萬屋錦之介の家系は?死因は?美空ひばりと?宮本武蔵や子連れ狼に出演!

Sponsored Link

1936年、3歳で歌舞伎の舞台でデビューし、その後、映画界に転身。1954年「ひよどり草紙」で映画デビューされた、萬屋錦之介(よろずや きんのすけ)さん。以降、冒険時代活劇に数多く出演し、映画スターの地位を確立。1966年にはテレビ業界へ進出されています。




プロフィール!


錦之介さんは、1932年11月20日生まれ、
京都府京都市中京区のご出身です。

身長は163センチ、

本名は、
小川錦一(おがわ きんいち)、

旧芸名は、
中村錦之助(なかむら きんのすけ)、

だそうです♪




歌舞伎役者として


錦之介さんは、歌舞伎役者の家に生まれ育ち、
1936年11月、3歳の時、

「中村錦之助」として、
「巌島招桧扇(いつくしままねくひおうぎ)」で、
初舞台を踏まれると、
10代の頃は、女形で頭角を現されます。

そして、1953年、21歳頃からは、
立ち役(男役)に転身し、
その芸の熱心さが評判となるのですが、

すでに二人のお兄さんが、
歌舞伎役者として成功していたため、

錦之介さんには、なかなか、
良い役が回ってこなかったそうです。


美空ひばりにスカウトされる


そんな錦之助さんは、1953年11月、
歌舞伎の舞台「明治零年」に、
新選組隊士のひとりとして出演されると、

映画の相手役を探していた、
美空ひばりさんと美空さんのお母さんの目に留まり、

美空さん所属の「新芸プロ」から、
スカウトされます。

すると、錦之介さんは、

古い封建的な世界にいるより、
門閥も何もない、ただ力だけで伸びていける、
映画の世界のほうがとても魅力的だ。

歌舞伎の世界を抜け出して、
何かやってみたいと思っていた。

と、無条件でこのスカウトを承諾。

ただ、お父さんの、
三代目中村時蔵さんは大反対し、

中途半端はいけない。
映画界に行くなら歌舞伎を辞めて行きなさい。
もし映画で失敗しても歌舞伎に戻ることは許さない。

と、錦之介さんに決断を迫られたそうで、
錦之介さんは、歌舞伎を辞めることを、
決意されたのでした。

「笛吹童子」「里見八犬伝」でブレイク!


こうして、1954年2月、
映画界に転向された錦之介さんは、

「新芸プロ」に所属し、「ひよどり草紙」で、
美空さんの相手役として映画デビュー。

翌月の3月には、
「東映」と専属契約を結ばれると、

東映映画「笛吹童子」で、
笛吹童子こと菊丸役を演じ、

ゴールデンウィークに封切られた映画は、
3週連続公開され、たちまち大ヒットを記録!


「笛吹童子」より。錦之助さんと美山黎子さん。

そして、続く、映画「里見八犬伝」は、
「笛吹童子」を上回る大ヒットを記録。

錦之介さんは、一躍、
スターダムへと駆け上ったのでした。


「里見八犬伝」

以降、錦之介さんは、
1956年には15本、
1957年には12本、
1958年には13本と、

殺人的なスケジュールをこなされ、
時代劇スターとしての地位を確立。

いずれも、商業主義的に、
量産された映画への出演でしたが、

持って生まれた華やかさや、演技に対する感の鋭さ、
研究熱心さから、どんな役でも、
周囲の期待以上に演じきられたのでした。


「宮本武蔵」


また、錦之介さんは、1961年、
映画「宮本武蔵」で、
主人公の武蔵役を演じられると、
人気を博し、映画はシリーズ化。

1962年「般若坂の決闘」
1963年「二刀流開眼」
1964年「一乗寺の決闘」
1965年「巌流島の決闘」


「巌流島の決闘」より。

と、年1作のペースで制作されています。

(ちなみに、錦之介さんは、このシリーズで男の凄まじい生き方を熱演。
 特に、「巌流島の決闘」での鬼気迫る演技や圧倒的な存在感は、
 時代を超えて、今もなおファンを魅了しています。)


東映を退社、テレビ業界に進出


そんな錦之介さんは、1965年、
「東映俳優労働組合」の代表となられると、

「俳優の立場を守る」
「映画づくりの姿勢をただす」
「契約制度の安定をはかる」

の3点を東映に申し入れるも拒否されます。

そして、これらの活動により、
東映側と軋轢(あつれき)が生じ、

錦之介さんは、翌年の1966年、
東映を退社することとなってしまったのでした。

ただ、映画界が衰退してきたこともあり、
錦之介さんは、他の映画会社ではなく、
テレビ業界へ転身。

1966年「暗闇の丑松」で、
テレビドラマデビューすると、

同年「真田幸村」
1968年「江戸一番の大泥棒」
1969年「魔像十七の首」
1971年「大忠臣蔵」


「真田幸村」より。

1972年「さすらいの狼」
1973年~1976年「子連れ狼」
1974年~1977年「破れ傘刀舟悪人狩り」
1975年「長崎犯科帳」


「子連れ狼」より。

1977年「破れ奉行」
1978年~1979年「破れ新九郎」
1980年「鬼平犯科帳」
1981年「宿命剣 鬼走り」


「鬼平犯科帳」より。

など、次々と時代劇に出演され、
人気を博したのでした。

晩年~死去~


ところが、1982年には、錦之介さんの個人事務所、
「中村プロダクション」が倒産してしまい、
13億円という莫大な借金を抱えます。

そして、今度は、
錦之介さんが体調を崩して入院。

「重症筋無力症」と診断され、
胸腺腫摘出手術を受けられることとなったのでした。

錦之介さんは、その後、
入退院を繰り返しながら少しずつ回復し、
ついには「重症筋無力症」を克服されるのですが、

1996年、「咽頭癌」に罹患。
翌年の1997年には、「肺炎」のため、
他界されたのでした。



さて、いかがでしたでしょうか?

まだ、日本に娯楽が少なかった時代、
冒険活劇スターとして、日本人に、
夢とときめきを与え続けた錦之介さん。

そんな錦之介さんの素顔は、気さくで明るく豪快で、
俳優仲間だけではなく、スタッフからも慕われていたそうで、
まさに、映画のヒーローそのもの。

また、労働組合の代表として、
俳優仲間のために戦っておられたことも、
錦之介さんのお人柄を表していますね。

今では、活劇スターという、
ジャンルさえなくなってしまいましたが、

これを機会に、銀幕の中で、
今もなお光り輝く錦之介さんを、
ビデオで鑑賞されてはいかがでしょう♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ