岸惠子の年齢は?若い頃は鶴田浩二と!君の名はで大ブレイク!

Sponsored Link

1951年「我が家は楽し」で映画デビューすると、その後、数多くの作品で鶴田浩二さんの相手役を務め人気を博した、岸惠子(きし けいこ)さん。1953年~1954年の映画「君の名は」3部作では、ヒロインの氏家真知子役を演じて映画が大ヒット。岸さんのストールの巻き方が「真知子巻き」として大ブームになっています。




プロフィール!


岸さんは、1932年8月11日生まれ、
横浜市神奈川区のご出身です。

身長161センチ、
体重47キロ、

出身高校は、
神奈川県立横浜平沼高等学校卒業、

だそうです。


スカウトで映画界へ


岸さんは、高校生の時にジャン・コクトーの映画、
「美女と野獣」を観て、映画に興味を持たれたそうで、

1949年、高校2年生の時、
同級生だった田中敦子さん(後の小園蓉子さん)のおじさんが、
松竹大船撮影所長、高村潔さんの友人だったことから、
松竹大船撮影所を見学に行かれると、

(岸さんは、それほど強く「女優になりたい」と思っていたわけではなく、
 女優に憧れていた田中さんの付き添い感覚だったのですが・・・)

いきなり、吉村公三郎監督から、
「映画に出てみないか」と声をかけられます。

そして、その後、プロデューサーが、岸さんの自宅まで、
スカウトに来られ、岸さんは研究生となったのでした。

(岸さんのお父さんが難色を示したことで、映画出演は、
 高校卒業後ということになり、研究生として契約されたのでした。)


「我が家は楽し」で映画デビュー


とはいえ、1949年10月には、
吉村公三郎監督の映画「真昼の円舞曲」の、
ワンカットに出演され、

翌年の1950年には、教育映画だからということで、
お父さんに許しを得、「アメリカ博覧会の一日」で、
役柄のある作品にも出演。

そして、高校卒業後の1951年、
映画「我が家は楽し」で正式に女優デビューされると、


「我が家は楽し」より。(左から)笠智衆さん、山田五十鈴さん、
高峰秀子さん。右から2人目が岸さん。


岸さんは、実質まだ1作品しか、
出演されていないにもかかわわらず、

同年、映画「獣の宿」で、
松竹のホープとして売り出し中だった、
鶴田浩二さんの相手役に抜擢。

岸さんは、殺人を犯し逃亡中の健(鶴田さん)と恋に落ちる娘、
由紀役を見事熱演し、注目を集めたのでした。


「獣の宿」より。岸さんと鶴田浩二さん。


鶴田浩二と


その後も、岸さんは、

1951年「母恋草」
     「母待草」
     「鞍馬の火祭」
     「吃七一番手柄」

1952年「江戸城罷り通る」
     「冶郎吉格子」



「江戸城罷り通る」

と、次々と出演され、
期待の新人女優として高い評価を受けると、

1952年5月には、松竹の看板スターだった鶴田さんが、
松竹から独立して「新生プロ」を創立され、

第一作目の映画「弥太郎笠」(マキノ正博監督)の、
制作発表の際、相手役に岸さんを指名。

松竹はこれを拒否するのですが、岸さん自身が、
かねてから松竹に不満があり辞表を提出したため、

これに慌てた松竹が最終的に折れ、
岸さんは同作品に出演。


「弥太郎笠」より。

そして、翌年の1953年、
「新生プロ」の第2作「ハワイの夜」でも、
鶴田さんと共演され、映画は大ヒットを記録したのでした。

(ちなみに、鶴田さんとのロマンスも騒がれましたが、
 松竹に別れさせられたと言われています。)


「ハワイの夜」より。


「君の名は」で大ブレイク!


そんな岸さんの勢いは止まらず、
1953年から1954年の映画「君の名は」3部作で、
ヒロインの氏家真知子役を演じられると、
映画は記録的な大ヒットを記録。

劇中の岸さんのストールの巻き方が「真知子巻き」と呼ばれ、
多くの女性たちの間で大流行する社会現象まで巻き起こるほか、

ブロマイドは売上1位を記録し、岸さんは、
スター女優としての地位を不動のものにされたのでした。


「真知子巻き」されている岸さん。

(ちなみに、この「真知子巻き」は、ロケ地だった北海道が、
 あまりにも寒く、私物として持ってきたストールで、
 耳や頭をくるんだ岸さんのアドリブだったそうです。)


にんじんくらぶ


その後も、岸さんは、
松竹の看板女優として絶大な人気を誇るのですが、

その一方で、1954年には、久我美子さん、有馬稲子さんと3人で、
映画制作プロダクション「文芸プロダクション・にんじんくらぶ」を設立。

1955年「胸より胸に」
1957年「黒い河」
1959年「人間の條件・第一・第二部」
     「人間の條件・第三・第四部」



「黒い河」より。仲代達矢さんと有馬稲子さん。

1961年「人間の條件・完結篇」
1962年「からみ合い」
1964年「乾いた花」
1965年「怪談」


「怪談」より。雪女に扮する岸さん。

などを制作されています。


国際派女優へ


また、1955年には、
岸さんがヒロインを演じられた映画「亡命記」が、
「東南アジア映画祭」に出品されると、
岸さんは「最優秀女優主演賞」を受賞。


「亡命記」より。佐田啓二さんと岸さん。

さらには、この時、審査委員を務められていた、
イギリスのデヴィッド・リーン監督から、
新作「風を知らない」の主演でオファーを受け、
出演前から大きな話題に。

(結果的には、製作が大幅に延期したため、
 出演を断念されていますが。)

そして、この頃、
岸さんに大きな出会いが・・・

「夫は?自宅は?岡本健一と?わりなき恋がベストセラーに!」に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ