松任谷由実のアルバム記録が凄い!夫が浮気?あの日にかえりたい!

Sponsored Link

1972年、大学生の時、かまやつひろしさんプロデュースの「返事はいらない」でデビューし、翌年の1973年には、アルバム「ひこうき雲」で人気を博した、シンガーソングライターのYUMING(ユーミン)こと、松任谷由実(まつとうや ゆみ)さん。以降、「あの日にかえりたい」「守ってあげたい」「真夏の夜の夢」「春よ、来い」「輪舞曲」など、次々とヒットを連発し、人気実力ともに不動の地位を築かれています。


プロフィール!

ユーミンは、1954年1月19日生まれ、
東京都八王子市のご出身です。

血液型はO型、

出身大学は、
多摩美術大学、

だそうです♪

「ひこうき雲」は15歳の時の作品?!

ユーミンは、1912年から続く、
老舗呉服店の次女として生まれ、

6歳からピアノ、11歳から三味線、
14歳からベースを始められたそうです。

そして、中学時代は、「ザ・フィンガーズ」という、
バンドの追っかけをしていたそうで、

同バンドのシー・ユ―・チェンさんは、
その時のことを振り返り、

そのころ、ユーミンは、僕が参加していた、
「ザ・フィンガーズ」というバンドの〝追っかけ〟だったので、

新宿の『ACB』や池袋の『ドラム』といった、
都内のジャズ喫茶でよく話をしました。

出会ったころのユーミンは、
ショートカットでニキビがいっぱいあって、
女性というより、面白い女の子という印象でしたね。

と、明かされています。

また、ユーミンは、立川や横田の米軍基地にある、
PX(売店)に入り浸っては、

海外の最新レコードを購入される、
熱心な音楽ファンだったそうで、

15歳の頃には、ピアノの弾き語りを吹き込んだカセットテープを、
チェンさんのもとに持っていかれるようになったのだとか。

ちなみに、チェンさんによると、この曲は、
「ひこうき雲」「ベルベット・イースター」の、
どちらかということで、正確には覚えていないそうですが、
いずれにしても非常に素晴らしい曲だったそうです♪

「返事はいらない」でデビューするも・・・

その後、大学に入学されたユーミンは、
1972年、「アルファレコード」と契約し、

同年、かまやつひろしさんがプロデュースした、
シングル「返事はいらない」でデビュー。
(当時は、旧姓の「荒井由実」名義)

「返事はいらない」

ただ、シングルは300枚しか売れず、
現在では、幻のシングルと言われているそうです(^_^;)

「あの日にかえりたい」が大ヒット!

そんなユーミンは、実は、
当初は作曲家を目指されていたこともあり、
自分で歌うことに迷いがあったのだとか。

ただ、ユーミンの声に魅力を感じた、
音楽プロデューサーの有賀恒夫さんに勧められ、

翌年の1973年、ファースト・アルバム、
「ひこうき雲」をリリースすると、

ラジオの深夜放送番組「パックインミュージック」の、
金曜日第2部を担当していた、
パーソナリティの林美雄さんに絶賛され、
ユーミンの人気は急上昇。

こうして、ユーミンは、
1974年より本格的に音楽活動を開始すると、

1975年10月、6枚目のシングル、
「あの日にかえりたい」が、
初のオリコンチャート1位に輝くなど、
一躍、人気歌手の仲間入りを果たされたのでした。

松任谷正隆と結婚~次々とヒットを連発

そして、1976年11月には、
アレンジャーの松任谷正隆さんと結婚。

松任谷正隆さんと荒井由実さん(当時)。
このウェディング・ドレスは自らデザインされたものだそうです♪

なんと、結婚後は、引退を考えておられたそうですが、
専業主婦になりきれず、音楽活動を続行され、

1978年からは、オリジナル・アルバムを、
毎年2枚づつリリースする傍ら、
他の歌手へ楽曲を提供するなど曲作りに励まれると、

1981年には、17枚目のシングル
「守ってあげたい」が大ヒットを記録。

「守ってあげたい」

さらには、同年11月にリリースされた、
12枚目のアルバム「昨晩お会いしましょう」以降、

13th「PEARL PIERCE」(1982年6月21日)
14th「REINCARNATION」(1983年2月21日)
15th「VOYAGER」(1983年12月1日)
16th「NO SIDE」(1984年12月1日)
17th「DA・DI・DA」(1985年11月30日)
18th「ALARM a la mode」(1986年11月29日)






19th「ダイアモンドダストが消えぬまに
(before the DIAMONDDUST fades…)」
(1987年12月5日)
20th「Delight Slight Light KISS」(1988年11月26日)
21th「LOVE WARS」(1989年11月25日)
22th「天国のドア(THE GATES OF HEAVEN)」(1990年11月23日)
23th「DAWN PURPLE」(1991年11月22日)





24th「TEARS AND REASONS」(1992年11月27日)
25th「U-miz(ユーミッズ)」(1993年11月26日)
26th「THE DANCING SUN」(1994年11月25日)
27th「KATHMANDU(カトマンドゥ)」(1995年12月1日)
28th「Cowgirl Dreamin’」(1997年2月28日)





と、17枚連続でオリコン1位を獲得。

しかも、1987年12月にリリースした、
19枚目のアルバム「ダイアモンドダストが消えぬまに」以降は、
9枚連続でミリオンセラーとなるなど、

ユーミンは一大ブームを巻き起こし、
人気シンガーソングライターとしての地位を、
不動のものにされたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

2016年には、ご主人である、
松任谷正隆さんの浮気が、
報じられてしまったユーミン。

正隆さんは、1976年から、
ユーミンのシングルやアルバム制作に、
アレンジャーやプロデューサーとして参加されており、

公私に渡る、良きパートナーとして、
お互いの才能を認め合っているご様子だったのですが、

もはや、夫婦というよりは、
仕事仲間という感覚に近いのかも。

ただ、この不倫騒動にも、
ユーミンは「意に介さず」といった感じで、
さすがは大物ユーミン。

これからも、その独特の歌声で、
素晴らしい曲を歌い続けてほしいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ