中山麻聖が父親の三田村邦彦と共演!彼女は?テニミュで乾!牙狼で冴島雷牙!

Sponsored Link

2004年、映画「機関車先生」で俳優デビューされた、中山麻聖(なかやま ませい)さん。その後、仮面ライダーシリーズをはじめ、「ごくせん」「スミレ刑事の花咲く事件簿」「軍師官兵衛」など、話題のテレビドラマに出演されています。




プロフィール!


中山さんは、1988年12月25日生まれ、
東京都のご出身です。

身長182センチ、
体重60キロ、

血液型はB型、

旧芸名は、本名の、
中山麻生(なかやま ませい)、

趣味・特技は、
バスケットボール、剣道、
中国独楽、アニマルバルーン、

お父さんは、俳優の三田村邦彦さん、
お母さんは、女優の中山麻理さん、
(ご両親は中山さんが9歳の時、離婚)

従姉妹に、
タレントの中山エミリさん、英玲奈さん、

がいらっしゃいます♪


デビュー


中山さんは、2004年、中学2年生の時、
お母さんである中山麻理さんから、
剣道ができる中学生を探していたプロデューサーを紹介され、

映画「機関車先生」のオーディションを受けられると、
見事合格し、映画デビュー。

中山さんは、当時を振り返り、

中学2年生の頃、母の知人のプロデューサーが、
映画を製作する時に、剣道ができる中学生を探していて、
ちょうど僕が小学校6年の頃から剣道を習っていたので、
どうだろうか、という話になって。

で、母から“もしやる気があるならプロデューサーに紹介するけど、
生半可な気持ちならやめたほうがいいよ”って言われました。

せっかくの機会だと思ったからやりたいと思い、
プロデューサーとお話をして、オーディションを受けて、受かって。
そこから役者の道が始まりました。

「機関車先生」っていう坂口憲二さん主演の作品でした。

と、明かされていました。

テニミュ、「PureBoys」で活動


その後も、中山さんは、
テレビドラマや映画に出演を重ねられ、

2006年には、ミュージカル 「テニスの王子様」の、
三代目 乾貞治役で舞台デビュー。


「テニスの王子様」より。

翌年の2007年には、若手俳優ユニット「PureBoys」の、
結成メンバーとなられるなど、多方面で活動されています


(後列左から)滝口幸広さん、八神蓮さん、加藤慶祐さん、馬場徹さん。
(前列左から)中山さん、武田航平さん、南圭介さん。



映画「アノソラノアオ」で主演&親子共演


そして、2012年には、
映画「アノソラノアオ」で、
初の主演に抜擢。

この作品は、新潟県燕市を舞台に、
母親や友人を相次いで亡くした映画青年が、
自分の生き方を模索し、苦悩しながらも、

やがて、映画を制作することで、
立ち直っていく姿を描いているのですが、

新潟県のご当地映画ということで、
新潟県出身である、お父さんの三田村邦彦さんが、
出演予定だったことから、

親子初共演という形で、
オファーがあったのだとか。


「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」より。
三田村邦彦さんと中山さん。


ただ、スタッフも全て新潟出身者ばかりの中、
東京育ちの中山さんには少し不安で、

撮影が始まる前に、お父さんと監督の3人で新潟を訪れ、
新潟の空気に馴染むことから始められると、

お父さんの実家がある、新潟県新発田(しばた)市とは、
隣町でも環境や言葉が随分違っていたそうで、

中山さんは、徐々に、新潟や、新潟の人々について、
理解を深められながら、撮影に参加されたとのことで、

中山さんは、

この映画は半分ドキュメンタリーに近い。
カット数も少ないし、セリフを言っている人に、
カメラが寄ったりすることすらないですから。

あとは、あまり喋らない新潟の人の雰囲気を出すために、
間の使い方も凄く重視されました。

最初は、「この1シーンをこれだけの間で、
しかも1カットで撮れるの?」
という不安もあったんですよ。

「なんでこのセリフはすぐ言わないの?」
「沈黙長すぎないか?」とか(笑)。
だけど、これが新潟らしい部分なんですよね。

映像を通しで観た時に、
あぁこれが監督は撮りたかったんだなぁという、
意図が伝わってきました。

と、語っておられました。

牙狼でヒーローに抜擢!


ところで、中山さんは、

2005年「仮面ライダー響鬼」
2008年「仮面ライダーキバ」


「仮面ライダー響鬼」より。

と、特撮ヒーローものにも、
出演されているのですが、

2014年には、「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」で、
主人公の冴島雷牙(さえじま らいが)/ 黄金騎士・牙狼役に抜擢。

中山さんは、幼い頃から、
特撮ヒーローものが大好きだったということで、

自分がヒーローになるのは叶わない夢だと思っていたので、
金の狼・牙狼として、冴島雷牙として、
ヒーロー・デビューできて、本当に幸せです。

と、その喜びを語っておられます。

また、ヒーローを演じるにあたり、

雷牙はギャップに気を付けました。
ホラーと戦うときの厳しさと、人に接するときのやさしさと、
二重人格ぐらいはっきり分けようと。

歴代の黄金騎士で最強と言われていて、監督には、
「常に揺るぎなく、凛々しく、カッコよく」
と言われ続けました。

ヒーローらしい存在感を、
歩き方ひとつでも表現したかったので。

と、すべてにおいてヒーローであることを、
意識されていたとのことでした♪


「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」より。

彼女は?


そんな中山さんの、
気になるプライベートですが、

残念ながら、現在のところ、
交際している方の情報は見つかりませんでした。

今は、大事な時、
仕事に専念しておられるのかもしれませんね。

さて、いかがでしたでしょうか?

2015年には、お父さんの三田村さんに女の子が誕生し、
26歳年下の妹ができた中山さん。

ご両親が芸能人ということで、
仕事面では恵まれていた反面、

幼い頃は、ご両親が忙しく、不在がちだったことや、
運動会に来てくれなかった寂しさなどを味わい、

さらに、ご両親の離婚問題で、
マスコミが家に押し寄せるなど、
ご苦労も重ねられています。

26歳年下の妹、というのも、
一般人にはなかなか理解しがたいですが、
どんなお気持ちだったのでしょう?

さておき、まだまだ元気なお父さんに負けないように、
中山さんも頑張ってほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ