松岡修造は落ちこぼれからインターハイ三冠達成!ウィンブルドンジュニアにも!

Sponsored Link

スポーツキャスター、タレント、日めくりカレンダー「まいにち、修造!」でおなじみの元テニスプレイヤー、松岡修造さん。幼い頃からテニスの素質を現されるも、見いだされることなく、埋もれそうになるところ、ご自身の強い意思でテニスを続けられた努力の人でもあります。




プロフィール!


松岡さんは、1967年11月6日生まれ、
東京都のご出身です。

身長188センチ、
体重85キロ、

血液型はAB型、

学歴は、
柳川高等学校中退、

趣味は、
食べること、映画観賞、
ミュージカル観劇、麻雀、

特技は、
英会話、速読、

だそうです♪


落ちこぼれだった?


松岡さんは、10歳から、
本格的にテニスを始められるのですが、

一緒に習い始めた1歳年上のお兄さんに比べると、
まるで才能がなかったようで、お兄さんばかりが注目され、

コーチに、自分にも、
教えてくれるよう、せがまれるも、

「修ちゃんは、ガッツがあっていいよ。」

と慰めの言葉が返ってくるだけだったとか。

こうして、周囲からは才能がないと言われ、
自身でもそう思い込まれていたのですが、

テニスへの情熱はますます激しくなり、
中学生になると、名門テニスクラブ「桜田倶楽部」で、
練習に励まれるようになり、

中学2年生の時には、
「全国中学生テニス選手権大会」で優勝。

松岡さんは、次第に、
頭角を現すようになっていったのでした。

麻雀にのめり込むも、テニスの名門「柳川高等学校」へ転校


その後、松岡さんは、
慶應義塾高等学校に進学されるのですが、

中学3年生の時に覚えた、
麻雀にのめり込むようになり、
麻雀漬けの日々を送られるように。

ただ、あるとき、

「こんなことばかりしていていいのか?」

「テニスがもっと強くなりたいと思っていたんじゃないのか」

「目標のないまま大学に進学し、成り行きで、
 就職して社会人になるのか。そんな人生でいいのか」

と、自問され、本当に自分が好きなのは、
テニスだと気がつかれたそうで、

自分を鍛え直すため、福岡県にある、
高校テニス界の名門校「柳川高等学校」
への転校を決意。

反対するご両親や先生を説得し、
1984年、高校2年生の時に、
「柳川高等学校」へ編入されたのでした。


柳川高等学校時代の松岡さん。

ちなみに、「柳川高等学校」のテニスの練習は、
非常にハードで、上下関係が厳しいことでも、
全国的に恐れられていたそうですが、

やる気満々でやってきた松岡さんにとっては、
そんな猛特訓も、楽しくて仕方がなかったそうです♪

インターハイで三冠達成!


そんな松岡さんは、
「柳川高等学校」に入学してから2ヶ月後、

「ウィンブルドンへの道」と題された、
国内ジュニア大会へ出場されると、見事優勝。

本来ならば、松岡さんは、
ヨーロッパ遠征に選出されるはずだったのですが、

インターハイの予選期間と重なってしまい、
悩み抜いた挙句、監督の助言もあり、
ヨーロッパ遠征を辞退。

インターハイに臨まれると、
シングルス、ダブルス、団体戦の、
全てを制し三冠を達成されたのでした。


三冠を達成した当時の松岡さん。


ヨーロッパ遠征へ


そして、翌年の1985年、再び、
「ウィンブルドンへの道」で優勝されると、

今度は、インターハイを勧める、
両親や監督の反対を押し切り、

高校を1年休学し1年後にまた戻る、
という条件で、ヨーロッパ遠征に参加することに。

すると、2ヶ月の遠征で出場された、
「全仏オープンジュニア」では、

シングルスで、2回戦まで進出し、
大会第2シードのトーマス・ムスターと対戦。
(ダブルスでも、2回戦まで進出されています。)

続く、「ウィンブルドンジュニア」でも、

シングルスで、3回戦まで進出し、
大会第1シードのレオナルド・ラバージェと対戦。

と、ある程度、手応えを感じた遠征だったようです。


帰国


こうして、ヨーロッパ遠征を終えた松岡さんは、
まだ休学中だったため、東京に戻り、

「桜田倶楽部」で、再び、
テニスの練習を始められるのですが、

当時、日本には、世界で活躍する、
テニスプレイヤーがいなかったことや、

自身が、世界で活躍するほどの才能が、
あるとは思っていなかったため、

この時は、プロになりたいとは、
微塵も思っていなかったのでした。

「ボブ・ブレッドと運命の出会い~プロへの道~」に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ