井上堯之はスパイダースだった!ギターが凄い!太陽にほえろのテーマを作曲!

Sponsored Link

1961年、「ザ・スパイダース」にコーラスとして加入されるも、独学でギターをマスターしギタリストに転身された、井上堯之(いのうえ たかゆき)さん。「ザ・スパイダース」解散後は、「PYG」「井上堯之バンド」として活躍し、「太陽にほえろ!」をはじめ、1970年代を代表するテレビドラマのテーマソングを数多く手がけられています。




プロフィール!


井上さんは、1941年3月15日生まれ、
兵庫県神戸市のご出身です。

出身高校は、
兵庫県立星陵高等学校、

趣味は、自転車、

井上さんは、高校卒業後、
板前をされていたことがあったそうです♪


「ザ・スパイダース」に加入


井上さんは、1961年、
池袋のジャズ喫茶「ドラム」で、
「ザ・スパイダース」の演奏に感動し、
自ら加入を志願されると、

オーディションを受けられ、
ヴォーカルとして加入。


「ザ・スパイダース」のメンバー。左端が井上さん。

そして、井上さんは、「スリー・ジェット」という、
3人組のコーラスの一員として活動していたのですが、

ある日のこと、キーボードの大野克夫さんと、
ギタリストの伊藤源雄さんが、ビートルズの曲をコピーしていた際、
曲の入り方についてケンカになり、伊藤さんが辞めてしまいます。

そこで、急遽、井上さんが、
ギターを担当することになるのですが、
井上さんはギターが弾けなかったため、
独学でギターを練習されたのでした。


「夕陽が泣いている」が大ヒット


その後、井上さんは、「ザ・スパイダース」の、
リード・ギターを担当されるまでにギターをマスターされ、

1966年、「ザ・スパイダース」は、
「夕陽が泣いている」が大ヒット。

ただ、この曲は、当時のヒットメーカーである、
浜口庫之助さんの作曲で、

従来の「ザ・スパイダース」とは全く違う、
歌謡曲のようなメロディ。

井上さんは、もともと、
エルビス・プレスリーに憧れておられたこともあり、
歌謡曲はやりたくなかったようですが、

商業的に成功するためには、
仕方がなかったのかもしれませんね。




「PYG」「井上堯之バンド」で活躍


そして、1971年に、
「ザ・スパイダース」が解散すると、

井上さんは、「ザ・スパイダース」「ザ・タイガース」
「ザ・テンプターズ」
の元メンバーである、

萩原健一さん、沢田研二さん、大野克夫さん
岸部一徳さん、原田裕臣さんとともに「PYG」結成に参加。



ただ、この「PYG」も、ほどなく、
リード・ヴォーカルの萩原健一さんと沢田研二さんが脱退すると、

1972年、井上さんは、
大野さん、岸部さん、原田さんと、
「井上堯之バンド」として、本格的に活動を開始し、

脱退後の沢田さんのライブでのバックバンドや、
萩原さんが出演されたテレビドラマである、
「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」
「青春の蹉跌」「くるくるくるり」
などのテーマソングを担当し、
1980年、解散されています。


作曲家、音楽監督としても活躍


また、井上さんは、
バンド活動以外にも、

1979年「太陽を盗んだ男」
1986年「火宅の人」

では、映画のサウンドトラックを作曲し、
「日本アカデミー賞最優秀音楽賞」を受賞。


「火宅の人」より。緒形拳さんと松坂慶子さん。

1987年には、近藤真彦さんに提供された曲、
「愚か者」が日本レコード大賞を受賞。

その後も、

1990年「マランドロ」(演劇)
1999年「ザ・ロッキーホラーショー」(ミュージカル)

では、音楽監督を務められたほか、

ソロだけでなく、様々なユニットに参加して、
ライブ活動を展開されるなど、
様々な音楽シーンで活動されたのでした。


芸能界引退


しかし、2009年1月、井上さんは、
突然、公式ホームページで引退を発表。

というのも、井上さんは、
年明けに健康診断を受けたところ、
「肺気腫」と診断されたそうで、

自覚症状はなく、
音楽活動には支障はないものの、

今後、ステージでの活動が、
厳しくなってくる可能性が大きいことから、
引退を決意されたのでした。

(ちなみに、近年は納得のいく演奏ができなくなり、
 悩んでおられたそうで、そんな時に病気が発覚し、
 引退を後押しする形となったようです。)


現在は復帰?


そんな井上さんは、芸能界引退後、
2009年1月から2010年6月の間、

北海道小樽市のリハビリテーション施設で、
ボランティア勤務のかたわら、
リハビリ施設やイベントで演奏されると、

その後は、東京に戻られ、
老人ホームで童謡を演奏されていたようで、
童謡のアルバムもリリース。

そして、2016年4月には、
最新録音技術の波動録音方式で収録された、
アルバム「The Guitar」を、

2017年5月15日は、
「The GuitarII」をリリースされるなど、
精力的に活動されているようです。



さて、いかがでしたでしょうか?

当初は、コーラスで、
「ザ・スパイダース」に加入されるも、

その後、独学でギターをマスターし、
作曲でも才能を開花された井上さん。

仲間達が次々と俳優に転身される中、
音楽一筋でやっておられるのは、
かっこいいですね。

なにより、今は、ギターを弾くのが、
楽しくてしかたがないご様子で、

これからもお体に気をつけて、
マイペースに楽しみながら、
音楽活動を続けていってほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ