岸部四郎の身長は?若い頃は兄弟でタイガース!西遊記で沙悟浄も!

Sponsored Link

「ザ・タイガース」のバンドボーイを経て、1969年、「ザ・タイガース」に加入すると、ステージ上での軽快なトークで人気を博した、岸部四郎(きしべ しろう)さん。「ザ・タイガース」解散後も、そのトークの才能を活かして、司会者・タレント・俳優として活躍されました。




プロフィール!


岸部さんは、1949年6月7日生まれ、
京都府京都市のご出身です。

身長187センチ、

学歴は、
京都市立近衛中学校卒業、

趣味は、
読書、音楽観賞、卓球、サイクリング、

お兄さんに、
俳優の岸部一徳さんがいらっしゃいます。


中卒⇒就職&退職⇒バンドボーイ⇒留学


岸部さんは、中学校を卒業後、
京都の印刷会社に就職されるのですが、
長続きはせず、早々に退職されると、

「ザ・タイガース」のメンバーだった、
お兄さんの岸部一徳(当時は岸部修三)さんを頼って、

1967年、「ザ・タイガース」のバンドボーイ(雑用係)となり、
約1年ほど行動を共にされます。

そして、翌年の1968年には、音楽評論家を目指し、
メンバーと渡辺プロダクションの援助を受けて、
単身でアメリカロサンゼルスへ留学。

(ロサンゼルスは当時、最先端の若者音楽発祥の地だったようです)

同年7月からは、音楽雑誌「ミュージック・ライフ」の、
音楽特派員としても活動されたのですが・・・


「ザ・タイガース」に加入


1969年3月、「ザ・タイガース」のギター、
加橋かつみさんが脱退されたことで、

お兄さんの一徳さんから電話で呼び戻され、
加橋さんの代わりに「ザ・タイガース」に加入することに。


(後列左から)岸部一徳さん、森本太郎さん、岸部四郎さん、
(前列左から)沢田研二さん、瞳みのるさん。


実は、事務所の渡辺プロダクションは、

「楽器が弾けなくてもルックスのいい人」
もしくは、
「ルックスは不問で音楽のちゃんとできる人」

など、候補を何人か選んで、
加橋さんの後釜を決めようと考えていたそうですが、

「ザ・タイガース」のメンバーたちにとっては、
他人を受け入れることがあり得なかったようで、

一徳さんの弟であり、「ザ・タイガース」の、
バンドボーイも務めたことのある、
四郎さんに白羽の矢が立ったのでした。


トークで才能を発揮


すると、当初、四郎さんは、
全くギターが弾けず、弾く真似をしていただけで、
タンバリンやコーラスをされていたのですが、

そのコーラスは、加橋さんに匹敵するほどの、
高音を出すことができたことと、

アメリカ留学のせいか、
音楽的にもヴィジュアル的にもセンスが良く、

フォークソングやハードロックを取り入れるなどし、
「白馬に乗った王子様」的なアイドルチックな、
「ザ・タイガース」のイメージを、
よりアーティス志向の強いものに変貌させます。

また、四郎さんはトークの才能も発揮し、
ステージ上での軽快なトークが人気を博すと、
その気さくなキャラクターが受け入れられ、
単独でもテレビ出演されるようになります。

そして、1970年には、お兄さんの一徳さんと、
ユニット「サリー&シロー」名義で、
アルバム「トラ70619」を発表されるなど、
次第に、個々の活動がメインとなっていったのでした。


トラ70619


西遊記の沙悟浄で大ブレイク


その後、1971年に「ザ・タイガース」が解散すると、
岸部さんは、フォークソングユニット「ブレッド&バター」に参加し、

翌年の1972年には、
アルバム「ムーンライト」をリリース。


ムーンライト

また、同じ渡辺プロダクション所属の、
天地真理さんや女性デュオ「ピーナッツ」などのステージで、
司会を務められたり、テレビドラマにも出演され、

特に、1978年のテレビドラマ「西遊記」では、
沙悟浄(さごじょう)役を演じ、ドラマの大ヒットとともに、
一躍、お茶の間の人気者となられています。


(左から)西田敏行さん(猪八戒役)、堺正章さん(孫悟空役)、
岸部さん(沙悟浄役)、夏目雅子さん(三蔵法師役)。


ちなみに、その後、「西遊記」は、
何度もリメイクされているのですが、

沙悟浄役では、岸部さんを超える俳優はいないと、
ファンの間でも絶賛されており、

2009年、バラエティ番組「リンカーン」に、
岸部さんが沙悟浄の格好で出演した際には、
往年のファンを歓喜させています。



ただ、当の岸部さんは、ご自身のブログで、

久しぶりにしたんだけど、顔が老けてるし、
自分的に違和感がありました。
もう肌に張りがなくて、トローンとしてるし。

と、綴られており、
納得行く沙悟浄ではなかったようですね。

「ルックルックこんにちは」の人気司会者となられるも・・・


岸部さんは、「西遊記」以外にも、

1981年「思えば遠くへ来たもんだ」
1982年「はじめまして・再婚」
1983年「ちびっ子かあちゃん」

など、数多くのテレビドラマに出演され、

1984年には、ワイドショー、
「ルックルックこんにちは」の司会者に抜擢。

以来、同番組は13年半もの間続けられていたのですが、
1998年、突然、自ら番組を降板。

一体、岸部さんに何があったのでしょうか・・・

「現在は?妻は?病気?自己破産もガキの使いで落とし穴?」に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ