

1976年、東映の映画、
「やくざの墓場 くちなしの花」を最後に、
映画出演は一時的に撤退。

「石原プロ」の会社再建と経営安定のため、
テレビドラマに専念されたのでした。


「大都会」「西部警察」


こうして、本格的に、
テレビドラマへ進出した渡さんは、

「石原プロ」復帰第1作目の主演ドラマ、
「大都会 闘いの日々」が、

「大都会 PARTII」
「大都会 PARTIII」

とシリーズ化。


「大都会 PARTII」より。
(左から)松田優作さん、渡さん、石原裕次郎さん。


そして、「大都会」シリーズの終了後、
スタートした「西部警察」シリーズも、
5年間放送されるというロングヒット。


「西部警察」より。(左から)峰竜太さん、柴俊夫さん、
渡さん、小林昭二さん、舘ひろしさん。

この活躍から、渡さんは、
「石原プロ」の再建に貢献したということで、
副社長としても活動。

1987年、石原さんが亡くなると、
「石原プロ」の二代目社長に就任されたのでした。


石原プロの社長として


そんな渡さんは、
社長となって初の「石原プロ」制作作品、
「ゴリラ・警視庁捜査第8班」の第5話を撮影中、

ヘリから降りて全力失踪するシーンで、
ヘリから着地されると、左足に激痛が走ったのですが、
痛みをこらえながら撮影を続行。

しかし痛みがひかなかったことから、
翌日、病院で診察を受けられると、
「腓腹筋断裂」で全治1ヶ月の重傷、
と診断されてしまいます。


「ゴリラ・警視庁捜査第8班」より。
(左から)神田正輝さん、渡さん、舘ひろしさん、谷川竜太郎さん。


それでも、渡さんは、

アクションと怪我は紙一重、やるっきゃありません。

と、報道陣の前で撮影続行を宣言し、
実際、撮影は続けられたのですが、

この時の怪我が原因で、
現在も、後遺症が残ってしまっているそうです。

ガン告白、紫綬褒章、社長退任


渡さんは、その後も、
社長業と並行して、俳優としても、
映画やテレビドラマに出演されているのですが、

1991年には「直腸がん」であることを発表され、
「人口肛門」をつけておられることを告白。

それでも、テレビドラマを中心に、
衰えぬ活動を続けられ、
2005年には、「紫綬褒章」を受賞。

そして、2011年に、
「石原プロ」の社長を退任されたのでした。


社長退任を発表する渡さん。(右は小林正彦専務)

さて、いかがでしたでしょうか?

長きにわたり、アクションスターとして、
活躍してこられた裏では、
常に、病と闘ってこられた渡さん。

2015年6月には、「急性心筋梗塞」で、
またしても、手術を受けられたそうで、

同年11月には、CM撮影で仕事復帰され、
1年3ヶ月ぶりに公の場に姿を現されているのですが、
お体がとても心配されます。

これからも、お体を労りながら、
少しでも長く、活躍してもらいたいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ