西山茉希の旦那は早乙女太一!年齢差は?馴れ初めは?DVの原因は?

Sponsored Link

2005年、女性ファッション雑誌「CanCam」の専属モデルとしてデビューし、その後、人気モデルとして活躍された、西山茉希(にしやま まき)さん。2009年に「CanCam」を卒業した後は、タレント・女優として活動されています。


年齢は?出身は?本名は?

西山さんは、1985年11月16日生まれ、
新潟県長岡市のご出身、

スリーサイズは、
上から、82-58-85、

血液型O型、

本名は、
西村茉希(にしむら まき)
(旧姓:西山)

学歴は、
新潟県立長岡大手高等学校家政科、

趣味は、
文を書くこと、料理、デザイン、

だそうです。

スカウトされて芸能界入り

西山さんは、2004年、高校生の頃、
思い出づくりのため、東京に旅行に行った際、
銀座で迷子になってしまったそうです。

そこへ、ファイルを持った男性が声をかけてきたので、
西山さんは、「いいところに来た」と思い、
原宿まで連れて行ってもらったそうですが、

原宿まで行く電車の中で、
その男性がスカウトマンと知ったのだとか。

ちなみに、西山さんは当時を振り返り、

その人は最初の頃から『君はCancam系だから』。
電車の中で足触って『この足の太さじゃだめだから』って。
電車の中で触られまくった。でも東京ってそんな感じなのかなって。

と、明かされていました。

人気モデルへ

こうして、西山さんは、翌年の2005年5月、
女性ファッション雑誌「CanCam」の、
専属モデルとしてデビューされると、

2007年には、単独で表紙に初登場。

「CanCam」2007年9月号

同時期に活躍されていた蛯原友里さんや山田優さんと、
肩を並べるほどの人気モデルへと成長されます。

また、その一方で、CMや映画に出演されたり、
企業のイメージキャラクターになられるなど、
女優、タレントとしても活動の場を広げられ、

その後、2009年12月に、
「CanCam」の専属モデルを卒業されると、

2010年2月には、PV「Echo~優しい声~ / DEEP」
     3月には、情報バラエティ番組「DON!」の月曜日レギュラー
     5月には、テレビドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」

に出演されるなど、女優、タレント活動に、
専念するようになったのでした。

早乙女太一との年齢差は?馴れ初めは?

そんな中、西山さんは、2012年2月、当時21歳だった、
6歳年下の大衆演劇の俳優、早乙女太一(さおとめ たいち)さんと、
手を繋いでハワイから帰国する姿を週刊誌にキャッチされ、

帰国後、ブログで、

まずは、今回の報道に対し、
励ましや、応援のコメントを下さった皆さん、
温かいお言葉をありがとうございました。

商品として仕事をさせてもらいながらも、
私のプライベート、個人の想いを、
受け入れてもらえることは素直に嬉しいことです。

私が私らしく、彼が彼らしく、皆さんに届けるものに、
胸を張って生きれる選択をしていたいと思っています。

と、交際を認められています。

ちなみに、お二人は、芸能関係の友人の紹介で知り合い、
2011年6月に交際をスタートされたということで、
この時点で、すでに1年近く経っていたようですね♪

当時の西山さんと早乙女さん♪

DV騒動の原因は?

しかし、それから3ヶ月後の2012年5月には、
早乙女さんが路上で西山さんに暴力をふるっている現場が、
週刊誌「女性自身」にスクープ。

「デートDV」だと大きな騒動に発展したのですが、
一体何があったのでしょうか?

お二人は2012年5月10日、友人らも交えて、
東京お台場にあるアミューズメント施設で、
ボウリングを楽しまれると、

夜の11時過ぎには、
東京、白金にある鉄板焼店の個室に入り、
一気飲みするなど大盛り上がり。

ただ、西山さんが完全に酔ってしまってハイテンションになり、
みんなの前でシモネタを連発されたそうで、

そんな西山さんを、早乙女さんが注意したそうですが、
次第に、お二人は険悪な雰囲気になっていったのでした。

路上で大喧嘩

そして、深夜2時頃、一行が店から出てくると、
西山さんは早乙女さんと一緒にタクシーに乗り、
早乙女さんの自宅マンションに到着。

西山さんはふてくされたような表情で部屋に入り、
早乙女さんが追いかけるように続いて中に入るのですが・・・

そのわずか数分後、西山さんが突然、外に飛び出し、
早乙女さんが「待てよ!」と言いながら、
西山さんを追って飛び出してきます。

その後、お二人はもみ合いになるのですが、
西山さんがタクシーを捕まえ、
止まったタクシーに乗り込もうとするのですが、

早乙女さんに強引に引きずり出されてしまう、
ということが何度か繰り返されたそうで、

その後、タクシーが去り、早乙女さんが

「俺はお前といっしょになりたいんだよ!」

と叫びながら、西山さんの両腕を掴まれると、

西山さんは、

「いつもそう。もう別れよ。」

と、冷静な口調で言い放ったのだとか。

すると、その一言でキレた早乙女さんに、
西山さんは、力任せにガードレールに突き飛ばされ、
アスファルトに打ち付けられてしまったのでした・・・

「早乙女太一とのその後」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ