黒沢年雄の若い頃は?妻は?娘は?オウミ住宅のCM?帽子はがん闘病の決意!

Sponsored Link

1964年、「第4期東宝ニューフェイス」として東宝に入社すると、映画「日本のいちばん長い日」、テレビドラマ「ハングマン」シリーズで人気を博し、1978年には、歌手としても「時には娼婦のように」が大ヒットを記録した黒沢年雄(くろさわ としお)さん。1997年頃には、これまでの二枚目路線から一転、「オウミ住宅」のCMでコミカルなダンスを披露し、関西を中心にブレイクされています。




プロフィール!


黒沢さんは、1944年2月4日生まれ、
神奈川県横浜市西区のご出身です。

身長175センチ、
体重65キロ、

胸囲96センチ、
胴囲80センチ、
靴のサイズは25センチ、

血液型はAB型、

出身高校は、日大横浜高校、

趣味は、
読書、スポーツ(ゴルフ、野球、テニス)、車、旅行、

だそうです♪


東宝映画第4期ニューフェイスとして


黒沢さんは、有名になって金持ちになりたいという理由から、
高校卒業後は、キャバレーのバンドマン、工場作業員、
訪問販売セールスマン(寝具・生命保険・自動車)、ウェイター、
陸送の運転手などの職を転々しながら、俳優を目指され、

1964年、「東宝映画第4期ニューフェイス」に応募すると、
面接を受ける日、わざと遅刻したうえ、

「俺を取らなかったら映画界の損失になります!」

と、豪語されたそうで、

そのインパクトがよかったのか、応募者の中で、
黒沢さんたった1人が合格し、東宝に入社。

同年、「ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば」で、
映画デビューを果たすと、


「ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば」より。
(左から)美空ひばりさん、雪村いづみさん、江利チエミさん。


以降、岡本喜八さん、福田純さん、西村潔さん、松林宗恵さんなどの、
作品に数多く出演され、人気を博します。

「日本のいちばん長い日」「ハングマン」などで人気を博す


ちなみに、この頃の黒沢さんは、

1967年「日本のいちばん長い日」
1969年「死ぬにはまだ早い」
1970年「野獣都市」
     「激動の昭和史 軍閥」
     「白昼の襲撃」



「日本のいちばん長い日」より。高橋悦史さんと黒沢さん。

などの、戦争もの、ハードボイルド、サスペンスの映画に、
真面目一途な青年の役で数多く出演し、

テレビドラマでも、1980年~1987年、
「ハングマン」シリーズの日下部孝介役など、
シリアスな役柄で人気を獲得されていたのですが・・・


「ハングマン」より。(左から)黒沢さん、
夏樹陽子さん、植木等さん。



「オウミ住宅」のCMでブレイク!


1997年頃に出演された、滋賀県にある、
住宅関連企業「オウミ住宅」のCMでは、一転、

作業着を着た黒沢さんが、パンチみつおさんとともに、
音楽に合わせてコミカルなダンスを踊られ、大きな話題に。



楽しそうに踊っている黒沢さんですが、
黒沢さんは、このコミカルなCM出演を、
引き受けられたことについて、

自分には真面目な役が多いがあれは本来の自分でない、
一度こういうはじけた役をしてみたかったんだ。

と、明かされており、
本当に楽しかったようですね♪

関西で引っ張りだこに


ちなみに、黒沢さん出演の経済効果は絶大で、
40億円だった「オウミ住宅」の年間売上は、
翌年には60億円へと大幅に伸び、
2005年には100億円を突破したそうで、
黒沢さんは関西で引っ張りだこに。

こうして、黒沢さんは、このCMをきっかけに、
トーク番組やバラエティ番組に数多く出演するようになり、
本来の明るくオチャメなキャラをふんだんに披露されたのでした。

このCM、ここ10年ほどは放送されていなかったのですが、
2017年には再び放映されるようになったそうで、

黒沢さんは、ご自身のブログで、

僕が作業服を着て、音楽に乗って踊る、コケティシュなCMで、
10年位前まで、関西地方で朝から晩まで頻繁にテレビで放映され、

関西地方で大評判になり、
僕自身も準レギュラー週3本を持つ程でした。

この数年は放映されませんでしたが、
その間も僕は何のお役にも立てず心苦しかったにも関わらず、
契約を継続して頂き、本当に有り難かったです
…それが最近CMが再開されました。

ブレークしてから10年位、間が空きましたが、
若い人には、新鮮に映るかも知れません。

僕自身にも、関西地方の方々から、
再確認の連絡が入り始めて、評判いいそうです。
一生懸命生きてれば、人は必ず評価してくれます。

オウミ住宅のオーナーには感謝の気持ちで一杯です。
有り難い僕の人生です。

と、綴っておられました。

がん


ところで、黒沢さんを「がん」で、
多くの方が検索されています。

というのも、黒沢さんは、
1989年(45歳)頃から血便が出るようになり、

1992年(48歳)のお正月のハワイ旅行中に用を足した際には、
血液が大量に出たそうで、帰国後、検査を受けると、

S状結腸にポリープができ、
その上層部ががん化していることが判明。

内視鏡でポリープを切除したものの、
ポリープが予想以上に大きかったことから、
転移の可能性を考えて開腹手術をし、
ポリープ周辺の腸管とリンパ節を切除。

その後も、
2008年には「膀胱がん」
2013年には「食道がん」「胃がん」
が判明し、度々手術を繰り返されているのです。

ただ、当の黒沢さんは、

がんで立ち直るたびに元気になり、生きる自信を持てるようになった。
それは〝つらい〟〝苦しい〟を楽しんで生きてきた、
ご褒美だと思っている。

と、前向きに語っておられました。

(黒沢さんのトレードマークのニット帽は、がんとの闘いを決意して、
 頭を丸めたことから、かぶり始めたそうです。)

妻は?娘は?


そんな黒沢さんの、
気になるプライベートですが、

黒沢さんは、1976年に、
モデルの街田リーヌ(本名は黒沢街子)さんと、
結婚されています。


新婚時代の黒沢さん夫妻♪

馴初めなど詳しいことは分かりませんでしたが、
黒沢さんの猛アタックの末、交際、結婚に至ったそうで、

翌年の1977年には、
娘のレイラ(本名は裕美)さんが誕生しています。

ちなみに、レイラさんは、
「三井万裕美」名義で女優デビューされると、
アメリカに留学(演技の勉強)。

現地でアメリカ人と結婚され、
現在はロサンゼルスで女優を続けておられるそうです。


黒沢レイラさん

さて、いかがでしたでしょうか?

実は、16歳の時、まだ40歳だったお母さんを、
ガンで亡くされている黒沢さん。

ご自身も48歳から、度重なるガンと闘っておられますが、
信じられないくらい、いつも明るい笑顔が印象的ですね。

きっと、黒沢さんの存在が病で苦しむ人を、
大きく励ましていることでしょう。

体調には気をつけて、これからも、
トーク番組やバラエティ番組で、
元気なお姿を見せてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ