仲谷昇の死因は?元妻は岸田今日子!カノッサの屈辱?昔イケメン俳優だった!

Sponsored Link

1951年、「文学座」の座員として「武蔵野夫人」で初舞台を踏まれ、1953年、「にごりえ」でスクリーンデビューされた、仲谷昇(なかや のぼる)さん。「文学座」脱退後は、「劇団雲」の結成を経て「演劇集団 円」を結成されています。また、俳優として活躍される一方で、深夜のバラエティ番組「カノッサの屈辱」では、教授に扮し、大真面目な司会進行が若い世代を中心に人気を博しました。




プロフィール!


仲谷さんは、1929年5月4日生まれ、
東京府(現在の東京都)のご出身です。

学歴は
中央大学法学部中退、

趣味は、
競馬、野球、

仲谷さんは、大のヘビースモーカーで、
1日100本タバコを吸っていたそうです。


「文学座」で活躍


仲谷さんは、もともと、演劇には興味がなく、
法律家を志し、1949年、中央大学法学部に入学。

その後、どのような経緯かは分かりませんでしたが、
演劇に興味を持つようになったそうで、

翌年の1950年に大学を中退し、
「文学座演劇研究所」に入られると、

翌年の1951年、正式に「文学座」の座員となり、
同年、「武蔵野夫人」で初舞台を踏まれます。


若き日の仲谷さん。男前です。

そして、1953年には、
「にごりえ」の第2話「大つごもり」で映画デビュー、

1960年には、
「女神」でテレビドラマデビューも果され、

以降、舞台、映画、テレビドラマと、
幅広く活動されます。


「にごりえ」より。仲谷さんと久我美子さん。


演劇集団「円」の代表として


しかし、1963年、仲谷さんは、劇団の体質への不満から、
芥川比呂志さん、神山繁さん、小池朝雄さんらと、
「文学座」を集団脱退して、「劇団雲」を結成。

1975年には、再び、
芥川さん、神山さんらと「劇団雲」を脱退して、
「演劇集団 円」を結成されています。

ちなみに、「演劇集団 円」は、当初、
芥川さんが代表を務められていたのですが、

1981年に芥川さんが亡くなった後は、仲谷さんが、
代表及び「株式会社円」の社長を務められています。


カノッサの屈辱


そんな仲谷さんは、俳優として活動される一方で、
1990年~1991年、深夜帯で放送されていた、
教養バラエティ番組「カノッサの屈辱」でナビゲーターを担当。

仲谷さんが「教授」に扮し、

「やぁ皆さん、私の研究室へようこそ」

で、始まるこの番組は、

様々な企業や業界を、戦国時代や三国志、
ローマ史などになぞらえて、楽しみながら、
企業や歴史を学べるというものなのですが、

それだけではなく、バラエティでありながら、
仲谷さんが大真面目に番組を進行するスタイルがウケ、

深夜番組でありながら、当時の若い世代に人気を博し、
仲谷さんは新境地を開拓されたのでした。


「カノッサの屈辱」より。

死因は?


しかし、仲谷さんは、その後、
持病の喘息が悪化して、入退院を繰り返されると、

2001年 舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」
2005年 テレビドラマ「世直し公務員ザ・公証人(5)消えた秘密証書遺言!?」

の出演を最後に、2006年、77歳で、
「慢性閉塞性肺疾患」のため他界されています。


「世直し公務員ザ・公証人(5)消えた秘密証書遺言!?」より。
渡瀬恒彦さん(左)と仲谷さん。



元妻は岸田今日子


そんな仲谷さんの、
気になるプライベートですが、

仲谷さんは、3度の結婚と、
2度の離婚をされています。

まず、最初の奥さんは、
女優の岸田今日子さん(2006年死去)で、
1954年に結婚。


若き日の仲谷さんと岸田さん。

お二人は、「文学座」の座員として知り合われると、
1963年の「文学座」脱退、劇団「雲」の設立、
1975年の「演劇集団 円」の設立と、

公私共に行動をともにされ、
「おしどり夫婦」と呼ばれるのですが、
1978年に離婚。

奥さんである岸田さんが、女優としての評判が上がり、
仕事が忙しくなったことで、次第に夫婦として、
うまくいかなくなってしまったようです。

ただ、離婚後も、岸田さんは、
「演劇集団 円」に所属されているので、

お互い、俳優として認め合い、
良好な関係を築かれていたようです。

ちなみに、仲谷さんは、その後、
1980年に一般女性と再婚されるも、
1997年に再び離婚。

そして、2002年に、
別の一般女性と再々婚されており、
この方が最後の奥さんとなったようです。


子どもは?


ところで、最初の奥さんである岸田さんとの間には、
1968年に女の子が誕生しています。

名前は、西條まゆ(さいじょう まゆ)さんというそうで、
離婚後は、岸田さんが引き取り、育てていたそうですが、

娘さんがどのようなお仕事をされているのかは分かりませんでした。
(少なくとも、芸能関係のお仕事ではないようです。)

また、ほかにお子さんがいらっしゃるかどうかも、
分かりませんでした。

ちなみに、仲谷さんが亡くなって、約1ヶ月後に、
元奥さんの岸田今日子さんも、後を追うように亡くなったそうで、

離婚はされたものの、お二人には、
やはり、深い縁があったのかもしれませんね。

さて、いかがでしたでしょうか?

仲谷さんは、「文学座」では、演技だけではなく、
二枚目俳優としても評判が高かったそうなので、
おじさまになったところしか知らない世代には意外かも。

これを機会に、仲谷さんの、
昔の作品をご覧になってはいかがでしょう♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ