小室哲哉の現在は?ブーム終焉から詐欺事件逮捕その後は?

Sponsored Link

幼少期から天賦の才能にあふれ、1987年には、「TMネットワーク」「Get Wild」が大ヒット。1994年以降は、プロデュース業に専念し、出す曲出す曲ミリオンセラーと、一大ブームを巻き起こした小室哲也さんですが・・・





(幼少期~才能開花~一大ブーム)からの続き

ブーム終焉


しかし、そんな一時代を築いた小室さんも、
1999年頃から、作風が変化。

小室さん自身が、飽きてしまったのか、
これまで、日本の音楽シーンの中心であった、

ポップスやユーロビートからはやや離れた、
プログレやトランスに傾倒していき、
これがヒットにつながらなくなっていきます。

また、小室さんは、当時、
各芸能プロダクションの社長と懇意にされており、
社長の依頼を受けて音楽プロデュースをされていたのですが、

1997年には、「ホワイト・アトラス」の、
千葉龍平社長と大げんかし、信頼関係が崩壊したことで、
TRFとhitomiさんのプロデュースが終了。



2001年には、ライジングプロダクションの平哲夫社長が、
脱税で逮捕されたことで、依頼がなくなってしまい、
安室奈美恵さんと観月ありささんのプロデュースが終了。



そのほか、華原朋美さんのプロデュースに、
力を入れるようになったことで、
篠原涼子さんのプロデュースを打ち切り、



また、その華原さんも、
恋愛関係のもつれで離脱と、



ミリオンセラーを叩き出した、
アーティストたちが次々と離れたことで、
小室ファミリーの規模が縮小してしまいます。

そこへ、「小室ファミリー」ではないJ-POPアーティスト、
宇多田ヒカルさん、倉木麻衣さん、浜崎あゆみさん、
モーニング娘。などが台頭。

(浜崎あゆみさんは、KEIKOさんとのデュエット曲、
「a song is born」のみ、小室さんの曲を歌っています)

さらに、2000年には、小室ファミリーで唯一、
ミリオンセラーを叩き出していた、
鈴木あみ(現・鈴木亜美)さんの所属していた、
事務所の社長が所得を隠して摘発されるのですが、



これを機に、鈴木さんの両親が、
信頼関係が崩れたとして、独立し、
新たに個人事務所を立ち上げたことで、
事実上、鈴木さんは干されることに。

また、小室さんと、鈴木さんの前の事務所との関係が、
深かったこともあり、小室さんと鈴木さんの関係も終了し、
事実上、「小室ブーム」は終焉したのでした。


契約解除


さらに、小室さんは、1999年~2000年頃、
今では当たり前となっている、
ネットによる音楽配信を全力で推進され、
既存のCD会社や音楽業界に喧嘩を売る形に。

当時はまだ、CDが売れる時代だったため、
音楽業界からアンチとみなされてしまい、

2001年1月、小室さんは、
専属プロデュース契約をしていた、
ソニー・ミュージックエンタテインメントからも、
契約を解除されてしまいます。

このことによって、小室さんは、
前受けしていた報奨金(プロデュース印税)、
18億円を返還しなくてはいけなくなり、

同年8月、銀行から10億円を借り、
返還されたのでした。

ちなみに、小室さんは、この当時、
現在の「Youtube」「itunes」「Amazon」のようなことを、
「ROJAM」という会社を立ち上げ、サイト運営されていたのですが、

こういうことも反感を食らってしまい、
いわゆる、「干された」状態になってしまったのでした。


元「dos」のASAMI(吉田麻美)と結婚、そして離婚


そんな小室さんは、
2001年、吉本興業へ移籍。

バラエティ番組「笑う犬の冒険」のコントに、
「超ハンサム侍」として出演し、話題とはなりますが、



依然、プロデュース業が、
芳しくない状態は変わらず。

また、私生活でも、2001年5月に、
「dos」のASAMIさんと再婚されるも、
わずか10ヶ月後の2002年3月に離婚。



(最初の奥さんとは、1988年に結婚され、
 1992年に離婚されています)

小室さんは、早く離婚を成立させたいため、
7億円という多額の慰謝料と養育費の支払いに、
同意されるのですが、

この慰謝料の支払いも、
2004年8月頃には滞るようになってしまい、

所有されていた、別荘、株券、高級車、クルーザーなど、
を売却されたのでした。


詐欺事件


こうして金銭的に困窮し、
経済的に追い詰められた小室さんは、
2008年、詐欺事件を起こしてしまいます。

小室さんは、自作した曲の、
著作権を売却することを思いつき、

関西在住の個人投資家の男性に、
全著作権を10億円で買わないかと、
持ちかけられ、交渉が成立。

小室さんは、手付金として、
5億円を受け取ったのですが、

実は、著作権の一部はレコード会社などにあり、
小室さんがすべての著作権を、
持っていたわけではなかったのでした。



これが原因で、小室さんは、
この男性と揉めるのですが、

2008年7月に、小室さんが、
解決金6億円を支払うことで、
男性と和解が成立。

ところが、小室さんが、
期限までに解決金を支払わなかったことで、
男性が刑事告訴。

逮捕された小室さんは、容疑を全面的に認め、
2009年、執行猶予5年の判決を言い渡されたのでした。



小室さんは、この時のことを振り返り、

裁判長から「有罪」という言葉を聞いた瞬間の、
重さというのは、何よりも重い。

と、反省の言葉を口にされています。

音楽活動再開


そして、2010年、小室さんは、
気持ちも新たに音楽業界に復帰。

SMAP、森進一さん、北乃きいさん、
浜崎あゆみさん、やしきたかじんさんなど、
他のアーティストへ楽曲提供をされるほか、

音楽イベント、トークイベントなどにも、
積極的に参加され、

2012年には、
「TM NETWORK」の活動も再開。

2014年には、「TM NETWORK」の、
デビュー30周年を記念して、
全国ツアーやアルバムのリリースもされています。

2015年には、いったん、
充電期間に入られるも、

2017年4月には、「GET WILD」発売30周年を記念して、
アルバム「GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)」が、
発売予定となっています。



さて、いかがでしたでしょうか?

最終的には、切羽詰まって、
詐欺事件を起こしてしまった小室さんですが、

ロンドン留学で知ったユーロビートを、
皆に知ってもらいたいと広められたこと、

かつてあったCDのコピーガードを、
早々に解除されたこと、

いち早くネット配信を、
強く推し進められたこと、

どれを取っても、
小室さんがしてこられたことは、

純粋に音楽を愛し、多くの人に、
音楽を楽しんでもらいたいと、
されたことのように感じてなりません。

実際、小室さんは、
ユーロビートで巨万の富を手にされるも、
ネット配信では、音楽業界を敵に回して干され、

CD会社の社長との喧嘩や、
華原さんとの恋愛関係のもつれなども、
普通のビジネスマンなら、
なにがなんでもうまく対処するところ。

それが、出来なかったのは、やはり、
小室さんが、ビジネスマンではなく、
純粋に音楽の好きな少年のまま、
大人になった人に思えてならないのです。

音楽の好みは人それぞれなので、
小室さんの音楽が好きか嫌いかは別としても、

小室さんが、音楽業界に、
必要な人であることは間違いありません。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ