太地喜和子の死因は事故!藪の中の黒猫!白い巨塔!志村けんの大ファンだった?

Sponsored Link

1968年、映画「藪の中の黒猫」で妖怪の猫役を熱演され、一躍脚光を浴びられた、太地喜和子(たいち きわこ)さん。その後、1976年には、映画「男はつらいよ」でマドンナ役を、1978年には、テレビドラマ「白い巨塔」で、花森ケイ子役を好演し、大女優の地位を確立されています。




プロフィール!


太地さんは、1943年12月2日生まれ、
東京都中野区のご出身です。

出身高校は、松蔭高等学校、

太地さんは、お芝居一筋だったため、
趣味はなかったそうです!


芸能界入り


太地さんは、高校在学中の1959年、
お父さんが、太地さんを撮影した写真の中で、
一番写りのいいものを選び、軽い気持ちで、
「東映ニューフェイス」に応募されたところ、

当時1000倍と言われた難関を突破し、
東映ニューフェイスの第6期に合格!

その後、高校に通いながら、
1年間、演技のレッスンを積まれると、

翌年の1960年4月に、
東映と専属契約を結ばれ

同年、「志村妙子」の芸名で、
「新・七色仮面」でテレビドラマデビュー。

翌年の1961年には、「悪魔の手毬唄」で、
映画デビューを果たされ、


「悪魔の手毬唄」より。

その後、
1961年「二人だけの太陽」
     「東京新選組」

1962年「白い熱球」
     「胡蝶かげろう剣」


などの映画に出演されたのでした。


「文学座」へ入所し本格的に女優を目指す


しかし、高校卒業後の1963年には、
東映と契約を解除され、「俳優座養成所」に、
第16期生として入所。(第15期生とも言われています。)

その後、太地さんは、
大女優だった、杉村春子さん主演の舞台、
「欲望という名の電車」を観て、
杉村さんの演技に衝撃を受け、

「人を感動させられるような女優になる」

と、決意されたそうで、

「俳優座養成所」を卒業後の1967年には、
杉村さんが所属されていた、
「文学座」の試験を受け、見事合格。

同年、映画「花を喰う蟲」で、
初の主演に抜擢されています。


「花を喰う蟲」

「藪の中の黒猫」で一躍スターダムへ


1968年には、この「花を喰う蟲」での演技が、
新藤兼人監督に認められ、

「藪の中の黒猫」で、猫の妖怪役に抜擢!


「藪の中の黒猫」より。

太地さんは、中村吉右衛門さんや乙羽信子さんといった、
大スターとの共演の中、妖艶な演技を披露し、
一躍スターダムへと駆け上がられると、

その後は、

1969年「弾痕」
1970年「裸の十九歳」
     「やくざ絶唱」

1971年「顔役」


「弾痕」より。

1972年「新座頭市物語 折れた杖」
1973年「喜劇・男の泣きどころ」
1974年「悪名 縄張り荒らし」
1975年「喜劇・女の泣きどころ」


「新座頭市物語 折れた杖」より。勝新太郎さんと太地さん。

などの映画に、立て続けに、
助演として出演されたのでした。


「男はつらいよ」でマドンナに


また、1976年、山田洋次監督の、
映画「男はつらいよ・寅次郎夕焼け小焼け」で、
マドンナ、ぼたん役に抜擢されると、

寅さんと意気投合する、
情に厚く、きっぷの良い芸者を好演。


「男はつらいよ・寅次郎夕焼け小焼け」より。
太地さんと渥美二郎さん。


「寅さんシリーズ最高の傑作」

と、山田監督から演技を絶賛され、

「キネマ旬報助演女優賞」
「第一回報知映画賞助演女優賞」

を受賞されています。

「白い巨塔」


こうして、着実に、
大物女優への階段を登っていった太地さんは、

1978年には、山崎豊子さん原作の、
テレビドラマ「白い巨塔」で、
財前五郎の愛人、花森ケイ子役を演じ、
その地位を不動のものに。

花森ケイ子は、財前五郎の、
心の拠り所となる女性なのですが、

優しさや控えめな中にも、
芯の一本通った演技は、

演技という枠を超えた、
太地さんの生き方そのものが反映され、
見るものの心に強く印象を残したのかもしれませんね。


「白い巨塔」より。太地さんと田宮二郎さん。

ちなみに、「白い巨塔」は、
太地さんが出演された1978年度版以外にも、
1967年度版、1990年度版、2003年度版とあり、

花森ケイ子の描かれ方も若干の違いはあるのですが、
今なお、ネット上では、太地さんを絶賛する声が、
多く見受けられました。


杉村春子の後継者として期待される


また、太地さんは、舞台女優としても、
数多くの作品に出演されているのですが、

舞台「欲望という名の電車」では、
ヒロイン、ブランチ役を長年務められていた、
女優の杉村春子さんに、

「ブランチ役を、太地喜和子にバトンタッチしたい」

と、熱望され、

「文学座」からも、「杉村春子の後継者」として、
大きな期待を寄せられたのでした。


「欲望という名の電車」より。杉村春子さん。

死去


そんな太地さんは、1992年、
文学座の巡業公演「唐人お吉ものがたり」で、
静岡県伊東市を訪れるのですが、

翌日に巡業が終わるはずだった、
10月12日に公演が終わり、

スナックで飲んだ後に、

「海が見たい」

と、太地さんが言い出したことから、
一行は、スナックのママが運転する車で海へ。

そして、そのスナックのママの知り合いで、
桟橋に停泊している貨物船の船長を訪ね、

海上から海を見ようということになったのですが、
あいにく、その日に限って船長は不在。

そこで、太地さんたちは、桟橋の駐車場に車を留め、
全員、車を降りて海を見ていたのですが、

そのうち、小雨が降ってきたため、車に戻り、
車を後退させると、誤って桟橋から海に転落。

他の同乗者は、必死に泳ぎ、
助かったのですが、

太地さんは、泳げなかったことや、
深酒していたことが原因で、
帰らぬ人となってしまったのでした。



さて、いかがでしたでしょうか?

遺作となった「唐人お吉ものがたり」では、
1年以上、役作りに励むなど、全身全霊をかけられ、

「欲望という名の電車」のヒロインにも、
期待されていた矢先の事故死ということで、
本当に残念としかいいようがありませんね。

ちなみに、太地さんは、
大女優として名を馳せる一方で、
志村けんさんの大ファンを公言し、

「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」
「志村けんのだいじょうぶだぁ」


などのバラエティ番組で、
コントを披露されていたのですが、

亡くなった際には、
「志村けんのだいじょうぶだぁ」で、
急遽、追悼企画が放送されたのでした。

ご冥福をお祈り致します。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ