小室哲哉の年齢は?幼少期から天才!昔はTMでGet Wild!プロデュースで一大ブーム!

Sponsored Link

1983年、デジタルユニット「TMネットワーク」を結成されると、1987年、「Get Wild」で大ヒットを記録した、小室哲哉(こむろ てつや)さん。その後、音楽プロデューサーとしての活動に専念されると、日本中に「小室ブーム」を巻き起こし、一躍、時代の寵児となられました。



プロフィール!


小室さんは、1958年11月27日生まれ、
東京都府中市のご出身です。

身長167センチ、
体重57キロ、

血液型はO型、

学歴は、
早稲田大学社会科学部中退、

だそうです♪


幼少期より音楽の才能を開花


小室さんは、3歳の時、お母さんの勧めで、
東京芸術大学教授のレッスンのもと、
バイオリンを始められているのですが、

すでに、この頃に音感のベースが形成され、
小学生になると、クラシックの、
インストゥルメンタルの楽曲を、
作れるようになっていたのだとか。

そして、小学校5年生の時には、
お母さんがエレクトーンを購入されるのですが、

小室さんは、お母さんよりも先にコードを覚え、
エレクトーンの先生を驚かせたり、

同時期、母方の親戚の叔父さんから、
ギターコードを習っても、マスターするのが早くて、
叔父さんを驚かせたそうです。

また、中学生になると、音楽の時間に、
「50分で16小節を譜面に書く」という、
作曲のテストがあったそうですが、

音楽の先生が、

誰かは言いませんけど、
この中ですごく上手な人がいました。

と、言って、小室さんが作曲した曲を、
ピアノで演奏されたそうで、

小室さんは、その時のことを振り返り、

目立ちたくない時期だったため、
ものすごく嫌だった。だけど自信にはなりました。

と、語っておられます。

シンセサイザーとの出会い


そんな小室さんは、1970年、
小学校6年生のとき、

大阪万博で、作曲家の冨田勲さんが、
「マルチスクリーン+12チャンネルステレオ」
を駆使した演奏をされているのを聴き、
衝撃を受けられたそうで、


1979年頃の冨田勲さん。

家族に内緒で、家にあった、
ギター、ヴァイオリン、エレクトーンを売り、

当時16万円以上したという、
シンセサイザー「ローランドSH1000」を購入。

そして、小室さんは、
シンセサイザーに夢中になると、

渡辺美里さんの、
「きみに会えて」「BELIEVE」「嵐ヶ丘」「I wish」

「TM NETWORK」の、
「Here, There & Everywhere (冬の神話)」など、

後に提供することとなる楽曲の、原型約20曲を、
なんと、この頃に作曲されたのでした。




高校・大学時代


また、高校に入ると、
小室さんの作曲テクニックが、
クラスメイトに憧れられるあまり、

小室さんは、クラスメイトの半数以上の作曲の宿題を、
肩代りさせられたそうですが、

音楽の先生は、小室さんが卒業するまで、
気づかなかったというから、
小室さんの才能は凄すぎますね。

そんな小室さんは、大学に入ると、
プロのミュージシャンとして活動をスタートし、
コンサート活動に明け暮れるのですが、

音楽活動に没頭し過ぎて、
授業料を楽器代に使い込んでしまい、
大学を除籍となっています(^_^;)

(一般人からすれば、えらいことですが、
 小室さんほどの才能があれば、
 大学の籍など、無意味な気がしますね~)


「TMネットワーク」結成


そんな中、小室さんは、
1980年、22歳の時、

三鷹市にあるフィルキア楽器店主催のコンサートで、
バンド「スピードウェイ」のメンバーだった、
木根尚登さん、宇都宮隆さん、青木高貴さん(後のTMのマネージャー)
らと出会われます。

そして、1983年、
新たな音楽を模索されていた小室さんは、

バンドではなく、ユニットという形で、
音楽活動をすることを木根さんに打診されると、
木根さんは同意。

また、ヴォーカルは、もともと、
オーストラリア人が担当する予定だったのですが、
ビザの期限切れで国外退去となったため、

木根さんが、宇都宮さんを誘い、
1983年5月、3人で、
「TM NETWORK」を結成されたのでした。


結成当初の「TM NETWORK」


「Get Wild」で大ブレイク!


そして、同年8月、「TM NETWORK」は、
「フレッシュサウンズコンテスト」で、
「1974」を演奏すると、
満点の評価でグランプリを獲得。

翌年の1984年4月には、
ファーストシングル「金曜日のライオン (Take it to the Lucky)」
ファーストアルバム「RAINBOW RAINBOW」の同時リリースで、
デビューを果たされたのでした。


「金曜日のライオン (Take it to the Lucky)」と「RAINBOW RAINBOW」

その後、1985年に、
2枚目のアルバム「CHILDHOOD’S END」


「CHILDHOOD’S END」

1986年に、
3枚目のアルバム「GORILLA」


「GORILLA」

1987年に、
4枚目のアルバム「Self Control」


「Self Control」

と、リリースされるも、
いずれもヒットはせず・・・

しかし、1987年に、
10枚目のシングル「Get Wild」をリリースすると、

テレビアニメ「シティーハンター」の、
エンディングに起用されたことから、
たちまち大ヒットを記録!


「Get Wild」

同年リリースの、
5枚目のアルバム「humansystem」


「humansystem」

翌年1988年リリースの、
6枚目のアルバム「CAROL~A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991~」


「CAROL~A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991~」

も、大ヒットを記録したのでした。




「TMN」と改名も活動終了し、プロデュース業に専念


その後、1990年には、「TM NETWORK」は、
「TMN」と改名しリニューアル。
ハードロック路線を全面に打ち出されるのですが、

小室さんは、1993年、
音楽プロデューサーに徹することを表明。

翌年の1994年には、
「TMN」「プロジェクト終了」とし、
活動を終了されたのでした。

小室さんは、プロデュース業に、
専念された理由について、

気楽にやっていたTMの活動と違って、
楽曲提供する作曲の仕事はシビアというか。
制約は多かったんですね。

でも、その頃、ダンスミュージックのために、
ロンドンに音楽留学をしまして。

日本があまりにも、世界の音楽シーンから、
かけ離れていると実感したんですよ。

例えばUS、UKチャートで1位の曲でも、
日本だけほとんどの人が知らなかったりして、
それはあまりにももったいないなと。

少しでもみんなに、ダンスミュージックっていうものを、
教えてあげたいと思って、いわゆるユーロビートを、
やってみようと思ったんです。

で、始めたのがTRFなんだけど、
最初はダメだったらすぐ辞めるつもりだったんですよ。

と、おっしゃっており、
あくまで、一時的なものだったのですが・・・

一大ブームを巻き起こし、一世を風靡!


しかし、そんな、
小室さんの予想とは裏腹に、

観月ありささん、篠原涼子さん、hitomiさん、
華原朋美さん、安室奈美恵さん、
trf、H Jungle with t、globeなど、

様々なアーティストをプロデュースされると、
出す曲、出す曲、すべてがミリオンセラー!

小室さんにプロデュースされた、
アーティストは「小室ファミリー」と呼ばれ、

1994年から1999年までの間、
社会現象を巻き起こすまでに。

小室さんは、この要因について、

いろんな要因が重なったんだと思いますが、
ユーロビートのスピード感とかビート感が、
日本人と相性が良かったんでしょうね。

TMの活動10年目で、ある程度名前を覚えてもらった後に、
ソロになったっていうタイミングもちょうど良かったんだろうし。

と、振り返られています。

こうして、小室さんは、少年時代からの夢を、
見事、叶えられたのですが・・・

ブーム終焉~詐欺事件~活動再開)に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ