小林隆!俳優!古畑任三郎!真田丸に出演!東京サンシャインボーイズだった!

Sponsored Link

1988年に、三谷幸喜さん主宰の「東京サンシャインボーイズ」に入団し、同年「青池さんちの犯罪」に出演されると、ちょっと情けない役を多く演じ、同劇団に欠かせない存在となられた、小林隆(こばやし たかし)さん。「東京サンシャインボーイズ」が解散した1994年以降も、三谷さんが絶大な信頼を寄せる俳優のひとりとして、三谷作品に数多く起用されています。




プロフィール!


小林さんは、1959年8月20日生まれ、
埼玉県川越市のご出身です。

身長174センチ、
体重62キロ

胸囲88センチ、
胴回81センチ、

靴のサイズは25センチ、

血液型はO型、

出身大学は、
明治大学文学部英文学科卒業、

特技は、ヨット、

だそうです♪


三谷幸喜との出会い


小林さんが、どのような経緯で、
いつ頃、俳優になられたのかは分かりませんでしたが、

1987年頃、劇団「東京サンシャインボーイズ」の主宰者である、
三谷幸喜さんとお仕事を一緒にされたそうで、
それをきっかけに、三谷さんから電話がかかってきたそうです。

ちょうどこの頃、三谷さんは、
「東京サンシャインボーイズ」を一度解散し、
もう一度新しいメンバーでやろうと思われていた矢先だったそうで、

三谷さんは、小林さんとの出会いについて、

こばさんとは、別の仕事で一緒になったことがあって、
彼にも是非、僕の劇団に参加してほしいと思ったんだけど、
連絡先がわからなかったんですよ。

どこかに、彼の電話番号が書いてある、
関係者名簿のコピーがあるはずなんだけど、どうしても見つからない。

「もうこれは縁がなかったんだな」と思った瞬間、一陣の風が舞って、
棚の上の方に積んであった書類の中から、一枚の紙が、
僕の目の前にヒラヒラと落ちてきたんです。

見たらそのコピーだったんですよ!これ本当なんです。
で、すぐに電話しました。あの時はびっくりしました。

もしあのとき、風が吹かなかったら、こばさんは、
今頃もっとお金持ちになっていたかもしれないと思うと、
ちょっと申し訳ない。

とユーモアを交えながら、明かされています。

劇団「東京サンシャインボーイズ」で活躍


こうして、1988年に、
劇団「東京サンシャインボーイズ」に入団された小林さんは、

同年、舞台「青池さんちの犯罪」に出演されると、
以降は、三谷作品に参加。

主に、情けない役柄をコミカルに演じ、
三谷作品にはなくてはならない存在となられたのでした。


(最前列左から)佐藤B作さん、宮地雅子さん、伊藤俊人さん、
(2列目左から)近藤芳正さん、阿南健治さん、相島一之さん、西村雅彦さん、 
(3列目左から)西田薫さん、梶原善さん、小原雅人さん、
(4列目左から)甲本雅裕さん、野仲イサオさん、小林さん。



「古畑任三郎」「新選組!」など三谷作品に出演


1994年には、「東京サンシャインボーイズ」は、
「東京サンシャインボーイズの罠」公演を最後に解散するのですが、

その後も、小林さんは、三谷作品に多く起用され、
1994年には、「古畑任三郎」シリーズの向島音吉役で出演。

古畑任三郎(田村正和さん)の中学時代からの知り合いで、
古畑を「最高の刑事」と呼んで尊敬している巡査部長を、
個性豊かに演じ、注目を集められます。


「古畑任三郎」より。(左から)小林さん、西村雅彦さん、
石井正則さん、>田村正和さん。


また、2004年には、NHK大河ドラマ「新選組!」で、
新撰組メンバーたちのお父さん的存在である井上源三郎役を、
熱演されているのですが、

ドラマ同様、小林さんは、
若い出演者たちからの人望が厚く、頼りにされていたそうで、
小林さんのお人柄が反映した役柄だったようですね。


「新選組!」より。井上源三郎に扮する小林さん。


「おやじの背中」に代役で主演


そして、2014年には、
オムニバスドラマ「おやじの背中」の最終話で、
小林さんが主演に抜擢されています。

このドラマは、10人の異なる脚本家が、
父と息子(父と娘)というテーマで脚本を手がけている作品で、

最終話となる第10話の脚本は、三谷さんが担当されており、
市村正親さんが主演を務められる予定だったのですが、

市村さんは、早期胃がんが判明したことで、療養のため降板。
その代役に小林さんが抜擢されたのでした。

小林さんが、突然の大抜擢に、

三谷さんの作品は今までもテレビに限らず、
舞台、映画、たくさん出演させていただいていますが、

テレビドラマでこれだけたくさん出させてもらい、
しかも「おやじの背中」のおやじ役ということで、
かつて経験したことのないほどの、
非常なるプレッシャーと非常なる緊張感を感じております。

しかし、本当に、笑えて泣けるいい作品を書いてくださったので、
プレッシャーを力に代えて、命を懸けて取り組みたいと思っています。

と、その意気込みを語られると、

三谷さんも、

僕が考える、理想の1時間ドラマができたと思っています。
1時間の中に、笑いと涙が詰まっている。あと、ちょっとしたハラハラも。

日曜の夜に相応しい作品になったんじゃないでしょうか。
それに、なんといっても、田村正和さん、役所広司さんから始まって、
西田敏行さん、渡辺謙さん、他にも名優ぞろいで、
最後に小林隆ですからね。

最終回にきて、なんとチャレンジングな企画なんだと。
もう本当に、TBSさんには感謝しております。

と、明かされており、小林さんが、
見事、期待に応えられたれたことが分かりますね。


「おやじの背中」より。小林さんと小日向文世さん。

「真田丸」では片桐且元役


また、2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」では、
豊臣秀吉の死後、徳川家康との交渉役を務め、
豊臣家との板挟みに苦しむ片桐且元役を好演。

片桐且元は、本来、実直で、
優れた人物であったと言われているのですが、

そこは三谷さん。

且元の実直なところを、小林さんに見出し、
さらに、小林さんの持ち味である、
「情けなさ」を最大限に引き出したことで、
視聴者に愛される、且元像を作り上げているのですが、

小林さんは、またもや、
三谷さんの期待に見事応えられたのでした。


「真田丸」より。堺雅人さんと小林さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

三谷さんから大きな信頼を寄せられ、
近年、三谷作品で重要な役柄に、
数多く起用されている小林さんですが、

小林さんは、そのことについて、

今回(真田丸では)、ちょっと買いかぶりすぎじゃないかと思うぐらい、
難しいシーンを書いてくれるんです。

「小林ならできる」と思ってくれているのかなとも思うし、
その期待には応えなきゃなって思います。

と、語っておられました。

演技力もさながら、そんな小林さんの謙虚なお人柄が、
三谷さんに重宝されている理由なのかもしれませんね。

そんな小林さんからは、今後も目が離せません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ