唐十郎の現在は?二都物語で海外公演!李麗仙に訴えられている?

Sponsored Link

劇団「状況劇場」の紅テント公演で人気を博した、唐十郎(から じゅうろう)さん。1988年に「状況劇場」を解散すると、新たに劇団「唐組」を結成し、近年は年に2回ほどのペースで活動を続けられていました。




「少年時代~状況劇場結成~結婚~逮捕~」の続き

「二都物語」で海外公演(韓国)


唐さんは、1972年3月、
戒厳令下の韓国に渡航すると、

韓国の抵抗詩人で当時保釈中だった、
金芝河(キム・ジハ)さんの協力のもと、
無許可のまま、ソウルで「二都物語」を上演。

そして、帰国後の同年4月には、
上野の不忍池を朝鮮海峡に見立てて、

池のほとりにテントを張り、
ここでも、「二都物語」を上演。


「二都物語」より。

唐さん、大久保鷹さんら演じる日本兵が、
冷たい池の中を泳ぎ、ずぶ濡れのまま舞台に上がる、
という演出は、多くの人々を驚かせたのでした。

唐さんは、いわく、

池のほとりにテントを張るのは大変でした。
だから、木の根っこにロープを結びつけて、
客席だけに屋根をつけたんですね。

舞台の下は、水です。役者たちは自分の出番になると、
池を泳いで舞台にあがらなくてはなりませんでした。

出番が終わると、バチャーンと、
池に飛び込んで去っていくんです。

ということで、俳優さんは、
大変だったでしょうね~

「二都物語」で海外公演(バングラデシュ、レバノン)


そんな唐さんは、その後も、
全国各地で「二都物語」を公演されると、
再び、海外へ。

1973年には、バングラデシュで、
「ベンガルの虎」をベンガル語で上演。


バングラデッシュ公演より。

1974年には、レバノン、シリアの、
パレスチナ難民キャンプで、
「パレスチナの風の又三郎」を、
アラビア語で上演されています。

ちなみに、パレスチナ出発前、唐さんは、

私共、状況劇場は、三年前から、
韓国そしてバングラディッシュと紅テントを背負って、
日本人の深層心理に脈々と流れる悪夢の結節点を、
河原者の肉体に依って逆襲来、あるいは演劇化してまいりました。

それはまぎれもなく、今日のアジアで、
日本の演劇人である我らに何が出来るか、
という問いかけでありました。

しかし、世界がかくも拡散、逆集合されるこの状況に於いて、
アジアという範疇に偏ることは意味なく、

かえって、アジアでもなく西欧でもない、
世界の十字路であるアラブ・パレスチナに、
夢と現実のダイナミズムが直截に孕まれていることは、
申すまでもありません。

文化とは闘争の結果であり、
その記憶のパノラマだと信じる我らは、

日本河原乞食として培った紅テント劇場の総体と内容を、
パレスチナの人々の前に暴虎馮河の勇気をもって、
提出したいと願っております。

と、おっしゃっています。

「状況劇場」を解散し、「唐組」結成


その後も、唐さんは、
舞台上演を続ける一方で、

数多くのテレビドラマや映画にも出演され、
精力的に活動。

1988年には、李さんと離婚されたことで、
劇団「状況劇場」を解散されますが、

同年には、新たに、
劇団「唐組」を立ち上げられ、

「状況劇場」同様に、
作・演出・出演を務め、公演を続けておられます。


大学教授として


また、その後、1997年10月には、
横浜国立大学教授に就任すると、

「舞台芸術論」
について講義をしたり、
学生らの劇団「唐ゼミ」を指導。

(2005年3月、定年により退官されています。)

さらに、近畿大学客員教授を経て、

2012年4月には、母校である、
明治大学文学部の客員教授に就任されています。


明治大学での初講義より。三つ編み&片耳マスクの出で立ちで、
テント内で熱唱される唐さん。



脳挫傷で重症を負う


しかし、唐さんは、翌月の5月26日、
自宅前で転倒し、頭部を強打。

救急車で病院に搬送されると、
「脳挫傷」と診断されてしまいます。

そして、8ヶ月の入院の末、
退院されると、リハビリに励まれ、

2015年には、著書「ダイバダッタ」
を発表されるまでに回復されるのですが、

2016年9月時点では、
正常な会話が難しい状態なのだとか・・・


元嫁の李麗仙から訴えられる


そして、追い打ちをかけるように、
元奥さんの李麗仙さんからは、
状況劇場の権利を巡って訴えられます。

李さんによると、
唐さんと離婚された時に、

 ①婚姻中にお二人で買った稽古場兼自宅の譲渡

 ②生活費と養育費を毎月30万円支払うこと

 ③劇団「状況劇場」の著作権譲渡

を唐さんに承諾してもらったそうですが、

実際のところ、生活費は、
20万円を3回支払われただけ。

また、著作権の件も、うやむやにされてしまったまま、
李さんも言いそびれていたとのことで、

唐さんが脳挫傷を負ったことで、
財産や権利関係の整理をしておきたいと、

上記の①②③を求めて、
訴えを起こされたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

現在、この争いは、
会話のままならない唐さんに代わり、
現在の奥さんが、李さんと、
対立していると言われているのですが、

唐さんにとって李さんは、離婚したとはいえ、
「状況劇場」旗揚げ時から苦楽をともにした同士。
なんとか、丸く収まるといいですね。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ