大野克夫は天才少年だった!ザ・スパイダース!史上最年少でジャズコンテスト優勝!

Sponsored Link

幼い頃から音楽の才能を発揮し、小学4年生の時にはすでに作詞作曲をされていた、大野克夫(おおの かつお)さん。高校2年生の時にはジャズコンテストで優勝し、高校卒業後はゲーリー石黒さんにスカウトされてプロ入り。その後、田邊昭知さんに熱烈なスカウトを受け、「ザ・スパイダース」に加入されています。




プロフィール!


大野さんは、
1939年9月12日生まれ、
京都府京都市のご出身、

血液型はO型、

出身高校は、
京都市立堀川高等学校、

だそうです♪


音楽に恵まれた幼少期


大野さんのお父さんは、
京都の老舗の呉服屋を営むかたわら、
尺八の師匠でもあり、
お母さんもまた琴の奏者だったそうで、

大野さんが物心ついた時から、家には、
マンドリン、ピアノ、アコーディオン、
バイオリン、ラッパなど様々な楽器があり、

お姉さんはピアノを、
お兄さんたちはジャズをたしなむ、
音楽一家だったそうです。

そのような家庭環境だったため、
大野さんは、

「どういう音がするんだろう?」

と、楽器をいじっているうちに、
どんな楽器もこなせるようになり、

小学2年生の時に、音楽の先生に、
ト音記号(高音部記号)、ヘ音記号(低音部記号)など、
音楽の基礎を教えてもらうと、

小学校4年生の時には、「卒業生を送る歌」を、
作詞作曲されるほどになっていたそうです。

「ウエスタンバンド」でスチールギターを担当


ところが、大野さんは、中学生になると、
音楽ではなく、数学に興味を持たれ、
「数学部」に入部。

ただ、高校へ進学されると、
再び音楽の道へ戻られており、

大野さんはその時のことを、

高校に入ると、なんか(校舎から)、
好きな音楽が聞こえてくるんですよ。

当時、軽音楽クラブというのがあって、
そこには2年生がいなくて3年生だけの集まりで…。

クラリネットがいたり、スチールギターの人がいて、
“ペニーグッドマン”(のナンバー)なんかをやってました。

ところが、ピアノがいなくて『大野君、ピアノ弾けるの?』
『弾けますよ』と一緒にやってました。

そこで2年生になった時には、3年生がいなくなって、
いよいよ我々の天下だ!という訳で、
中学(の時)の数学部の連中を集めてバンドを作ったんです。

“ウエスタンバンド”で、僕はスチールギターを担当したんですが、
実はその前の1年生の時に、3年の先輩が持っているスチールギターに、
えらく興味を持ちましてね…。
手作りで同じものを作ってもらったんです。

と、おっしゃっていました。

ジャズコンテストで優勝


そして、高校2年生の時には、
バンドのメンバー達とともに、
「京都ジャズ合戦」に出場。

当時の西部劇のサントラ盤「誇り高き男」を演奏し、
史上最年少で優勝されると、

このことがきっかけで、
ゲーリー石黒さんにスカウトされ、

高校卒業後は、
「ゲイリー石黒&サンズ・オブ・ザ・ウエスト」の、
スチールギター奏者としてプロ入り。

ゲーリーさんは、大野さんについて、
当時の新聞のインタビューで、

遊びに来ないかと声をかけたら、またたく間に、
僕らのレパートリーをコピーしてしまったのにはびっくり。
僕にも分からない程のテクニックでした。

と、おっしゃっていたそうです。

「ザ・スパイダース」に加入


その後、大野さんは、京都のジャズ喫茶「ベラミ」で、
バンド「スウィング・ウエスト」と共演したことがきっかけで、

「ザ・スパイダース」を結成したばかりだった、
「スウィング・ウエスト」のドラムス、
田邊昭知さんと出会われるのですが、

他のミュージシャン同様、
大野さんのギターテクニックを目の当たりにした
田邊さんから熱烈なスカウトを受けられます。

ただ、大野さんは、ゲーリーさんへの遠慮もあり、
なかなか返事をすることができずにいると、

3回目の誘いの時に、田邊さんから、

「もうスパイダースが始まるんだけど・・・」

と言われ、

ついに、大野さんはゲーリーさんに話をして、
半年後に「ゲイリー石黒&サンズ・オブ・ザ・ウエスト」を脱退。

1962年には上京し、
「ザ・スパイダース」に加入されたのでした。

「太陽にほえろ!傷だらけの天使!名探偵コナンも!」に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ