荻野目洋子の現在は?旦那は?子どもは?ダンシング・ヒーローで再ブレイク!

Sponsored Link

1979年、小学4年生の時、小学生ユニット「ミルク」で歌手デビューされるも、その後はユニットが自然消滅して、一旦は芸能活動をやめられた、荻野目洋子(おぎのめ ようこ)さん。しかし、その後、1984年、15歳の時に、「未来航海-Sailing-」でソロデビューされると、当初は振るわずも、1985年11月にリリースした「ダンシング・ヒーロー」が大ヒットを記録。当時は珍しかった、ダンスのできるアイドルとして人気を博しました。




プロフィール!


荻野目さんは、1968年12月10日生まれ、
千葉県柏市のご出身です。

身長160センチ、

血液型はB型、

出身高校は、
堀越高等学校、

趣味は、
テニス観戦、イラスト、

だそうです♪


姉、荻野目慶子の影響で子役


荻野目さんは、幼い頃、
お姉さんの荻野目慶子さんが子役として、
映画「獄門島」に出演されていたことから、

それを見に撮影現場に行ったところ、
市川崑監督に、

「出てみない?」

と、誘われて同映画に子役として出演。

また、慶子さんの別の仕事現場を見学に行った際には、
これまた誘われて、銀行のポスターのモデルを務めるなど、
お姉さんのおこぼれ的なお仕事をされていたそうです。

小学生ユニット「ミルク」でデビューするも・・・


ただ、荻野目さんは、歌うことが好きだったため、
歌手を目指されていたそうで、

その後、小学校4年生の時、
視聴者参加型のオーディション番組、
「ちびっこ歌まねベストテン」に出場すると、
見事、チャンピオンに!

それで、スカウトされ、
小学生の女の子3人組のユニット「ミルク」として、
1979年「ザ・あれから いちねん」でレコードデビュー。


当時の荻野目さん

翌年の1980年8月には、
2枚目のシングル「リトル・キッス」をリリースされるのですが、

その後、「ミルク」は自然消滅。

荻野目さんは、一旦、
芸能活動を終了することになったのでした。




アニメ「みゆき」でヒロインの声に抜擢


しかし、中学生になると、
キティ・フィルム製作の実写映画「ションベン・ライダー」の、
オーディションを受けたことがきっかけとなり、

1983年、14歳(中学3年生)の時に、
同じくキティ・フィルム製作のアニメ「みゆき」の、
ヒロイン若松みゆき役の声優に抜擢。

「ミルク」が自然消滅して以来、
活動の場がなかった荻野目さんにとって、
芸能界で再び活動するチャンスが回ってきたのでした。


「ダンシング・ヒーロー」「六本木純情派」が大ヒット!


そして、1984年4月、15歳(高校1年生)の時に、
「未来航海-Sailing-」でソロデビューされ、


未来航海

1984年7月「さよならから始まる物語」
    11月「ディセンバー・メモリー」
1985年2月「無国籍ロマンス」
     5月「恋してカリビアン」
     8月「心のままに~I’m just a lady~」




と立て続けにシングルをリリースするも、
どれもパッとしなかったのですが、

1985年11月リリースした、
「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」が、
売上30万枚を超える大ヒットを記録。


ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)

荻野目さんは、当時のアイドルとは、
一線を画すダンスミュージックで、
たちまち、トップアイドルの座に駆け上ったのでした。

その後、
1986年3月「フラミンゴ in パラダイス」
1986年6月「Dance Beatは夜明けまで」
は売上が低迷したものの、



1986年10月にリリースした、
「六本木純情派」は、売上26万枚を超えるヒットを記録し、

「第20回日本有線大賞」で有線音楽賞、
「’87FNS歌謡祭」では最優秀ヒット賞受賞を受賞されています。


六本木純情派


女優として


また、荻野目さんは、
女優として、

1986年「早春物語」
1987年「赤ちゃんに乾杯!」
1989年「こまらせないで!」


「早春物語」より。北大路欣也さんと荻野目さん。

1990年 NHK朝の連続テレビ小説「凛凛と」
1993年「トーキョー国盗り物語」
1995年「名古屋お金物語」


「凛凛と」より。(左から)水野真紀さん、田中実さん、
荻野目さん、野村宏伸さん。


などに出演されるほか、

バラエティ番組やCMにも出演され、
幅広く活動されているのですが、

荻野目さんは当時を振り返りつつ、
現在のアイドルと自身を比較して、

当時、80年~90年代前半のアイドルは、
それはそれは華やかで、衣装もデコラティブ、
女の子目線でも見とれるほど、
かわいいアイドルがたくさんいましたよね。

私は音楽が好きで芸能界に入ったんですが、
当時、顔だけでは勝負できませんでした。

そこで私は“ダンス”というスタイルを選んだんですが、
それが時代にうまく迎合する形になっただけ。

それに加えて、歌番組に出ても受け答えはへたくそだし、
コンサートのMCもたいしたことがない。
正直、すごく不器用だったな、って。

いまのアイドルはしゃべりも歌もダンスもできて、器用ですよね。
テレビを見ていると、まざまざと感じさせられて、

それを見ていると「表現者はどうあるべきなのか?」
という気持ちのスイッチが入って、堅物だった思いが、
良い意味で柔らかくなってきたのかな、って。

と、語っておられました。

ちなみに、荻野目さんは、その後は、
大きなヒット曲には恵まれていないものの、
現在も歌手活動を続けられています。

旦那は?


そんな荻野目さんの、
気になるプライベートですが、

荻野目さんは、2001年、
元プロテニス選手で現在は解説者の、
辻野隆三さんと結婚されています。

実は、お二人は、同じ堀越高等学校の同級生で、
なんと、当時、交際されていたのですが、

すでに荻野目さんは、「ダンシング・ヒーロー」がヒットするなど、
アイドルとして活躍されていたことから、
事務所に別れさせられていたようで、

それが、2000年に再会されたのをきっかけに、
再び交際が始まり、できちゃった婚となった模様♪

結婚当初は多忙で結婚式ができず、
2016年5月に結婚式を挙げられています。


結婚式でのお二人♪


子どもは?


ちなみに、お二人の間には、
結婚された翌年の2002年に女の子、
2004年にも女の子が誕生。

荻野目さんは、家事と育児に専念するため、
この間、歌手活動を休止されており、
2005年から活動を再開されるのですが、

翌年の2006年には、
3人目となる女の子が誕生しています♪

さて、いかがでしたでしょうか?

2014年、久しぶりにご自身のヒット曲、
「ダンシングヒーロー」をテレビ番組で披露されると、
番組出演直後、音楽配信サイトにおいて1位を記録した荻野目さん。

月間ランキングでも1位を記録し、
同年には、デビュー30周年記念ライブも、
開催されたということで、今後の活動も楽しみですね♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ