細川俊之の死因は?若い頃は?木の実ナナと!元妻は小川眞由美!娘は?

Sponsored Link

1964年、「無言な毒薬」で初舞台を踏まれると、以降、甘いマスクと低音の美声で、二枚目俳優として人気を博した、細川俊之(ほそかわ としゆき)さん。一方で、冷徹な悪役やコミカルな役なども幅広く演じられ、映画「エロス+虐殺」、テレビドラマ「ムー一族」「毛利元就」などに出演。また、劇場版アニメ「あしたのジョー」の力石徹の声でも有名です。




プロフィール!


細川さんは、1940年12月15日に、
福岡県小倉市(現在の北九州市)で生まれ、
山口県下関市で育たれています。

身長175センチ、
体重67キロ、

血液型はB型、

学歴は、
学習院大学政経学部、

趣味は、
スキューバダイビング、

だそうです。


クールな二枚目俳優として


細川さんは、学習院大学中退後、
「俳優座」の養成所、第13期生となると、

卒業後の1963年には、
劇団「文学座」の研究生となり、

翌年の1964年、
「無言な毒薬」で舞台デビュー。

以降は、クールな二枚目俳優として、
頭角を現し、

1964年「欲望という名の電車」のミッチェル役、
1967年「シラノ・ド・ベルジュラック」のクリスチャン役、

など、次々と名作に出演されています。


「阿Q外傳(1969年文学座公演)」のパンフレットより。
中央に写っているのが細川さん。



木の実ナナとの「ショーガール」がロングランヒット


そして、1971年には、「文学座」を退団し、
主な活動の場をミュージカルに移されると、

1974年には、「日曜はダメよ!」で、
越路吹雪さんと共演されるほか、

同年から始まった、木の実ナナさんとコンビを組んだ、
「ショーガール」が1988年まで続くロングランとなっています。


「ショーガール」より。木の実ナナさんと細川さん。

ちなみに、お二人は、共演期間中、
新鮮さを保つため、一切交流を持たなかったとのことで、

木の実さんは、

その分、舞台で手を握ったら、
すぐ細川さんの体調がわかるんです。

夫婦以上のつながりがあったと思う。
神さまが決めてくれたパートナー。

と、語っておられました。

お二人の息がピッタリ合っていたからこそ、
14年も続く人気公演となったのでしょうね。

「アラン・ドロン」の「あまい囁き」を中村晃子とカバー


また、細川さんは、「千駄ヶ谷のアラン・ドロン」
と呼ばれるほどの二枚目ぶりで人気を博す一方で、

その独特の語り口調と美声から、1973年には、
アラン・ドロンとダリダのヒット曲「あまい囁き」の日本語版を、
中村晃子さんとのデュエットでカバーされています。

とはいっても、細川さんは歌を歌っておらず、
語りかけるようにささやいておられるだけなのですが・・・

細川さんの美声だと、
キザな台詞も様になりますね♪




悪役から善人まで


そんな細川さんですが、1973年、
映画「女囚さそり701号怨み節」では、

これまでのイメージを覆すような、
冷酷で狂気に満ちた、児玉警部役という、
憎たらしい悪役を熱演。


「女囚さそり701号怨み節」より。細川さんと梶芽衣子さん。

1978年には、コメディ仕立ての、
ホームドラマ「ムー一族」で、
気の弱いチンピラ役をコミカルに演じられるなど、

悲喜劇問わず、善人から悪役まで、
幅広く演じられています。


「ムー一族」より。細川さんとたこ八郎さん。


「あしたのジョー」の力石徹


また、1980年には、
劇場版アニメ「あしたのジョー」で、
力石徹の声を担当。

劇場版ということもあり、
意外と知られていなかったようですが、

クールでダンディな渋い声は、
「あしたのジョー」のファンからも、
高い評価を受けていたようです。

ちなみに、2001年にも、
缶コーヒー「BOSS」のCMで、

あおい輝彦さん(ジョーの声)と共演され、
コミカルな演技を披露されています♪




元妻は小川眞由美!娘は?


ところで、細川さんの、
気になるプライベートですが、

細川さんは2度結婚されています。

まず、最初の奥さんは、同じ「文学座」の女優だった、
小川眞由美さんで、1967年に結婚。



お二人は、「文学座」の舞台、
「シラノ・ド・ベルジュラック」で共演され、

小川さんは、
ヒロインの美女ロクサーヌ役を、

細川さんは、ロクサーヌの恋人で、
美男のクリスチャン役を演じ、

役柄同様、美男美女同士そのまま恋に落ち、
大恋愛の末に結婚に至ったのだとか。

その後、1969年に、
娘の小川雅代さんが誕生するのですが、

1971年頃から別居。
1973年には離婚されています。


再婚


そして、離婚の翌年の1974年には、
宝塚歌劇団卒業生(48期生)の、
千 夏記(せん なつき)さんと再婚。

奥さんについては、情報がないことから、
結婚後は家庭に入られたようです。


病魔との闘い


こうして、一度離婚されたとはいえ、
公私ともに順調だった細川さんですが・・・

1994年、「けいれん発作重積症」のため、
舞台「ラ・カージュ・オ・フォール」を降板されると、

翌年の1995年には、「糖尿病」で入院され、
映画「ゴジラVSデストロイア」を降板。

さらに、同年、「脳内出血」で倒れ、入院と、
次々と病魔に襲われてしまいます。

その後も、体調はあまりよくなかったようで、
俳優活動は減らされ、

2004年からは、
大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科演出コースの教授に就任。
年15回ほど教壇に立たれていたようです。




死因は?


しかし、2011年1月12日、
自宅の居間で倒れ、転倒した際に、
頭部を強打されると、

病院に緊急搬送されるも、
すでに意識不明の昏睡状態。

手の施しようがない状態で、2日後の1月14日、
「急性硬膜下血腫」のため、他界されたのでした。

ちなみに、細川さんは、生前、
大学病院への検体を申し出られていたため、

遺体は病院に移送され、遺骨は1年後に、
奥さんのもとに戻られたとのこと。

(大学の医学部や歯学部で行われる、人体解剖学実習の教材として、
 無条件、無報酬で提供されたそうです。)

そのため、通夜、葬儀は、
行われなかったそうです。

さて、いかがでしたでしょうか?

独特の声と甘いマスクのジェントルマンとして、
人々を虜にした細川さんですが、

プライベートでも、自宅近くのレストランへ奥さんと訪ねては、
店員に気さくに声をかけられていたほか、検体まで遺言されるなど、

細川さんは、公私共に、そして、亡くなるときまで、
ジェントルマンだったのでした。

細川さんのご冥福をお祈り致します。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ