菅井きんの死因は?認知症?若い頃は?夫は?子供は?ムコ殿!

Sponsored Link

1946年に「東京芸術劇場」に入所し、翌年の1947年「林檎園日記」で初舞台を踏まれると、その後、劇団「俳優座」に移籍し、舞台や映画に出演された、菅井きん(すがい きん)さん。1959年「俳優座」退団後は、映画やテレビドラマを中心に、庶民的なお母さんの役を多く演じられ、特に1973年「必殺仕置人」では、中村せん役で人気女優の地位を不動のものにされています。


プロフィール!

菅井さんは、1926年2月28日生まれ、
東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)のご出身です。

身長155センチ、
体重45キロ、

血液型はB型、

本名は、
佐藤キミ子(旧姓・須斎)、

出身高校は、
頌栄高等女学校、

特技は、三味線、

だそうです♪

「東京芸術劇場」⇒「俳優座」

菅井さんは、太平洋戦争末期、
徴用逃れ(徴用されずにすむよう重要産業に転業)で、
東京帝国大学(現在の東京大学)学生課の事務職員として、
勤められていたのですが、

女優に憧れ、1946年、
「東京芸術劇場」に入所。

翌年の1947年には、
「林檎園日記」で初舞台を踏まれます。

そして、同年「東京芸術劇場」が分裂すると、
劇団「俳優座」に移籍し、

「黄色い部屋」(1948年)
「花子」(1950年)
「三ちゃんと梨枝」(不明)
「血の花」(不明)

などの舞台に出演されています。


「花子」より。河内節子さん(左)と菅井さん。

映画、テレビで活躍

また、菅井さんは、1951年には、
「風にそよぐ葦」でスクリーンデビューも果たし、

以降、映画や舞台で活動されると、
1959年には、「俳優座」を退団。

そして、1960年に、
「綴方教室」でテレビドラマデビューされると、
以降、映画・テレビドラマを中心に数多く出演。

庶民的なキャラクターを多く演じ、
作品に欠かせない名脇役として活躍されたのでした。

ムコ殿

中でも、1973年「必殺仕置人」で、
主役の中村主水(藤田まことさん)を、
「ムコ殿!」と呼ぶ、義理の母親、中村せん役は、
その、婿いびりぶりが人気を博し、
同シリーズでは、全作品に姑役で出演されています。

ちなみに、菅井さんは、
嫁いびりのイメージが定着し過ぎたことで、
娘の縁談が破談になることを恐れ、
降板を申し出られたこともあったそうですが、

その後、娘さんの縁談がうまくまとまったため、
菅井さんも引き続き出演されたのだとか♪

出演作品(映画、テレビドラマ)

それでは、ここで、菅井さんの、
出演作品の一部をご紹介しましょう。

映画では、

1954年「ゴジラ」
1957年「幕末太陽傳」
1959年「人間の壁」
1960年「路傍の石」
1961年「大学の若大将」


「ゴジラ」より。

1962年「キューポラのある街」
1965年「赤ひげ」
1970年「どですかでん」
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」
1974年「砂の器」


「キューポラのある街」

1981年「炎のごとく」
1986年「植村直己物語」
1991年「仔鹿物語」
1995年「深い河」
1999年「あの、夏の日」


「あの、夏の日」より。

2002年「化粧師 KEWAISHI」
2004年「理由」
2007年「黄色い涙」
2008年「ぼくのおばあちゃん」
2010年「瞬 またたき」


「ぼくのおばあちゃん」より。深浦加奈子さんと菅井さん。

テレビドラマでは、

1968年 NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」
1971年「時間ですよ」
1972年「おやじ山脈」
1973年「太陽にほえろ!」
1977年「白い荒野」


「太陽にほえろ!」より。菅井さんと宮内淳さん。

1980年「Gメン’75」
1981年「われら動物家族」
1982年「刑事ヨロシク」
1984年「シンデレラの財布」
1985年「うちの子にかぎって・・・」


「Gメン’75」より。(左から)菅井さん、小島美奈子さん、
今福将雄さん、若林豪さん。

1991年「七人の女弁護士」
1993年「天下を獲った男 豊臣秀吉」
1994年「家なき子」
1997年「はぐれ刑事純情派」
1999年「笑ゥせぇるすまん」


「家なき子」より。安達祐実さんと菅井さん。

2002年「ナースマン」
2004年「おみやさん」
2005年「こちら本池上署」
2006年 NHK大河ドラマ「功名が辻」
2010年 NHK大河ドラマ「龍馬伝」


「功名が辻」より。菅井さんと仲間由紀恵さん。

ほか、非常に多くの作品に出演されています。

ちなみに、菅井さんは、

1984年には、「お葬式」で、
「第9回報知映画賞最優秀助演女優賞」

1985年には、「お葬式」「必殺! THE HISSATSU」で、
「第8回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞」
を受賞され、

1990年には、「紫綬褒章」
1996年には、「勲四等宝冠章」
と、褒章や勲章も受章されています。

夫は?子どもは?

そんな菅井さんの、
気になるプライベートですが、

菅井さんは、映画プロデューサーの、
佐藤正之(さとう まさゆき)さんと結婚されています。

結婚された時期や馴れ初めなど、
詳しいことは分かりませんでしたが、

ご主人も劇団「俳優座」の座員だったことから、
その頃、知り合われたのかもしれません。
(ご主人は俳優の仲代達矢さんを育成されたそうです)

子どもは?

お二人の間には、
娘さんがひとりおられるようですが、

詳しい情報が明かされていないことから、
芸能人にはなられていないようです。

また、1996年にご主人と死別されてからは、
この娘さん夫婦と一緒に暮らされていたそうなので、
母娘の仲は良いようですね。

ギネス認定も・・・認知症

ところで、菅井さんは、2008年には、
映画「ぼくのおばあちゃん」で82歳にして映画初主演を務め、
世界最高齢映画主演女優としてギネス認定されたほか、

2010年には、映画「瞬 またたき」に出演されるなど、
精力的に活動されていたのですが、


「瞬 またたき」より。北川景子さんと菅井さん。

2010年に、自宅で転倒し、
大腿骨を骨折してしまうと、女優活動を断念。

そして、2014年5月には、「認知症」で徘徊がひどくなったため、
要介護3の認定を受けて、娘夫婦に特別養護老人ホームに入れられた、
と女性週刊誌に報道されるのですが、

これには、菅井さんは、同年10月、
情報番組「ノンストップ!」に4年ぶりにテレビ出演され、

腹が立ちました。弱い者いじめだと思って。

と、自らこの報道を否定。
(骨折と特別養護老人ホームでの暮らしは事実)

車いすで外出するなど、元気にされていることを、
アピールされていたのですが・・・

死因は?

そんな菅井さんも、2018年8月10日午後2時、
「心不全」のため都内の自宅で他界(享年92歳)。

女優もたばこも命がけ

が口癖で、亡くなる2ヶ月前まで、
大好きなたばこを吸い、肉やうなぎを食べるなど、
お元気にされていたそうですが、

高齢による体の衰えのせいか、最後は、
娘さんご夫婦とお孫さんたちに見守られながら、
息を引き取られたのでした。

長い間、本当にお疲れ様でした。
ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ