小林桂樹の死因は?若い頃は?小林稔侍と?裸の大将で山下清!ゴジラも!

Sponsored Link

1941年に大学中退後、日活へ入社され、翌年の1942年「微笑の国」で映画デビューされた、小林桂樹(こばやし けいじゅ)さん。その後、1950年代には、「三等重役」「社長シリーズ」など、サラリーマン喜劇と言われる作品で、善良な庶民を数多く演じ人気を博しました。




プロフィール!


小林さんは、1923年11月23日生まれ、
群馬県群馬郡室田町(現在の高崎市)のご出身です。

身長170センチ、
体重60キロ、

血液型はB型、

学歴は、
日本大学専門部芸術科中退、

ちなみに、俳優の小林稔侍さんとは、
血縁関係はなく、赤の他人です。


大学中退後、日活へ入社


小林さんは、旧制群馬県立前橋中学校(現在の前橋高校)
を卒業する年に、お父さんが病死したため、
一家は千葉県市川市の叔父さんを頼って転居されるのですが、

小林さんのみ、お父さんの同僚の家に下宿し、
通学されていたそうです。

そして、中学卒業後は、日本大学専門部芸術科
(現在の日本大学芸術学部)に進学すると、

叔父さんが朝日新聞社に勤務していたことから、
校閲部でアルバイトされたそうで、

映画評論家の津村秀夫さんや、
劇作家の飯沢匡さんらと接するうちに、
映画の世界に憧れをもつようになったそうです。

ただ、その後、学費が払えなくなったことから、
1941年には、日本大学専門部芸術科を中退。

小林さんは、平凡なサラリーマンになりたくなかったことから、
映画界入りを夢見て、叔父さんに相談すると、

「自分の好きなことをやれ」

と、勧められたそうで、

アルバイト先の給仕仲間から一緒に役者にならないかと、
誘われたこともあり、日活、東宝、松竹の入社試験を受けることに。

すると、東宝、松竹は、学歴の問題で不合格となるも、
唯一、学歴を問われなかった日活へ入社。
日活演技研究所の研究生となられたのでした。

映画「微笑の国」で俳優デビュー


そして、翌年の1942年に、
映画「微笑の国」の端役でデビューすると、

同年、「将軍と参謀と兵」
   「第五列の恐怖」

と、立て続けに出演。

1943年には、日活と大都映画が合併してできた、
新会社「大日本映画製作株式会社(大映)」に移籍し、
映画「菊池千本槍 シドニー特別攻撃隊」に主演されています。


二枚目役で人気


その後は、太平洋戦争により応召され、
満州に渡られるのですが、終戦により復員されると、
1946年には、「君かと思ひて」で映画復帰。

ヒロイン、折原啓子さんの恋人役を演じ、
二枚目として売り出されると、

その後も2枚目の役が続き、
1951年、降板した千秋実さんの代役として、
「その人の名は言えない」で東宝映画に初出演すると、
その演技が高く評価されたのでした。


サラリーマン役でも人気


また、同年、東宝映画「ホープさん」では、
ぬぼーとしたサラリーマンを演じられ、たちまち注目を集めると、

翌年の1952年、映画プロデューサーの、
藤本真澄さんにスカウトされて東宝へ入社。

1952年「三等重役」
     「ラッキーさん」

1956年~1970年「社長シリーズ」


「ラッキーさん」より。小林さんと島崎雪子さん。

など、一連のサラリーマンコメディで、
平凡で健全な庶民を演じ、人気を博したのでした。


「裸の大将」で山下清


そして、1958年には、映画「裸の大将」で、
実在の画家で知的障害のあった山下清を演じられ、
「毎日映画コンクール主演男優賞」を受賞。


「裸の大将」より。

さらに、1960年には、松本清張原作の社会派サスペンス
「黒い画集・あるサラリーマンの証言」で、
保身のため、裁判での証言を拒否するサラリーマンを、
シリアスに演じて、新境地を開拓すると、

「キネマ旬報賞男優賞」
「ブルーリボン大衆賞」
「毎日映画コンクール男優主演賞」

など、各映画賞を総なめ。

1961年には、映画「名もなく貧しく美しく」で、
高峰秀子さんとろうあ者の夫婦を演じ、
大きな反響を呼んでいます。


「名もなく貧しく美しく」より。高峰秀子さんと小林さん。


低迷


ただ、1964年頃からは、日本映画界の衰退とともに、
小林さんのキャラが活きる企画が減り、テレビへと活動の場をシフト。

1966年には、その明るいキャラクターから、
情報番組「おはよう・にっぽん」で司会者に起用されるのですが、
視聴率が芳しくなく降板されています。


映画で復活


しかし、
1970年「激動の昭和史・軍閥」で東条英機、
1971年「激動の昭和史・沖縄決戦」で牛島中将、


「激動の昭和史・沖縄決戦」より。川津祐介さんと小林さん。

と、実在の人物を風格のある演技で、
堂々と演じられると、再び注目を集め、

1973年の「日本沈没」では、
日本の沈没を予言する田所博士役で、
鬼気迫る演技を見せつけ、他を圧倒。


「日本沈没」より。小林さんと二谷英明さん。

1981年には「連合艦隊」で山本五十六、
1984年には「ゴジラ」で内閣総理大臣、


「ゴジラ」より。

と、作品の要となる重鎮の役柄を、
多く演じられるようになったのでした。


死因


その後も、映画に、テレビドラマにと、
精力的に出演されていた小林さんですが、

2010年7月、「軽症肺炎」のため、
東京都内の病院に入院されると、その後は療養生活。

同年、9月16日に、東京都港区の病院で、
「心不全」のため、86歳で他界されたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

平凡なサラリーマンになりたくなくて、
映画俳優を目指され、サラリーマン役でヒットした小林さん。

これを機会に小林さんの作品で、
1950年代の日本のサラリーマンを、
観てみられてはいかがでしょう♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ