加山雄三の若い頃は?身長は?父親は?君といつまでも!

Sponsored Link

1960年に「男対男」で映画デビューされると、翌年の1961年には、「大学の若大将」で主役に抜擢。以降、「若大将」シリーズで絶大な人気を博した、加山雄三(かやま ゆうぞう)さん。1965年には、「弾厚作(だんこうさく)」のペンネームで作曲された、5枚目のシングル「君といつまでも」が300万枚を超える大ヒットを記録し、スターの地位を不動のものにされています。




プロフィール!


加山さんは、1937年4月11日生まれ、
神奈川県横浜市のご出身です。

身長168センチ、
体重70キロ、

血液型はA型、

本名は、
池端 直亮(いけはた なおあき)、

出身大学は、
慶應義塾大学法学部政治学科、

趣味は、
ゲーム、鉄道、絵画、料理、マリンスポーツ、

ちなみに、
お父さんは、俳優の上原謙さん、
お母さんは、女優の小桜葉子さんで、

母方の高祖父(祖父母の祖父)は、
岩倉具視(500円札の人)なのだそうです。


芸能界へ


加山さんは少年の頃から船が好きで、
船を作る仕事に就くのが夢だったことから、

慶應義塾高校時代、大学進学へ向けて、
船舶設計の専攻がある工学部に、
進学を希望されていたのですが、

成績不振のため断念。
法学部政治学科に進学されます。

そして、大学卒業後は、
普通に就職しようと思われたそうですが、

大学の友達に、

お前が大学でやったことは、スポーツと歌しかねえだろう。
それを生かして金儲けして、船を作ればいいじゃないか。

と言われたことから、芸能界入りを決意。

お父さんの上原謙さんからは大反対され、
その後、何度か言い合いになるも、
最終的には許してくれたそうです。

ちなみに、加山さんは、ルックスでは、
二枚目俳優だったお父さんにかなわないと感じ、

「男は顔じゃねえ、心や体力で勝負だ!」

と、思っておられたとのことでした♪

「若大将」シリーズ、「君といつまでも」が大ヒット!


こうして、加山さんは、
1960年に東宝へ入社し、
同年、「男対男」で映画デビュー。


「男対男」より。
(左から)三船敏郎さん、加山さん、池部良さん。


翌年の1961年には、いきなり、
「大学の若大将」で主演に抜擢され、
以降「若大将」はシリーズ化。

加山さんは、東宝の看板スターとして、
絶大な人気を博したのでした。


「大学の若大将」より。星由里子さんと加山さん。

また、同年、「夜の太陽」
歌手デビューも果たされると、

1965年頃からは、「弾厚作(だんこうさく)」のペンネームで、
作詞作曲も手がけられるようになり、

映画「エレキの若大将」の主題歌として発売された、
5枚目のシングル「君といつまでも」(加山さん作曲)は、
300万枚を超える大ヒットを記録。

1966年には「第8回日本レコード大賞」の、
特別賞を受賞されています。




「椿三十郎」「赤ひげ」など黒澤明監督作品に出演


また、加山さんは、

「椿三十郎」(1962年)
「赤ひげ」(1965年)

など、黒澤明監督の作品にも、
出演されているのですが、

そのことについて、加山さんは、

シリーズが続いたことで、若大将のイメージが強くなって、
僕の俳優としての幅が少なくなっていった気がしたんですよ。

だから黒澤明さんの映画に出させてもらえた時、
初めて「俺はこの世界で頑張ろう」と思えたんです。
そこで人生が大きく変わりましたよ。

と、明かされ、

やっぱり「こんなすごい人が世の中に存在するんだ」っていうね。
もう雰囲気からして違う。

例えば、脚本の読み合わせは、
ちゃんと羽織袴や刀を身につけてから始まるんですよ。
最初からチョンマゲも結って、刀も本身をつけて、
草履や足袋を履いて歩かされる。

しかも、撮影があろうがなかろうが、朝から晩まで。
こんな経験初めてでした。

と、俳優としてすごく良い経験ができたと、
おっしゃっていました。


「赤ひげ」より。三船敏郎さんと加山さん。

人気低迷と莫大な借金


そんな加山さんは、1965年には、
ホテル「パシフィックホテル茅ヶ崎」を開業し、
実質的な経営は叔父さんに任されていたのですが、

1970年にホテルが倒産してしまい、
連帯保証人だった加山さんは、お父さんとともに、
20億円以上の借金を背負うことに。

さらに、この頃には、
加山さんの人気にも陰りが見え始め、
ついに、1971年に「若大将」シリーズも終了。

それに伴い、映画出演が激減したことから、
加山さんは、活動の場をテレビドラマにシフトしつつ、

ナイトクラブやキャバレー回りをしながら、
借金を返済することとなったのでした。

「多額の借金?光進丸?ぼくの妹に!ヤマザキナビスコのCM!」続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ