芳村真理の現在は?年齢は?夜ヒットの司会!若い頃はファッションモデルだった!

Sponsored Link

1950年代、ファッションモデルとして活躍し、1960年には女優として映画デビューされた、芳村真理(よしむら まり)さん。その後1966年には、司会業へ転身。「夜のヒットスタジオ」「3時のあなた」「料理天国」などで司会をされ、女性メイン司会者の草分け的存在となられました。




プロフィール!


芳村さんは、1935年4月3日生まれ、
東京都中央区日本橋のご出身です。

身長160センチ、

血液型はAB型、

本名は、大伴稲(おおとも いね)
(旧姓は吉村稲(よしむら いね))

だそうです♪


ファッションに目覚める


芳村さんは、中学生の頃、
戦時中にもかかわらず、着物を、
きれいに着こなしていたお母さんの影響で、
疎開先の宮城県でオシャレに目覚めたそうです。

しかし、終戦直後の日本では洋服が少なく、
しかも、黒やグレーなど、
単色で地味な服しかなかったことから、

芳村さんは、

こんなのオシャレじゃない。
こんな退屈な色、着たくないわ。

と思われたのだとか。

そこで、芳村さんは、時代に逆らった服を、
つくることを思いつき、

まず、持っていたたった一枚の、
生成りのセーターを糸に分解。

さらに一部の糸をグレーに、
残りをオレンジに染めると、

再びそれを編み始め、
グレーとオレンジのボーダーセーターを完成!

しかし、当時は、

「女性はモンペをはいていればいい」
「女性の化粧は非国民」

という、戦時中の考えが、
根強く残っていた時代だったため、

芳村さんがそのセーターを着て学校へ行くと、
男子生徒から反感を食らってしまったのでした。

カリスマ店員に


ただ、それは、
芳村さんの反骨精神を育み、

その後、吉村さんは、
女性の生き方を変えるファッションを、
生み出して行かれることに。

その後、芳村さんは、
疎開先の宮城から東京に戻られているのですが、

高校生になり、当時売り出されたばかりの、
ストッキングの販売員(アルバイト)をされると、
実際に脚を見せながら、実演販売。

当時は、まだ、女性が肌を露出するのに、
抵抗があった時代だったにもかかわらず、

女性の脚を美しく見せるストッキングの良さを訴え続け、
なんと、ストッキングは空前のブームに!

そして、芳村さんの名前は、
「高島屋」「銀座松屋」などの有名デパートに広まり、
ついには、芳村さんの争奪戦が始まるほど、
引っ張りだことなられたのでした。


モデルとして


そんな芳村さんは、
20歳の時にモデルへ転身。

身長160センチと、モデルとしては、
決して背は高くありませんでしたが、

逆にそれが世間の女性たちの共感を得て、
芳村さんの人気はうなぎのぼりに。



芳村さんは、まだ一般的ではなかった、
「ミニスカート」「ビキニ」などを広め、

女性たちの美意識に、
大きな影響を与えたのでした。


女優として


その一方で、1960年には、
大島渚監督にスカウトされ、
「霧ある情事」で映画デビューすると、
以降、数々の映画に出演。

1964年には、映画「くノ一忍法」で、
セミヌードになるなど、体を張った演技を披露し、
新しい境地を開拓されるのですが、


「くノ一忍法」より。

以降は、テレビドラマを中心に、
悪役を多く演じられるようになり、

このような役を望んでいなかった芳村さんは、
次第に、女優業が合わないと、
感じられるようになっていったのだそうです。


司会業に転身


そんな芳村さんは、1966年、
ワイドショー「小川宏ショー」の司会者に抜擢。

実は、芳村さんは、1959年に、
モデル活動と並行して、
音楽番組「ザ・ヒットパレード」で、
司会を務められたことがあるのですが、

今回の抜擢で、完全に女優業を廃業し、
本格的に司会業へ転身されたのでした。

ちなみに、当初、
ミニスカートを着用して司会をするという、
芳村さんのスタイルには、

芳村さんより上の世代の主婦層から、
反発があったようですが、

逆に、年若い世代の主婦層からは支持を得て、
次第に視聴率が上昇。「ザ・ヒットパレード」は、
人気番組となっていったのでした。


「夜のヒットスタジオ」で人気司会者に


そして、1968年には、
音楽番組「夜のヒットスタジオ」の司会に抜擢。


「夜のヒットスタジオ」より。前田武彦さんと芳村さん。

当初は、もうひとりの司会者である前田武彦さんの、
アシスタント的な立ち位置におられたのですが、

前田さんが1973年に降板されると、
芳村さんがメインを張るようになり、

台本を片手に持ちながら、自然体の話術で、
司会進行するという独特の司会スタイルが、
視聴者にウケ、番組の人気に貢献。


「夜のヒットスタジオPart2」より。古舘伊知郎さんと芳村さん。

当時はまだ、男性がメイン司会者、
女性がそのアシスタント、
というスタイルが一般的だったのですが、

芳村さんは、女性でメインを張ることのできる、
司会者の第一人者となられたのでした。


引退


その後も、芳村さんは、

「3時のあなた」
「ラブラブショー」
「料理天国」



「料理天国」より。(左から)龍虎さん、
芳村さん、西川きよしさん。


などで、人気司会者として、
活躍されるのですが、

1988年、長年司会を務められた、
「夜のヒットスタジオ」を降板されると、

1992年には、「料理天国」も降板。
そして、同時に、芸能活動も引退されたのでした。


現在は?


ところで、芳村さんは、
芸能界引退後の1996年、

森林の育成などをテーマとする、
「MORI MORIネットワーク」を設立。

環境問題や植林啓発活動を意欲的に行い、
テレビでの活動は控えられていましたが、

2017年2月には、テレビ番組、
「歌のゴールデンヒット~オリコン1位の50年間~」に、
ゲスト出演され、堺正章さんとともに司会を担当、

また、同年4月には、
バラエティ番組「爆報! THE フライデー」に、
スタジオゲストとして出演されるなど、
お元気な姿を見せられています。


「歌のゴールデンヒット~オリコン1位の50年間~」より。
堺正章さんと芳村さん。


さて、いかがでいたでしょうか?

女性のファッションリーダとして、
戦後の日本女性を元気づけた芳村さん。

1987年、当時、人気のポップス歌手で、
世界のファッションリーダーだった、
ラトーヤ・ジャクソンさん(マイケルジャクソンさんの姉)が、
「夜のヒットスタジオ」に出演された際には、

ラトーヤさんに臆することなく、
当時ではまだ珍しかったネイルアートで対抗し、

その美しいネイルをラトーヤさんに、
絶賛されたとか。

芳村さんのファッションへのこだわりは、
ただ美しいからだけではなく、

すべてにおいて自由が少なかった女性たちを、
解放するための手段の一つだったのでしょうね。

すでに80歳を回った芳村さんですが、
その着こなしは今も健在。

これからも、時々は、
元気なお姿を見せてほしいですね♪

楽しみにしています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ