松山千春の嫁は?子どもは?旅立ちでデビュー!季節の中でがブレイク!

Sponsored Link

1977年に「旅立ち」でデビュー、翌年の1978年には、「季節の中で」が大ヒットし、一躍スターダムに駆け上った、フォークシンガーの松山千春(まつやま ちはる)さん。以降、人々の心に残る、数多くの名曲を世に送り出されています。




プロフィール!


松山さんは、1955年12月16日生まれ、
北海道足寄郡足寄町のご出身です。

身長170センチ、
体重55キロ、

血液型O型、

出身高校は、
北海道足寄高等学校、

だそうです♪


貧しい少年時代


松山さんは、生後まもなく、
「股関節脱臼」と診断され、
半年ほど入院されたそうですが、

お父さんは、入院費を捻出するため、
多額の借金を背負われたそうで、

その後の返済が家計を圧迫し、
苦しい生活を余儀なくされたそうです。

また、松山さんのお父さんは、たったひとりで、
1954年、地元、足寄町で旬刊紙
(10日ごとに発行される新聞)を創刊、
執筆されていたのですが、

1965年、足寄町長の不正を、
新聞に取り上げられると、裁判沙汰となってしまい、
町長からの圧力で購買者数が激減。

家計は、よけいに苦しくなり、
まだ10歳だった松山さんは、
納豆売りをして生活を助けられたそうです。

(その後、お父さんは勝訴されています♪)


「全国フォーク音楽祭」で芸能界入り


そんな松山さんは、
ちょうどその頃、お姉さんの影響で、

「ピーター・ポール&マリー」(PPM)
「ジョーン・バエズ」
「ブラザーズ・フォー」


などのフォークソングと出会われると、

その翌年には、フォークソングシンガー、
岡林信康さんの弾き語りライブを観に行き、
衝撃を受けられたそうで、すっかり、
フォークソングの虜となられます。

そして、高校卒業後は、
家計を助けるために大学へは進学せず、

叔父さんが経営する小料理屋やクラブで働きながら、
その合間に作詞作曲を行うようになり、

1975年、一時、実家に戻られた折、
お父さんの仕事を手伝いながら、

「全国フォーク音楽祭」の北海道大会に応募すると、
見事出場を果たされたのでした。

すると、STVラジオの、
竹田健二ディレクターに見出され、

翌年の1976年には、同局の、
「サンデージャンボスペシャル」内に設けられた、
15分ほどのコーナー「千春のひとりうた」で、
芸能界デビュー。


当時の松山さん。

松山さんは、竹田さんから毎週2曲ずつ、
新曲を作ってくるように課題を与えられたことで、
オリジナル曲のストックを増やし、

このコーナーで、
人前で歌う訓練をされたのでした。


「旅立ち」でデビュー


そして、続く翌年の1977年8月には、
「旅立ち」で、念願のレコードデビュー。



その後、師匠と仰いだ竹田さんが、
36歳という若さで突然亡くなってしまい、
松山さんは、一時、失意に暮れますが、

同年10月には、
「オールナイトニッポン(水曜日2部)」の、
パーソナリティに抜擢され、全国的な人気を博すと、

その後、1978年4月には、
「月曜1部」に昇格し、さらなる人気を博しています。


「季節の中で」の大ヒットで一躍人気アーティストへ


また、同年8月には、5枚目のシングル「季節の中で」が、
自身初となる、オリコンシングルチャート1位を獲得する、
大ヒットを記録し、一気にスターダムを駆け上ると、


「季節の中で」

その後も、

1979年「夜明け」
1980年「恋」
1981年「長い夜」
1996年「君を忘れない」
1998年「大空と大地の中で」



など、数多くの名曲を発表し、
人気アーティストとして、
不動の地位を築かれたのでした。

ちなみに、松山さんは、デビュー以来、
精力的にコンサート活動を続けられており、

2007年には、コンサート公演回数が、
なんと、2000回を記録しています!


結婚は?


ところで、松山さんの、
気になるプライベートですが、

1985年、札幌のデパートで働かれていた、
2つ年上の金田孝子さんという方と結婚されています。

松山さんは、まだ無名だった頃に、
札幌で孝子さんと知り合われ、

約8年の交際の末、
結婚に至ったそうで、

松山さんは、奥さんのことを、

(マスコミに公表していないことから)
孝子っていう女は美人じゃないしね、

ただ、耐えることは人一倍耐えるね、
いや、ほんとだよ素晴らしいです。

と、明かされていました。

また、お二人の間には、
30歳くらいの娘さんがいらっしゃるようです。

(情報がないことから、おそらく、芸能人ではなく、
 一般のお仕事をされているのでしょう。)

さて、いかがでしたでしょうか?

家族の絆、自然への思い、恋愛など、
普遍的な人間の気持ちを歌い、
今もなお、根強い人気を誇る松山さん。

若い頃は、家族のトラブルや、
生涯の師と仰いだ方との死別など、
辛く苦しいことが多かったようですが、

だからこそ、その魂のこもった歌声が、
人々の心を捉えるのかもしれません。

これからも、素晴らしい曲を、
歌い続けて欲しいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ