仲里依紗!元彼は?実家は?妹がかわいい!名前の由来はクォーター?

Sponsored Link

女優、ファッションモデルの仲里依紗(なか りいさ)さん主演の
ドラマ 「テミスの求刑」 が5/10からWOWOWでスタートします。




冤罪をめぐるお話で、
いわゆる司法サスペンスです。

仲さん演じる主人公は、検察事務官で、事務はもとより、
検察官の指揮のもと捜査を行う仕事だそうです。

主人公は、警官だったお父さんを、
殺された過去があるのですが、

その犯人が冤罪を主張して、
刑務所で自殺したことから、話は急転、

その犯人を自白に追い込んでくれた、
尊敬する上司に、殺人容疑が・・・
と、なかなか見ごたえのある内容。

このような社会派ドラマに、
出演させていただくのも初めてで、
すごくワクワクしています。

ポスター撮影では、パンツスーツを着て、
自分でもすごく新鮮でした。

と本人はおっしゃっています。

共演は、 岸谷五朗さん、杉本哲太さん、世良公則さん、
袴田吉彦さん、高岡奏輔さん、遠藤雄弥さん、
東根作寿英さん、音月桂さん、螢雪次朗さん、大鷹明良さん、
モロ師岡さん、佐藤二朗さんほか

元カレは?


元カレは16歳年上の俳優の浅野忠信さん



当時、仲さんは浅野さんにべた惚れで、
結婚願望の強い仲さんは、浅野さんのプロポーズを、
ずっと待っていたそうなのですが、

浅野さんはバツイチ。

なかなか結婚には腰が重く、
はぐらかしていたようで、
それに仲さんが不満を募らしていたとか。

最後はツイッター上で、言い争い、破局。

その直後に、仲さんが、
中尾明慶さんと結婚したこともあり、



浅野さんはいまいち吹っ切れてない様子。

年の差カップルはイイよ・・・

と、所属事務所の新井浩文さんにも話していたそうです。
新井浩文さんも、彼女の二階堂ふみさんとは16歳差)

不満が募っていた仲さんは、
既に浅野さんから気持ちが離れ、
中尾さんに傾いていたんでしょうね。

実家は?妹がかわいい!?


仲さんの実家は、
長崎県東彼杵郡東彼杵町。

仲さんは、彼杵小学校に通っていた6年生の時に、
妹さんが少女漫画雑誌「ちゃお」に応募!

「シンデレラコレクション」という漫画の、
主人公ニーナに似ている女の子の、
オーディションだったそうです。



妹さんは、景品のテレビが欲しさに、
仲さんの写真を勝手に送ったそうで、

結果、仲さんは特別賞を受賞!
これを足掛かりに、
仲さんは芸能界デビューされたのでした。

その妹さんが「かわいい」と評判です。



かわいいですね~
長崎県大村市で、2013年度の
「大村フラワー大使」に選ばれています。

仲真理亜(なか まりあ)さんというんですが、
真理亜さん、今度は自分の写真も送ったんですね(^^)
しかも、見事、選ばれてるところが、すごい!

ちなみに、仲さんには、
妹さんがもう一人いるらしく、

「れいな」さんではないか?
といわれています。
ただ、詳しい事はよくわかっていません。


名前の由来はクォーター?


仲さんの名前って、変わってますよね。
特に漢字が当て字っぽくて。

妹の真理亜さんもそうですし、
もう一人の妹のれいなさん?もですが、
西洋っぽいというか、アルファベットで書けそうです。

というのも、お父さんのお父さん、
つまり、おじいちゃんがスウェーデン人で、
おじいちゃんが仲さんの名付け親だとか。

おじいちゃんは、
モナリザが好きだったそうなので、

モナリザ ⇒ モナリーザ ⇒ モナリーサ
⇒ (モナを省略して)リーサ ⇒ 里依紗


おそらく、
こんな感じだったのではないかと(^_^;)

そのおじいちゃんの息子であるお父さんは、
スウェーデンのハーフということになり、
仲さんはクォーターということになりますね。

お父さんは、長崎で、
カジュアルショップを経営されているそうです。



左がお父さん。おっとこまえですね~
てか、完全に外人ですやん!

さておき、清楚な役から大人っぽい役まで、
演じ分ける実力派の仲さん。

今回は初の社会派ですが、
これもなんなくこなすんでしょう。
ドラマが始まるのが楽しみですね!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ