高原兄は富山で会社社長?ラジオ番組も!ヘキサゴンで作曲?アラジンって?

Sponsored Link

1981年にバンド「アラジン」を結成し、「完全無欠のロックンローラー」で、見事、「第22回ポピュラーソングコンテスト」のグランプリを獲得しデビューされた、高原兄(たかはら けい)さん。「クイズ!ヘキサゴンII」の企画ユニット「羞恥心」「Pabo」らの楽曲を手がけられ、大ヒットを飛ばしています。




プロフィール!


高原さんは、1959年4月10日生まれ、
富山県富山市のご出身です。

血液型はA型、

出身大学は、
名古屋商科大学、

だそうです♪


「アラジン」結成とプロデビュー


高原さんは、高校時代から、
「ヤマハポピュラーソングコンテスト」
(通称:ポプコン)に出場され、

大学進学で名古屋に来られてからも、
ポプコンの主催者である、
ヤマハの作曲編曲教室に通われ、

ポップス、フォーク、バラードなど、
様々な曲調を組み合わせたり、
その時の流行を取り入れたりと、

ひたすらグランプリを狙って
春と秋のポプコンに応募し続けたそうで、

1981年、大学2年生の時に、
フォークソング同好会のメンバーとともに、
バンド「アラジン」を結成し、

(高原さんは、「グレート高原」名義で、
 ヴォーカルを担当されています。)

「完全無欠のロックンローラー」で、
高原さんにとって10回目となる、
「第22回ポピュラーソングコンテスト」に出場すると、
ついに、念願のグランプリを獲得!

そのまま、ファーストシングルとして、
デビューを果たされたのでした。


「完全無欠のロックンローラー」


タレントに転身


すると、「完全無欠のロックンローラー」は、
大ヒットを記録!

しかし、その後は、鳴かず飛ばずで、
2年後の1983年に「アラジン」は解散。

そして、高原さんは、ラジオ番組、
「ヤングパラダイス」のパーソナリティに抜擢されるのですが、

(この時から、芸名を、「グレート高原」から、
「高原兄」に改名されています。)

なんと、10ヶ月で、
三宅裕司さんと交代させられてしまったのでした。

高原さんは、この頃、
芸能界引退も考えられたそうですが、

1984年に、名古屋テレビの深夜枠の、
バラエティ番組「オジャマンないと!」
のレギュラーのオファーが来たそうで、

消極的ながらも、このオファーを受けられると、
1994年に番組が終了するまで、
レギュラーを務められたのでした。


「オジャマンないと!」(左から)柳沢慎吾、高原さん、
蟹江良二さん、佐々木彩さん、越前屋俵太さん。



「高雄電設株式会社」の代表取締役として


こうして、タレントとして、
活動されていた高原さんですが、

2000年11月、
電気工事会社を経営しておられた、
お父さんが亡くなったことで、
会社を継ぐため、富山に帰郷。

それ以降は、富山で家業の傍ら、

2001年~2003年「高原兄の一発deナイト」
2003年~2004年「伊藤・高原のらじおワンダーパーク」
2004年~「高原兄の5時間耐久ラジオ 長て長てこたえられんが」

など、ラジオ番組のパーソナリティのほか、

企業・団体のCMソングを手がけられたり、
実家の電気工事会社のCMに出演されるなど、
ローカルタレントとしても活動されています。




島田紳助とクイズヘキサゴン


ところで、高原さんは、「アラジン」時代、
バラエティ番組「オレたちひょうきん族」
に出演されたことで、

島田紳助さんと親しくなったそうで、

その後、1988年から1989年まで、
島田さんのラジオ番組「スーパーギャング」に出演、

1990年には、島田さんが結成された歌手グループ、
「島田紳助&バスガス爆発楽団」に加入されています。

また、2007年には、
バラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」で、
島田さんとコンビを組み、

「Pabo」
(里田まいさん、スザンヌさん、木下優樹菜さん)



「羞恥心」
つるの剛士さん、野久保直樹さん、上地雄輔さん)



「一発屋2008」
波田陽区、ダンディ坂野、小島よしお、金剛地武志)



「矢口真里とストローハット」
矢口真里さん、クリス松村さん、岡田圭右さん、
 原西孝幸さん、元木大介さん、品川祐さん、
 山根良顕さん、大沢あかねさん、さとう里香さん)



など、島田さんがプロデュースした、
楽曲の作曲を担当されています。

つい、口をついて出てくる馴染み深いメロディで、
老若男女、すべての世代から人気を博しましたね♪

さて、いかがでしたでしょうか?

島田紳助さんは、高原さんについて、

いい奴。彼のいいところは人の悪口を1回も言わないこと。

と、おっしゃっており、

上地雄輔さんは、知り合いに頼まれ、
丁寧にサインを求められた高原さんに対して、

何言ってるんですか、
高原さんのためだったら何枚でも書きますよ。

と言われたそうで、

故郷富山に帰郷されてもなお、ご活躍中なのは、
そんな高原さんの誠実で人から信頼される、
お人柄からきているのでしょう。

2011年には、デビュー30周年を記念して、
アルバム「高原兄 富山コレクション」を、

2014年には、
アルバム「高原兄 富山コレクション2」
発表された高原さん。

これからも、家業のかたわら、
芸能活動は続けていってほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ