愛川欽也の死因は?菅原文太とトラック野郎!アド街ックでギネス?

Sponsored Link

クイズ番組「なるほど!ザ・ワールド!」で、「はい!消えた~」の名セリフとともに、お茶の間の人気者だった愛川欽也(あいかわ きんや)さん。若い頃は俳優として芽が出ず、アニメの声優をされていたそうです。




プロフィール!


愛川さんは、1934年6月25日生まれ、
東京府東京市豊島区巣鴨
(現在は東京都豊島区巣鴨)のご出身です。

身長168センチ、

血液型はA型、

学歴は、
埼玉県立浦和高等学校、

趣味は、
絵画、住宅研究、旅行、ゴルフ、

特技は、
ハーモニカ、ドラム、

だそうです♪


俳優を目指すが芽が出ず・・・


愛川さんは、高校時代、
学校の目の前に映画館が出来たそうで、
フランス映画に夢中になり、
入りびたりになったそうです。

その為か、ご自身も、
俳優を目指し、高校を中退。

1954年には、「俳優養成所」に、
第3期生として入所し、研究生として、
演技を学ばれたのでした。


アニメの声優として


ただ、当初はまったく芽が出ず、
様々な職に就いて、生計を立てておられたのですが、

1962年、26歳の時に
アメリカのテレビドラマ「ルート66」で、

主人公のマーティン・ミルナーの、
吹き替えを担当されると、このドラマがヒット。


「ルート66」より。

以降、愛川さんは、
意欲的に声優活動をされ、

1967年「マッハGoGoGo」(覆面レーサー役)
1968年「妖怪人間ベム」(カール役)
1969年「ハクション大魔王」(石川二ヱ門半、それからおじさん役)


「ハクション大魔王」それからおじさん)


1970年「アタックNo.1」(浜紀中コーチ、梶岡役)
     「いなかっぺ大将」(ニャンコ先生役)
1971年「新オバケのQ太郎」(ヒョーロク役)


「いなかっぺ大将」ニャンコ先生

と、立て続けに、人気アニメで、
声の出演をされています。

また、近年では、1996年、
映画「ドラゴンボール 最強への道」において、

亀仙人の声を担当されていた、
宮内幸平さんが亡くなったことにより、
愛川さんが後任として引き継がれているのですが、

孫悟空の声を演じられている野沢雅子さんと、
「いなかっぺ大将」以来の共演ということで、
大きな話題となったのでした。


ラジオのパーソナリティで人気を博す


また、愛川さんは、1971年、
当時、若い世代を中心に人気を博していた、

ラジオ深夜番組「パックインミュージック」の、
パーソナリティに抜擢されると、

軽妙なフリートークがウケて、
「キンキン」の愛称で呼ばれる人気者に。

そして、勢いに乗った愛川さんは、
テレビ番組やCMにも少しずつ出演されるようになり、

1974年には、深夜番組「11PM」の司会に、
大橋巨泉さんと共に抜擢。


「11PM」より。愛川さんとかたせ梨乃さん。

この番組の司会は1986年まで務められ、
人気司会者として不動の地位を築かれたのでした。


映画「トラック野郎」を企画


こうして、司会者として、
才能を開花された愛川さんですが、

1974年からは、
俳優としても活動されるようになり、

1975年には、派手にデコレーションされた、
長距離トラックの運転手を主人公とした映画を企画。

これが、あの菅原文太さん主演の映画、
「トラック野郎」なのですが、


「トラック野郎」より。愛川さんと菅原さん。

愛川さんは、当時の東映の宣伝部長に、
原案を持ち込まれると、

お二人で、当時、入院中だった、
菅原文太さんを訪ね、オファー。

当初、菅原さんは、
乗り気ではなかったそうですが、

愛川さんが、

「2人で喜劇テイストでやろうよ」

と提案すると、意気投合。

そして、菅原さん演じる「星桃次郎」と、
愛川さん演じる「やもめのジョナサン」のコンビが、
主人公となったこの作品は、
大ヒットを記録したのでした。

クイズ番組「なるほど!ザ・ワールド」の司会


その後も、愛川さんの勢いは留まらず、
1981年には、クイズ番組、
「なるほど!ザ・ワールド」の司会に抜擢。


「なるほど!ザ・ワールド」より。愛川さんと楠田枝里子さん。

当初は、視聴率一桁台と苦しかったものの、
翌年の1982年には、
視聴率20%を超える人気番組に成長。

最終的には、15年後の1996年まで続く、
長寿番組となっています。


長寿番組


また、この他にも、
愛川さんの出演されている番組は、
長寿番組となることが多く、

1981年から、亀井刑事役として出演されていた、
「土曜ワイド劇場」の人気シリーズである、
「西村京太郎トラベルミステリー」は32年間、


「西村京太郎トラベルミステリー」より。
愛川さんと高橋英樹さん。


1995年から司会をされていた、
バラエティ番組「出没!アド街ック天国」は20年間、
続いています。


「出没!アド街ック天国」より。

(「出没!アド街ック天国」は、愛川さんが他界されたため、
 司会は井ノ原快彦さんに引き継がれていますが、
 番組は今もなお継続中です)

ちなみに、愛川さん自身も、
2014年、「出没!アド街ック天国」で、

「世界最高齢(80歳)の情報番組司会者」
として、ギネス世界記録に認定されています♪


「出没!アド街ック天国」でギネス世界記録に認定された愛川さん。


劇団を設立


そんな愛川さんは、2000年には、
劇団「キンキン塾」を設立。

2001年に、「居酒屋はな」で、
旗揚げ公演を行われて以降、
年1回のペースで上演されているのですが、

この舞台公演では、愛川さんが、
プロデュース、脚本、演出、音楽、
すべてを手がけられていたということで、
愛川さんのすべてが表現されている舞台と言えるでしょう。

そして、2009年には、私財を投じて、
小劇場「キンケロ・シアター」を建設。

ここは、劇団「キンキン塾」の活動拠点となり、
愛川さんの自主製作映画なども上映されたのでした。


「キンケロ・シアター」


死去


こうして、精力的に活動されていた愛川さんですが、
2014年の冬、体調の異変を感じられ、
病院で検査されたところ、「肺がん」であることが判明。

ご本人の希望で、自宅療養というかたちを取り、
仕事復帰を目指されていたことから、
病気のことは周囲に伏せておられたのですが、

残念ながら、回復することなく、
2015年4月、他界されたのでした。


愛川の遺影を手に憔悴しきった、妻のうつみ宮土理さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

俳優としてはなかなか芽が出なかったものの、
司会者や映画の企画で才能を発揮されてからは、

出演された番組やテレビドラマが、
どれも長寿を誇った愛川さん。

それは、多くの視聴者の心を捉えただけではなく、
共演者を含め、制作スタッフの心も捉えていたようで、

愛川さんが旗揚げされた、劇団「キンキン塾」は、
現在も、愛川さんの意志を継いで活動中、

また、「なるほどザワールド」で、愛川さんとともに、
司会を務められた楠田枝里子さんは、

愛川欽也さん-キンヤさんとは、
「なるほど!ザ・ワールド」という番組で、
15年間、ご一緒しました。

新しいテレビの世界を切り拓いているという、
自負心と活気に満ちた現場では、
出演者も制作スタッフもスポンサーも、関係者全員が、
仲の良い大きな家族のような温かさがありましたね。

そんななかでキンヤさんは、誰にも親しまれる、
賑やかなお父さんといった存在で、
周囲には笑いが絶えませんでした。

とおっしゃっており、

愛川さんがどれほど、人を大切にされていたか、
また、多くの人達から愛されていたかが分かりますね。

もう、生の愛川さんが見られないのは残念ですが、
是非、この機会に、愛川さんの出演作品を、
観てみられてはいかがでしょう。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ