吉田豪はアニメファンだった?ヤンキーでパンクも!ツイッターでは吉田光雄!

Sponsored Link

子どもの頃からコアなアニメファンで、主題歌のレコードを聴き比べては独自の研究を重ねられていた、インタビュアーでコラムニストの吉田豪(よしだ ごう)さん。その後、中学時代はパンクに傾倒し、ハードコア雑誌「修羅」のスタッフとして活動されたり、専門学校の卒業制作では、綿密な取材により、学長の暴露本を制作されるなど、この頃すでに、吉田さんの大きな持ち味である「徹底した事前調査」を開始されています。




プロフィール!


吉田さんは、1970年9月3日生まれ、
東京都のご出身です。

血液型はA型、

学歴は、
東京デザイナー学院の編集デザイン科、

ツイッター上でのペンネームは、
吉田光雄、

趣味は、エゴサーチと、
ネット上のトラブルを拡散して、
火の粉を浴びること、

ちなみに、3分に1回は、
エゴサーチしているのだとか♪

(エゴサーチとは、自分の名前・ブログ名・ハンドル名などを、
 検索して、自分自身の評価を確認する行為のこと。)


幼少期はコアなアニメファン


吉田さんは、子どもの頃からアニメ好きで、
古本屋に通ったり、アニメの主題歌のレコードを集めておられ、

中でも、「白い牙 ホワイトファング物語」を制作した、
アニメ制作会社「サンライズ」の作品がお気に入りで、

「サンライズ」のアニメーターになることを、
夢見ておられたそうです。


「白い牙 ホワイトファング物語」より。

また、アニメ「銀河漂流バイファム」の、
主題歌がお好きで、

シングルバージョンはもちろん、
その他、SE(効果音)のないバージョン、
主題歌を担当されていた「TAO」というアーティストの、
ライブバージョンなどを、コアに収集。

ちなみに、吉田さんが初めて自分のお金で買ったLPは、
「銀河旋風ブライガー」のBGM集で、
アニメ「宇宙戦士バルディオス」の挿入歌、
「立て!バルディオス」という曲だったそうです♪


アニメを卒業してヤンキーに


しかし、あまりにも、
アニメにハマりすぎてしまったため、

さすがに「ヤバイ」と思われたのと、
バカにされるのが嫌で、
中学2年生になると、アニメ離れを決意。

当時、流行っていた、
不良文化への憧れが高まったこともあり、

バイク雑誌を購入したり、
太いズボンや縦ストライプのスーツを着るなど、
不良文化にハマります。

また、この頃、ヤンキーの友達の影響で、
パンクを聴くようになり、
ハードコア・パンクのミニコミ「修羅」の、
スタッフとなるまでに。


「修羅」

ちなみに、当時、ハードコア系の情報が掲載されていた雑誌は、
「DOLL」「宝島」という商業誌だったため、
人気バンドの情報が中心だったのですが、

「修羅」は、メディアへの露出を嫌う、
かなりマニアックなバンドのインタビュー、ライブレポート、
コラム、企画など、コアな情報がふんだんに盛り込まれた、
内容の濃い情報誌だったそうで、
その後の吉田さんの活動の礎となったそうです。


高校生で金髪に


そんな吉田さんは、高校に進学しても、
不良文化はそのままだったようで、

高校3年生の冬休みには、
とうとう金髪に!

ただ、卒業式の日、
そのまま出席しようとしたところ、

「なんだその頭は!?」

と、先生に怒られ、監禁されてしまい、
結局、卒業式には出られなかったそうで、

吉田さんの友達2人も、
メタル風に後ろ髪を少し伸ばしておられたことから、
卒業式には参加できず、3人は存在していないことに、
なってしまったのだそうです(^_^;)

卒業制作で学長の暴露本制作


そして、高校卒業後は、
専門学校に進学され、

「反戦」「反核」「反オタク」の、
パンクバンドを組んだり、

漫画研究会主催のクイズ大会に、
殴り込みをかけるなど、過激な活動を展開されるのですが、

極めつけは、専門学校の卒業制作で、
当時の学長の暴露本を制作されたそうで、

吉田さんは、当時を振り返り、

僕、掃除のおばちゃんと仲良くなったんですけど。
タバコとか吸っているうちに、
おばちゃんがだんだん愚痴こぼすようになって。

「聞いてよ。この前ね、学長の愛人の家の掃除に行かされたのよ」
って聞いて。

「いいネタつかんだ!」と思って、
そういうの全部書くような活動をした結果、

卒業式で卒業証書、渡されるじゃないですか。
僕と、あとその友達だけ名前も呼ばずに、
無言で渡されて(笑)。

と、おっしゃっていました。

(ちなみに、この頃より、綿密な取材を行う、
 現在の取材スタイルを確立されたそうです♪)

「アートサプライ」で「宝島」や「ビデオボーイ」を担当


しかし、その後の就職活動では、
ハードコア雑誌「DOLL」
の入社試験を受けられるも不合格。

漫画雑誌「コミックボックス」の編集部には、
合格し内定をもらっていたそうですが、
内定を辞退し、就職浪人となられます。

そして、その後、編集プロダクション、
「アートサプライ」に入社されると、

ハードコア雑誌「宝島」の中のコーナー、
「VOW」で、投稿選考主任を務めることに。

また、その一方で、雑誌「ビデオボーイ」では、
杉作J太郎さんや平山夢明さんの原稿の書き起こしや、
ビデオ評を書いたり、アイドルの取材をされていたのですが・・・



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ