金子信雄!仁義なき戦いで山守組長!東ちづると楽しい夕食?

Sponsored Link

1973年、任侠映画「仁義なき戦い」で、映画ファンを熱狂させた、金子信雄(かねこ のぶお)さん。その後も任侠映画に数多く出演される一方で、1987年には、「金子信雄の楽しい夕食」で新境地を開拓。アシスタントの東ちづるさんとの絡みが受け、人気を博しました。





そんな金子さんの代表作「仁義なき戦い」と、
冠番組「金子信雄の楽しい夕食」を中心に
調べてみました!

「仁義なき戦い」でブレイク!


金子さんは、1973年、戦後の広島を舞台に、
ヤクザ社会の激しい抗争を描いた、
映画「仁義なき戦い」で、

小心でずる賢く、仁義のかけらもない、
ヤクザの組長、山守義雄役を演じられると、
映画のヒットともに、たちまちブレイク!


「仁義なき戦い」より。山守組長に扮する金子さん。

ちなみに、金子さんは、この役のモデルとなった、
実際の組長、山村辰雄さんに、
新幹線の中で、ばったり出会われた際、

お宅、自分をモデルになった人物に、
上手くなりきって演じてくれたじゃないですか。

本当に、もう一人の自分が居る様に思いましたよ。

と、言われたことがあったそうで、

それほど、金子さんの演技は、
真に迫ったものだったようです。

出演秘話


実は、当初、同作の監督、深作欣二さんは、
山守義雄役に、ずっと三國連太郎さんを推しており、

試写で見た、金子さんのデフォルメしすぎた、
アホっぽい親分役に、ずっと、
不安を抱いていておられたそうで、

「あんなアホな親分いませんよ。
こんな親分に子分がつくはずないじゃないか」

と、東映の岡田社長に言われるのですが、

岡田社長は、

「あれは絶対におもしろい」

と、金子さんを猛プッシュ。


「仁義なき戦い」より。

そして、それでも、
三國さんに固執する深作さんに、

「お前降りろ、もういいよ」

と、まで言われたそうです。

一方、金子さんも、この役に対しては、
並々ならぬ思いがあったそうで、

クランクイン直前に、病で倒れ、
降板の危機にさらされていたのですが、

代役の候補に、かつての飲み仲間で、
劇団「青排」で活動をともにした、
西村晃さんが挙がっているのを耳にすると、

病床から這い出し、

この役を降ろされたら、役者として生きていけない。
死んでもいいからやらせてくれ!

と、必死に訴えられたとのこと。


「仁義なき戦い」より。田中邦衛さんと金子さん。

結局、岡田社長の金子さんに賭ける思いと、
金子さんのこの映画に賭ける思いが見事に花開き、
この映画は大ヒットするのですが、

後に、金子さんは、

「金子の怪演なくして本作は語れない」

とまで言われるほど、この映画での演技を、
高く評価されたのでした。

東ちづると楽しい夕食!


また、金子さんは、その後も、任侠映画を中心に、
映画やテレビドラマで活躍されているのですが、

1987年には、料理番組、
「金子信雄の楽しい夕食」で、
自ら考案した料理を披露。


「金子信雄の楽しい夕食」より。金子さんと東ちづるさん。

この番組は、料理のことを知らない、
新米アシスタントが、金子さんから料理を習いながら、
徐々に料理が上手になっていく、
という設定で放送されたのですが、

金子さんと、初代アシスタント、東ちづるさんとの、
掛け合いがウケ、1995年まで続く、
長寿番組となっています。

(東さんは1992年に降板されています)


山守親分が料理番組に?!


ところで、東さんによると、収録の初日は、
スタッフ全員が、金子さんのご機嫌うかがいに、
必死だったそうですが、

何が気に入らなかったのか、
金子さんは、突然、

「オレを気安く使うんじゃねぇ!」

と、怒鳴ると、お玉を放り投げ、
そのまま帰ってしまわれたのだそうです。

(そのせいで、1日10本収録する予定が、
 すべて流れてしまったそうです(^_^;))

その後、スタッフが、
なんとか、金子さんの機嫌を取り、
後日撮り直しとなったのですが、

その時、東さんは、勇気を振り絞り、

「先生、この間どうしてお帰りになったんですか」

と、金子さんに尋ねると、

なんと、

「ああやっておくと、効くんだよ!」

と、にやりと笑われたそうで、

それ以来、東さんは度胸がつき、
金子さんのわがままや毒舌に、
ひるむことなく番組が進行できたとのこと。

また、いかつい金子さんを、
ニコニコしながら、手の平で転がす東さんは、
「お嫁さんにしたい女性有名人ナンバーワン」
に輝かれたのでした♪

ちなみに、スタッフからは、いつしか、
「猛獣使い」と呼ばれるようになっていたそうです♪

死去


しかし、そんな、金子さんも、
1994年11月頃に体調を崩され、
出演予定の舞台を降板。

そして、1995年1月、
「細菌性敗血症」で他界されたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

「金子信雄の楽しい夕食」に出演されていたことで、
オチャメなイメージが強い方が多いかもしれませんが、

劇団員として、長年、舞台で培った技術を投じた、
金子さん、渾身の「山守親分」は必見。

この機会に、是非、
「仁義なき戦い」をご覧になってはいかが!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ